アクセスランキング

もうステディカムは要らない???と思うほどの手ぶれ補正アプリが続々登場

iPhoneで動画を撮影するときに気になるのが手ブレ。最近のハンディビデオカメラは光学的な超強力な手ぶれ補正が付いている機種が多いのでiPhoneで撮影するとその差が気になって余計に手ブレが目立つような気もします。

iPhoneで手ぶれ補正をするためには、ステディカムを使ったりする方法がありますが、多少の出費になりますしiPhoneの大きさとはかけ離れた大きさになりますからステディカム使うのであれば、iPhoneで撮影する必要あるのか?という疑問も。小型のステディカムとしては私も出資しているElephant Steadyなんかもありますが、まだ発売になっていませんし・・・。


ということで、現時点ではiPhone動画の手ブレはソフト処理による解決が手頃でいいのでは?という結果になるかと思うんですが、最近すばらしい機能のアプリが2つほど登場しました。


1つは既に話題沸騰中のInstagramが発表した"Hyperlapse"というアプリ。

Hyperlapse from Instagram 1.0.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: Instagram, Inc. - Instagram, Inc.(サイズ: 10.9 MB)


基本的にはタイムラプスアプリなんですが、通常のタイムラプスアプリと違う点は手ぶれ補正が付いているので、つい先日もマイクロソフトが発表して話題になったハイパーラプス風のブレ補正のかかったタイムラプス動画が撮影できます。

タイムラプスアプリというとスマートフォンを三脚などに固定して撮影するのが基本とされていますが、今回発表されたHyperlapseというアプリは手ぶれ補正が付いているので"手持ちで使える"ことをアピールしています。その点が斬新ですよね。

そして素晴らしい点がもう一つ。録画する時に面倒な設定が一切必要なく、何倍速で再生するかは再生時に選べるようになっています。ですのでライムラプスアプリを使ったことが無い方も迷うこと無く使えます。
倍速設定の中に1倍速(通常再生)も出来る設定があるので、タイムラプスは必要ないけどアプリの手ぶれ補正を使いたいといった場合でも活用できます。
無料ですので試してみることをオススメ。



2つめの手ぶれ補正アプリは"Steady Camera"




iPhone/iPod touch | 2014.09.01 [EDIT]

車載カーナビが壊れたのでiPhoneアプリで色々なナビアプリを試した結果

      


10年以上使っていた車載ナビが壊れてしまったので、代わりのナビを探していたのですが、値段を考えるとポータブルナビかなぁ~と。

ゴリラとかユピテルとかのポータブルナビなら2~5万円程度で買えますからね。
ただ色々とカタログを見ていると一長一短な部分が目について購入には至らず。

VICS情報で渋滞表示できるもののポータブルナビのVICS情報ってFM情報なので渋滞表示は出来ても回避できるのは工事情報などの通行止めなどだけで、渋滞そのものの回避に関しては対応していないんですよね。
これって今更ながら知りませんでした。渋滞回避が可能なのは光ビーコンなんですね。


それなら渋滞回避のルート検索機能がついたスマフォのアプリの方が優秀じゃない?ということになってしまう。
特にグーグルマップの渋滞情報に関してはGoogleマップの「My Location」機能を有効にしているユーザーの移動経路や移動時間などのビックデータを解析して渋滞情報を表示しているので、VICS情報よりもリアルタイムでVICS情報が無い細かい道の情報まで表示してくれますし・・・。

改めてGoogleって凄いなぁと感動というか怖さを実感。

ということで、ポータブルナビの購入検討は一旦見合わせてナビアプリを有料のアプリも含めて色々試してみました。


試してみたアプリは以下の5つ




ドローンにGoPro6台搭載し空中ストリートビューを実現したドラえもん『のび太と空中散歩』

yahoo!が8月22日から9月5日まで限定で公開する東京の空中散歩"ドラえもん『のび太と空中散歩』"はご存知でしょうか?テレビ朝日の「グッド!モーニング」で8月11日に紹介されたそうなのでご存知の方も多いかもしれませんね。



ドラえもんの映画公開に合わせた特設サイトですが、誰もがタケコプターに乗って東京の空中散歩を行っていることを疑似体験できることを目的として作られたとか。

8月22日からyahoo!で「タケコプター」と検索すれば特設サイトへ飛べるとのこと。スマートフォンを使えば臨場感が増すとか・・・。
この空中散歩サイトを紹介したいというよりも、ここで使われたのは、ドローンにGoPro6台を搭載してパノラマ撮影して空中版ストリートビューが作成されたという事実。


