アクセスランキング

連続発光テストで驚きの結果が!爆速チャージスピードのNikonスピードライトSB-5000

Nikonの最新型スピードライトSB-5000の最大の特徴と言って良いクーリングシステムについて個人的なテストが終わりましたのでレポートしてみようと思います。

先日、「Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット」というエントリーもUPしましたので、まだお読みでない方はあわせてどうぞ。

NikonスピードライトSB-900の発売以来ニコンユーザーにとってはストロボの過熱防止機能に悩まされてきました。SB-900は外部電源を使用し連続発光を伴う撮影を行うとストロボ内部温度が一気に上昇しリミッターが作動。リミッターが作動することにより冷却されるまで発光が出来ないという事態に陥りました。

これは旧機種のSB-800では起きなかった事例だけにユーザーから戸惑いの声があがり、その声を受けて改良版のSB-910をすぐに発売。SB-910はSB-900のような事態に陥ることは減りましたが、連続発光させると段々とチャージスピードが遅くなるという新たな課題が発生しました。

レビューの結論を最初に書いてしまいますが、今回新発売されたSB-5000はクーリングシステムを搭載することにより、この問題も解決された素晴らしいスピードライトに仕上がっています。

実際にどの程度のチャージタイムが短縮されているのかをSB-910と比較しグラフ化致しました。
グラフを見て頂ければ一目瞭然の結果が。非常に素晴らしい結果になっています。


グラフの説明の前にテスト環境について書いておきます。

  • SB-5000、SB-910ともに新品アルカリ乾電池を使用
  • スピードライトはフル発光(1/1光量)で連続発光をさせました
  • 連続発光させるにあたりNISSINのストロボ用外部バッテリーである「パワーパック PS 8」を使用

ストロボ本体をフル発光させチャージランプが点灯した時点で再度フル発光。この作業を続けチャージランプが点灯するまでのチャージタイムを計測しています。

※SB-5000もSB-910もNikonの純正品以外の外部電源を使用しての故障に関しては保証外となります。今回のテストはスピードライトに非常に過度な負荷をかける作業です。同様のテストをされた場合、スピードライトが壊れたりヘッド部分のパネルが損傷することがあっても責任は取れませんので自己責任でお願い致します。


※グラフはクリックすると拡大表示できます。
SB-5000 VS SB-910 比較1

グラフの縦軸がチャージタイム(秒数)
グラフの横軸が発行回数。発行回数下部の数字はチャージタイムです。
青線・・・SB-5000
赤線・・・SB-910

チャージタイムに関しては簡易計測ですので目安程度と考えて頂ければと思います。
基本的にはSB-5000とSB-910の充電完了までのタイム差に関して参考に頂ければ幸いです。

ストロボ内部が過熱する前の時点で既にチャージタイムはSB-5000の方がSB-910よりも速いです。
連続発光を続け17回目からSB-910のチャージスピードに変化が出てきます。充電完了まで約0.1秒の低下。

25回目の発光でSB-910は更に0.5秒の低下が見られました。27回目には更に0.7秒低下。最初のチャージスピードと比べると1秒以上低下しています。
SB-910のチャージタイムが低下する理由は内部の温度上昇を抑えるためだと思います。外部電源を使用しているので電池がヘタってチャージスピードが低下するのとは根本的に理由が違います。


SB-5000は31回の連続発光までは一切低下は見られず最初のチャージスピードを維持。
非常に素晴らしい改良がされているようです。やはりクーリングシステムがかなりの効果をもたらしていると想像できます。中にファンが入っているのか詳しいことは分かりませんが凄い結果です。


SB-910は49回目の発光では更にスピードが低下してるものの、SB-5000は最初のチャージスピードからほとんど変わらないタイムを維持しています。

過熱防止機能はSB-910とSB-5000の両方共に電源がシャットダウンするリミッターは作動していませんが、どちらが過熱対策が優秀なスピードライトかと言えば断然SB-5000だということが分かります。


ただSB-5000も全てが万能な訳ではありません。
60回以降の発光に関して面白い結果が出ました。以下に続きます。




Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット      

ニコンから最新型のフラッグシップ機のD5が発売されたと同時期にスピードライトも新機種が発売になりました。

SB-5000です。D5のレビューは比較的見かけるのですがSB-5000に関してはあまり無いようですので簡単にですが使ってみた感想を書いてみようと思います。

大きさの比較として以下の機種を並べています。

・SB-5000・・・クーリングシステム機能が付いた最新型
・SB-910・・・SB-900の改良版 SB-5000が出るまではフラッグシップ機用ストロボの最新型だった
・SB-800・・・安定感があり過酷な状況にも耐える素晴らしい名ストロボ。すでに生産中止
・SB-700・・・中級機にピッタリのスマートなストロボ
・SB-500・・・エントリー機にベストチョイスな小型ストロボ。LEDの定常光も装備している

スピードライト比較

上の写真はSB-5000とその他の機種を並べて撮影したものです。

こうしてみるとSB-910だけが若干大きいのが分かりますね。SB-910が発売される前にSB-900という機種もありましたが外観は全く同じですので今回はSB-910で比べています。

SB-5000の大きさはSB-800にもっとも近いと思います。全く同じというわけではありませんが・・・。

SB-900や910は初めて使った時にはデカい!という違和感が強かったのですが、SB-5000に関してはSB-910のような違和感は感じませんでしたから明らかに小型化されています。ただヘッド部に関してはご覧頂けば分かりますがSB-800よりも若干大きくなっています。

反対側のサイドから電池ボックスを見ると小型化ために電池が縦4つではなくSB-700のように2×2で入るようになっているのが分かります。

縦一列の方が使いやすいという方もいるかと思いますが、小型化の恩恵の為には慣れるしかありません。

電池ボックス

画面

背面の液晶パネルはSB-900/910の流れを踏襲しています。

背面パネルの画像に関しては見やすさを重視し配置しましたので実際の大きさの比較とは違いますのでご了承ください。

SB-5000の電源部分ですが、1コマ進めると今まではONだったものが1コマ目はリモートモードに変わっています。通常のONにするには2コマ進める必要があります。これは個人的には使いにくいなぁ~と。

リモートで使うことよりも通常モードで使用する時の方が多いのですから今迄通りの配置の方が良かったです。

また、ストロボのモード切替に関して独立したボタンはありません。丸いダイヤルボタン(ロータリーマルチセレクター)の右を押すことでモードが切り替わります。

これは慣れだと思うのですが最初のうちは結構間違って違うボタンを押してしまいます。

SB-5000の新機能としては
・電波方式での電波制御ワイヤレス増灯撮影
・新開発のクーリングシステムが搭載
この2つがあげられると思います。

電波方式での電波制御ワイヤレス増灯撮影はSB-5000本体に無線機能が付いているわけではなく、ワイヤレスリモートコントローラWR-R10が必要になります。スピードライト内部に組み込んで欲しかったなぁ。これは・・・。電波になると国際的な法律のハードルが高いのでしょうか???

電波制御で別のアクセサリが必要ならば、既に発売され日本の技適の認証も受けているCactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6などを使う手もあります。こちらのカクタスであればWR-R10の3電波到達距離30mよりも遥か遠くまで届きます。私の試した実験では300m届きました。

カクタスのようなサードパーティ製であればSB-5000以外のストロボでも使えますから、使い勝手を考えなければカクタスのようなサードパーティ製の無線機器を使うという手もありかもしれません。

電波方式を使ったカクタス以外のサードパーティ製にはどんなものがあるかは以前のエントリーをご確認下さい。

話はSB-5000に戻りますが電波での増灯撮影外に大きな変化があります。

それはクーリングシステムというヘッド部の過熱防止の為にSB-5000から新たに付いた機能です。
このクーリングシステムにより連続発光できる回数も大幅に向上したとのこと。

SB-900という悪名高い?スピードライトはこの過熱防止対策が中途半端だったためにクレームが多く、改良を加えたSB-910を改良版として発売した経緯がありますからニコンとしては過熱防止に対する研究がしっかり行われて今回の搭載になったのだと思います。

SB-900は過熱防止の為のリミッター機能が付いていて、ある一定の温度に達するとストロボの電源がOFFになる仕様なんです。

ただそのリミッターが邪魔をして仕事の実用面では困ることが多いので、使い始めた当初から加熱防止機能はOFFにしていました。



ドローンを使用した撮影行為で4件の書類送検 起訴を強く求める「厳重処分」も

ドローンの運用基準が盛り込まれた改正航空法が昨年の12月に施行されてから、既に4件の書類送検が行われていました。
これは報道されているものですので実際にはもう少しあるのかもしれませんが・・・。
既にご存知とは思いますが空港周辺や人口集中地区では承認が必要です。




既に報道されたドローンの書類送検事例
2015年12月10日 香川県高松市内で高校の卒業アルバム用に学校の全景を撮影するためにドローンを使用
2016年1月2日  京都市中京区の住宅街で夜景を撮影するためにドローンを飛行。目撃した通行人が110番
2016年2月2日 東京・品川区南大井2丁目の住宅密集地で建設中のマンションの広告写真撮影の為に飛行
2016年3月30日 京都御苑敷地内で桜を撮影するためにドローンを飛行。皇宮警護官に見つかる