今日の日経新聞夕刊のトップ記事は「米で無人機 商業利用」となっていて、アメリカで撮影機能付きの小型無人飛行機のドローンを商業利用する取り組みが広がったとして紹介しています。
記事の中で米連邦航空局が米映画大手への許可を年内にも出す見込みとなっていましたが、益々世界的にドローンを使った撮影映像が増えてきそうです。


さて話は戻ってタケコプターの話。
YouTubeで撮影の様子がUPされていたのでキャプチャーしてみました。

実際の動画はこちらから。


撮影ではブルーイノベーションの無人航空機を活用した360度パノラマサービス「Blue Sky Pano」というサービスが採用されたそうです。ドローンと一般的に呼ばれるマルチコプター無人機も多くの人に知られる大きな機会になりますね。
おそらく最大積載8Kgの8枚ローターのマルチコプターで風速8m/sでも飛行できる機体だと思うのですが、購入したら100万程度はするんでしょうね~。

ドローンに関しては、法整備が追いていない感もありますが、今後はさらにさらにドローンを使った撮影が増えてきそうな感じ。

Blue Sky Panoの疑似体験は以下のサイトでの出来ます。
http://uav.jp/blueskypano/viewer/index.php/panorama/watch/panoramaPV/video2
実際のドラえもん『のび太と空中散歩』がどの程度のクオリティーで試せるのか楽しみですね。


米アマゾンが配達でドローンを使おうとしているかと思ったら、日本では警備会社のセコムが駐車場の警備として全自動の防犯システムにドローンを使おうとしていたり、撮影以外でも色々とドローンの需要が高まっているようです。
今後ドローンを使ったどんなサービスが出てくるのか楽しみでもありますし、その波にいち早く乗って何かをしてみたいという思いもありますが・・・。




【のび太と空中散歩 - Yahoo! JAPAN】
http://doraemon.yahoo.co.jp/

【ブルーイノベーション株式会社】
http://www.blue-i.co.jp/index.html

【SORAZOU.com 無人航空機の調査・モニタリング・プロモーション 】
http://www.sorazou.com/


パノラマ | 2014.08.19 [EDIT]

身軽に三脚持たず奥入瀬へ 手持ち・・・でスローシャッター



今夏は忙しくバタバタしていてブログの更新も続いておりませんが、日々撮影はしています。
月初めに"さんさ踊り"や"ねぶた祭り"を撮影した際には移動途中に奥入瀬を通りました。奥入瀬の一番きれいな季節とは違う時期なのかもしれませんが非常に澄み渡る空気感に感動。

もともと東北地方のブナ林は大好きななので、ブナ林を通るだけでも嬉しかったのですが、次の撮影まで少しだけ時間があったので、スポットらしい場所で停車して撮影することも。

あいにく三脚は持ち合わせていなかったんですが、1秒程度の露出時間だったら何かしらに固定させれば何とかなりますからね。思ったようなアングルで固定は出来ませんでしたが十分堪能できたプチ奥入瀬でした。


三脚がない時には木や地面、塀や橋など、とりあえず何かしらの場所でカメラを固定しつつ動かないように手で抑えてシャッターを切ると手ブレしにくくなるので、三脚をお忘れの際などには是非お試し下さい。


ビギナーの方に若干の解説を・・・。

上の写真も下の写真も手持ちというか三脚を使わずでの撮影です。



上の写真も下の写真もシャッタースピードは・・・




photo/写真 | 2014.08.15 [EDIT]

またまたonOne Softwareが99.95ドルの有償レタッチソフト「Perfect Effects 8」を無料配布中

onOne Softwareの「Perfect Effects 8 Premium Edition」と言えば、フォトグラファーなら一度は聞いたことがあるレタッチソフトだと思いますが、すばらしいことに現在無料配布中です。

以前にも無料配布されていた時期もあったり、一時期、Spyder4EliteかSpyderCapturePROを購入すると無償ダウンロード特典が付いていたのでお持ちの方も結構いらっしゃるかも知れませんね。

念のためご紹介しておきます。

もしもダウンロードされていない方は通常だと99.95ドルだそうですから今のうちにゲットしてみては。
ダウンロードサイトがあまりの集中アクセスに一時はダウンしていたようですが今では復活しています。



onOne Softwareのレタッチ関係のソフトにはPerfect Effects 8以外にも

  • PERFECT MASK 8
  • PERFECT RESIZE 8

などがありますが、それら全てが使えるのが「PERFECT PHOTO SUITE 8」
今回フリーになっているのはエフェクトに特化したPerfect Effects 8ですから、このソフトが気に入れば「PERFECT PHOTO SUITE 8」を購入してねというセールスなのだと思います。