いずれの場合も撮影が目的となっています。
フォトグラファーにとってはドローンの運用を守ることが非常に大事だと再認識させられます。

2月に南大井でドローンを飛ばしたカメラマンは一度は国に申請し許可をもらい撮影したものの再度別の日に撮影する必要性があり許可が降りる前に飛ばしてしまい書類送検されてしまったようです。
「許可の延長申請を出していたので問題ないと思っていた」との発言が記事になっていました。いささか厳しすぎるような気もしますが施行されたばかりですからかなり厳しく取り締まられている感じがしますね。

ただ1月2日に夜景撮影するためにドローンを撮影した男性(35才)は違法と分かっていたにも関わらず法施行後に6回も撮影していたようで、検察に対し警察が起訴を強く求める「厳重処分」の意見をつけたようです。

違法と知りながら何度も撮影した場合には送検後に起訴される可能性も高そうです。
しっかりと法を順守しドローンでの撮影を行うことが当然ながら必要ですね。

空港周辺や人口集中地区では無い場所でも以下の様な行為は承認が必要になります。




ここでドローン運用に関して書く必要性は無いと思いますが、法理解の為に必要な情報に関してLINKをご紹介しておきます。




ドローン | 2016.05.13 [EDIT]

デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジカメを擬人化した面白CM

Sonyのコンデジ「RX100 Ⅳ」のCMなんですが、一眼レフカメラとコンデジの「RX100 Ⅳ」を擬人化して使い勝手を比べる面白動画です。
バンコクにあるサーモンハウスという動画コンテンツ制作会社が作ったものです。

カメラを使い慣れていない初心者が一眼レフを使うのは大変だけど「RX100 Ⅳ」なら簡単に撮影できるよ~という内容をパロディ化しています。
カメラを使用した場合よりも非常にインパクトはあります。よく考えますね~。

でも確かに一理ありますね。一番レフもオートで撮影出来るようになったりエントリーモデルの場合はカメラ内レタッチが出来たりしますが、少しお高い一眼レフカメラだと初心者には持て余してしまう場合もありますね。

その昔にN社の方から聞いた話ですが、高いカメラを買ったのに安いカメラよりも色が悪い!とクレームを付けられたことがあるとか・・・。最初から彩度を上げて見た目重視で現像するエントリーモデルやコンデジと比べるとプロ向けの機種は撮って出しが綺麗に見えないこともありますからね。高い=使いやすい。では無いということですね。

そんな話を思い出した面白CMです。興味があれば是非どうぞ。



カメラ関係 | 2016.05.02 [EDIT]

無料/有料のスマートフォン用OCRアプリを徹底比較 どのアプリが最も正確に認識するのか!? 

OCRと言えば以前はPCソフトで購入するのが一般的でしたが現在ではネット上にアップした段階でOCR化されるサービスやOCR機能が充実したスマートフォン用アプリが多く出回ってきました。

名刺専用のOCRアプリが出てきた時には、その完成度の高さに驚きましたが一般的なテキストのOCRでも完成度の高いスマートフォンアプリが有料/無料ともに存在します。

今回は有名なOCRアプリを中心に有料アプリ無料アプリの複数のスマートフォンアプリを比べてみました。
無料でありながら非常に優秀なアプリもあれば有料でも文字認識レベルが非常に低いものまでありました。

☆マークで独自のレベル評価、そして使い勝手について一口メモを添えて紹介してみます。
OCRアプリは自分の使い方に合わせて1~2個入れておいて損は無いと思いますので気になるアプリがあれば是非使ってみてください。

今回テストしたアプリは以下の6つ。 

  • Office Lens 無料
  • もじかめ 無料
  • e.Typist 960円
  • Clip OCR 無料
  • DocScanner 600円
  • CamScanner 無料版/有料版120円


正確さやスピード、使いやすさなど、それぞれのアプリごとに5項目を勝手に5段階評価してみました。

  • 正確性☆☆☆☆☆
  • スピード☆☆☆☆☆
  • 使いやすさ☆☆☆☆☆

                縦書き文字 (隆慶一郎著 一夢庵風流記)
            

                横書き文字 (カラーマネジメント-理論と実践-)
            




   Office Lens 【無料】   iOS版 アンドロイド版

  • 正確性★★★★
  • スピード★★☆☆☆
  • 使いやすさ★★★


         

         
・Microsoftが提供しているこのアプリMicrosoftアカウントが無いと使用できないアプリです。登録さえすれば誰でも使えますからアカウントをお持ちでない方には最初だけ若干の為が必要になります。

しかしOCR精度もかなり高く縦横もきちんと認識します。もちろん英語も認識します。無料アプリの中では最も優れたアプリだと思います。ただ写真を撮影した後にOCRするのに手間と時間が多少必要なのが残念です。

写真を撮影した後にOfficeWordアプリへ転送を行い、その後にOfficeWordからダウンロードするという手順が必要になります。この作業が多少面倒くさいです。
無料アプリでありながら認識できる精度と範囲は最高レベルなだけに惜しい。

OCRのスキャン精度はトップレベル。有料アプリで最も高い精度を誇る「e.Typist」にも劣らない認識力なだけにその点だけが・・・。

OfficeWordに転送することによってのメリットもありますが、ただ単にOCRをしたいという場合にはもどかしく感じてしまうんです。「e.Typist」よりも優れている点は無料という点と名刺専用のスキャン方法が挙げられます。

Office Lensで撮影した後にOne Noteに転送することでOCR化されvcfの連絡先データ生成されアドレス帳に追加することが可能です。これは結構便利ですが認識力に多少の難があり名刺によっては正確に認識されないこともありますが、手打ちするよりは早いかと思います。この機能は結構重宝します。




  もじかめ 【無料】  iOS版 アンドロイド版

  • 正確性★★★★
  • スピード★★★★★
  • 使いやすさ★★★★


        
 

・1行~4行程度ををOCRスキャンしたい場合には最も素早くスキャン出来ます。
反対に数行にわたる長文の文章は認識できません。最高で4行程度です。スピード重視のOCRアプリです。
OCR精度も他のアプリと比べてもかなり高いレベルに位置していますのでスピードと言う点においては抜きん出ています。
ただ現在のバージョンでは日本語のみの対応になっていますのでメールアドレスなどをOCRスキャンするのには使えません。今後のバージョンアップで英語には対応するとのことですのでそれまで待つしかありません。

英語でも使用出れば非常に使い勝手の良いアプリになると思います。
特に文字をスキャンするアニメーション表示が素晴らしくスキャンが面白く感じます。使っていて楽しいアプリでもあります。




iPhone/iPod touch | 2016.04.27 [EDIT]

モデルの写真をレタッチしたら絶対に明記しなくちゃいけない法律! 違反したら500万円!? フランスの健康に関する法律  

以前にもお伝えした話なのですが、以前は噂的な話で終わっていたので今回は詳報を。

結論を先に言ってしまうと、モデルに施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記しなくてはならない。違反したら罰金取るよ!というもの。

Photoshopなどのレタッチソフトが普及し一般化する中で、多くの写真はレタッチされたものです。しかしそれによって若者の健康被害等に繋がる可能性があるとして、この法律が作られたようです。

日本でもうわさ話程度で一部で話題になっていたのですが実際にそんなものが本当に法案になっているのか調べる必要があると思ったので詳細について調べてみました。

フランスの国民議会では若者の健康に関する話題が活発なようで今回の法律もその一環。

フランス語は出来ないのですが、国民議会の法律検索から今回話題になっているレタッチ明記の法律を見つけました。これがその文章です。
フランス語の翻訳は専門の方にお願いしました。



Code de la santé publique - Article L2133-2

上のキャプチャー画像はフランスの議会ページの法文の一部です。

以前、この法律案が提出された際にAFPでも記事を配信していたのですが、内容に関してはその時の記事概要が残っていたので抜粋してご紹介します。

法律を提出したのは国会議員50人。いわゆる議員立法というやつですね。

広告やファッション写真などに使われているデジタル加工した人物写真には " Photographie retouchée "と明記することを義務付ける法案です。つまりこの写真はレタッチしてありますと明記するということ。

これに違反した場合は3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が課されます。


法律の翻訳は以下になります。

Article L2133-2
Créé par LOI n°2016-41 du 26 janvier 2016 - art. 19
Les photographies à usage commercial de mannequins, définis à l'article L. 7123-2 du code du travail, dont l'apparence corporelle a été modifiée par un logiciel de traitement d'image afin d'affiner ou d'épaissir la silhouette du mannequin doivent être accompagnées de la mention : " Photographie retouchée ".
モデル(労働法7123-2条の定義に従う)を商業利用する写真家は、実際より痩せて見えるように画像修正ソフトでモデルの外見をレタッチした場合、「レタッチ写真」と明記しなければならない。