これまでも何度か期間限定で無料で配布されています。




私も以前の無料配布の際に実際に「Get it now!」を押してダウンロードしてみたのですが、




パソコン全般 | 2014.08.15 [EDIT]

ハネトの掛け声で大盛り上がりの青森ねぶた祭り



東北の三大祭と言えば
真っ先に出てくるのが"青森ねぶた祭り"
今回は開催日初日に撮影してきました

ねぶた祭りは全国各地で行われるようになりましたが
元祖と言えばやはり東北のねぶたやねぷた祭り

全国から祭りを見に集まり
期間中の人出は300万人を超えるのだとか
凄い!!!


祭りを盛り上げるのは"ねぶた"と"跳人(ハネト)"
ねぶたの前方で踊りながら進むハネトは衣装さえ着ていれば誰でも参加OK
この時期になると貸衣装屋さんもあるそうです

1台のねぶと共に数百人から1000人ものハネトが一緒に進みます
踊りというよりも跳ねる感じですので
飛び入り参加でも楽しめそうなのも良い点ですね。

以前は徒歩暴走族の一種と言われる"カラス"の集団が目立ったのですが
今年のねぶた祭は一切見かけませんでした。


現場で感じたのはねぶた運行コースの距離が長い!
端から端まであるくと結構たいへんです
ねぶたがコースをぐるっと一周して祭りが終わるのですが
一周するのに2時間かかります
つまりゆっくり歩いて2時間のコースというわけ


祭りは21時で終了となるのですが
道路の封鎖は22時頃まで続くので車で行く際には気をつけたほうが良いですよ
終わってからすぐに移動したい場合には
祭りコースの外で止めておくことをオススメします。



ねぶた祭りの最終日は海上運行が行われ
花火とともに大いに盛り上がるそうです

海に浮かぶねぶたと花火
是非次回は撮影してみたいですね。



photo/写真 | 2014.08.06 [EDIT]

3万5000人が参加する"盛岡さんさ踊り" やっぱり大迫力で美しい



東北へ行って"さんさ踊り"を撮影してきました。

東北三大祭りと言えば
・仙台七夕まつり
・青森ねぶた祭り
・秋田竿燈まつり

盛岡で行われる"さんさ踊り"は三大祭りには入りませんが
街の一体感や踊りの美しさやダイナミックさなど
全てにおいて三大祭りに引けを取らないと個人的には思います。


今年も8月1日から4日まで行われていました。
場所は盛岡市中央通り(県庁前~中央通二丁目)


踊りが始まる直前まで踊り手たちは一人も見当たらないのですが
イザ祭りが始まると一体どこに隠れてたの??????
と思うほどに次から次へと踊り手達が湧き出てきます


なんとその数・・・
4日間で約3万5000人

観覧者じゃないですよ!参加者が約250団体で3万5000人です。
ハッキリ言って超ド迫力。

世界一の太鼓パレードと言われるだけあって
1万もの太鼓が一斉に響き渡る街の一体感はすさまじい!
機会があれば是非一度現地で驚きの空気感を体験してみてください。


photo/写真 | 2014.08.05 [EDIT]


最新記事一覧

09/01   もうステディカムは要らない???と思うほどの手ぶれ補正アプリが続々登場
08/26   車載カーナビが壊れたのでiPhoneアプリで色々なナビアプリを試した結果
08/19   ドローンにGoPro6台搭載し空中ストリートビューを実現したドラえもん『のび太と空中散歩』
08/15   身軽に三脚持たず奥入瀬へ 手持ち・・・でスローシャッター
08/15   またまたonOne Softwareが99.95ドルの有償レタッチソフト「Perfect Effects 8」を無料配布中
08/06   ハネトの掛け声で大盛り上がりの青森ねぶた祭り
08/05   3万5000人が参加する"盛岡さんさ踊り" やっぱり大迫力で美しい
07/31   期間限定で無料! 水面に映る幻想的な画像を普通の写真から凄い簡単に作れるカメラアプリ
07/28   iPhone用の超小型ステディカム「Elephant Steady」に出資してみました。
07/25   光と音とレーザー光をトリガーにして決定的瞬間を撮影するMIOPSレリーズが結構凄いかも
07/24   iPhoneで使える赤外線サーマルカメラ/サーモグラフィ「FLIR ONE」がついに発売開始
07/24   マルチコプター(ドローン)で撮影した世界中の動画を集めた地図サイト「TravelByDrone」
| ホームへ | 次ページ