Les modalités d'application et de contrôle permettant la mise en œuvre du premier alinéa du présent article sont déterminées par décret en Conseil d'Etat, pris après consultation de l'autorité de régulation professionnelle de la publicité et de l'Institut national de prévention et d'éducation pour la santé.
前項の施行に関する細則は、関連機関(広告規制機関、保健衛生教育機関)の助言に基づき国務院が発する政令において定める。

Le présent article entre en vigueur à la date de publication du décret mentionné au deuxième alinéa, et au plus tard le 1er janvier 2017.
本規定は、2017年1月1日、あるいは前条に定める政令(施行細則)が2017年1月1日より早く定められた場合はその制定日に発効する。

Le non-respect du présent article est puni de 37 500 € d'amende, le montant de cette amende pouvant être porté à 30 % des dépenses consacrées à la publicité.
本規定に違反した場合、広告費用の30%を上限とし、最高37,500ユーロの罰金が科される。




基本的には2017年1月1日に細則が施行されるということですので現時点では " Photographie retouchée "と明記されたグラビア雑誌などは無いのでは?と思います。

そもそも、この法律が提出された理由はレタッチした写真は、実際にはあり得ないスタイルだったりする場合が多いのにそれが現実のものであるかのように錯覚させてしまうことが良くないというもの。「法案の目的は、ゆがめられた真実を正し、国民の健康を向上させるとともに消費者を保護することにある」というだそうです。

拒食症などがフランスで問題視されていることなどが背景にあるのだと思います。
最近の調査ではフランスで最高4万人が拒食症を患っていると推定されていて、うち10人に9人は女性や少女だといいます。(うち90%は12~20歳)

レタッチといえば最近では日本でも芸能人である藤原紀香さんのレタッチ失敗写真が話題になりました。


THETA Sのシャッター音を無音にしたりシャッタースピード/ホワイトパランスなどを変更できる凄いアプリが登場!

※本体のフォームアップと公式アプリを最新版にすることで、以下で紹介している全ての機能が公式アプリで可能になりました。現在はここで紹介したアプリは必要ありません。
売れに売れていると評判の全天球カメラ「RICOH THETA S」ですが、シャッター音を小さくしたりすることが出来ないのが残念なところでした。
今では公式アプリでシャッター音設定に「大・中・小」と三段階の切り替えがついて若干良くなりましたが、やはり目立つ場所やシーンとしている場所でキュピ!と可愛らしい音がなるのは何とかならんのか・・・と。

仕事の関係でTHETA Sで記者会見場を撮影する機会があったのですが、真剣な場でキュピ!という高い音が響き冷や汗ものでした^^;
初代と2代のTHETAは無音に出来るアプリがあったのですが、THETA Sでは長らく無音アプリがありませんでした。
しかし、やっと無音に出来るアプリの登場です(^^)
アプリ名は「Theta S Remote for Ricoh Theta Cameras」
開発したのはHarald Meyerで初代、2代のTHETAを無音にすることが出来るアプリを作った製造元です。今回もついに作ってくれましたね。ありがとうございます。
このアプリで一度設定してしまえば、あとはスマートフォンと連動しなくても本体のシャッターボタンを押した時も無音にすることが可能です。
設定画面はこんな感じになっています↓


パノラマ | 2016.03.31 [EDIT]


最新記事一覧

05/18   連続発光テストで驚きの結果が!爆速チャージスピードのNikonスピードライトSB-5000
05/16   Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット      
05/13   ドローンを使用した撮影行為で4件の書類送検 起訴を強く求める「厳重処分」も
05/02   デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジカメを擬人化した面白CM
04/27   無料/有料のスマートフォン用OCRアプリを徹底比較 どのアプリが最も正確に認識するのか!? 
04/11   モデルの写真をレタッチしたら絶対に明記しなくちゃいけない法律! 違反したら500万円!? フランスの健康に関する法律  
03/31   THETA Sのシャッター音を無音にしたりシャッタースピード/ホワイトパランスなどを変更できる凄いアプリが登場!
03/22   全世界で撮影された最新の報道写真を網羅して見られるフォトニュースサイト「i―グラビア」
02/04   クロスワードパズルの答えと当選者発表
01/28   【プレゼント企画】フォトグラファーに挑戦状 これが解けたらプロカメラマンレベルだ!
01/22   利用規約を読んでからアマゾンのプライムフォトを使うことを強くオススメします。
01/15   6の付く年は必ず寒くなる法則があった!? これから一気に寒くなって寒冬になる可能性
| ホームへ | 次ページ