ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)

今までジャストシステムのxfy blog editorというブログ記事ソフトを使って書いていたのですが、パソコンのOSが変わって使えなくなってしまいました。とっくに開発は終了しているソフトだったので64bitには対応してなかったんですね。
まあ、xfy blog editorを現在まで使っていたのは私ぐらいかな(-_-;)

xfy blog editorは起動が遅くストレスも感じるソフトでしたが使い勝手は非常に良くて重宝していたので残念。で、代替ソフトをいろいろ探していたら、「Windows Live Writer」ってのがあったのですが、既にダウンロードは終了しているようで、後継ソフトの「Open Live Writer」を見つけました。

で、使ってみると日本語化されてないんですね。別に特別難しい設定とか無いので問題は無いかと思うんですが、日本語化パッチって公開されているのかな?とGoogleで検索してみると、ナント「鹿児島県肝属郡田代町関連の情報発信サイト」という個人ブログ運営者の方がパッチを公開されていました。1961年生まれとプロフィールに書かれていました。2018年現在で57歳になられるってことですよね。
こういうパッチの作成や公開ってもっと若い方を想像していただけに、意外でした。でも本当にありがとうございます。おかげで便利に使えております。

で、日本語化する方法ですが、非常に簡単です。
①サイトからパッチをダウンロードして解凍(展開)する。

②パソコン内にある「Open Live Writer > app-0.6.2」のフォルダを開く

③ダウンロードしたフォルダ内に入っている「OpenLiveWriter.Localization.dll」というファイルだけを「app-0.6.2」フォルダに入れる

④ソフトを再起動すると日本語化されます。

もともと同名のファイルが「app-0.6.2」フォルダに存在しているので、元々ある「OpenLiveWriter.Localization.dll」の拡張子をorgに変更しておくことを作成者の方はオススメされています。こういったパッチを公開してくださっている方には本当に感謝です。ありがとうございます。

ちなみに場所は「C:\Users\○○○○(ユーザー名)\AppData\Local\OpenLiveWriter\app-0.6.2」でした。
「AppData」は隠しフォルダになっているので通常は見えません。コントロールパネルのフォルダオプションから表示を選んで、「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する」を選んで適用する必要があります。
もしくは、フォルダ検索で「OpenLiveWriter」を検索するという方法もありますが、もしも日本語化される方は、どちらかの方法でフォルダを見つけてください。
image


ということで、日本語化も出来たOpen Live Writerでブログを徐々に再開していこうかなぁと。前回は下書き投稿に失敗してしまいましたが・・・。てか、下書き投稿のボタンが非アクティブ化されてて下書き投稿出来ないんですけど~(-_-;)

ブログサービス上の下書きが出来ないので、別の方法として下書きの保存先をDropboxにしました。こうすれば別のパソコンでも下書きの読み込みが出来るので便利です。

あともう一つだけ課題が・・・。
まあ、とりあえずいいか。



Open Live Writerでテスト投稿

下書きテスト投稿。
もしも公開されていたらテスト失敗です(-_-;)

今まで使っていたブログソフトがPC入れ替えのタイミングでOS非対応だったために使えなくなりました。
新しいソフトを探していて、とりあえず使えそうなOpen Live Writerをテストしてみています。

ブログ書くのって作成ソフトの使い勝手の良し悪しが大きくて、以前のソフトが使えなくなってから投稿が面倒になり書いていません(-_-;)

とりあえずOpen Live Writerが使えそうであれば、また復帰すると思います。



AIを使った写真のノイズ除去技術が凄すぎて意味わからない

画像処理ソフトを使ったノイズ除去とかレタッチで何とか良くするとか、そういったレベルとは異次元のノイズ除去技術っぽいです。

「全層畳み込みネットワーク(Fully Convolution Network)」を使って写真のノイズ除去をする技術を米国のイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とIntel Labsの研究者らが発表したことをpetapixelで知りました。
9日には記事になっていましたのでご存知の方もいらっしゃるかも。

技術的な部分に関しては全く分からないので、詳しい内容を読みたい方はこちらのPDF(英文)を読んでみて下さい。
私に分かるのはスゲーAI技術が発表されたってぐらい^^;

私がなんとなく理解した中で言えるとすれば、5094枚の短時間露光画像と、それに対となる5094枚の長時間露光画像を使って学習させたらしいです。

この画像を使って機械学習させた結果が驚くようなノイズ除去技術になっています。
これが実際にどの程度汎用可能なのかは分かりませんが、条件さえそろえば凄いことになってます。

下の画像左側がFuji X-T2で撮影した元画像。右側が処理された画像です。



こちらも同様にFuji X-T2で撮影した元画像をAdobe Camera RAWで現像したものが左。処理画像が右側です。




実際にどういう画像を使って学習されたかというと、





ニコンが新マウントを採用してまでフルサイズの新型ミラーレスを発売するわけは?

ここ最近はニコンがフルサイズのミラーレスを投入するという話が結構盛り上がっています。そしてマウントは新型を採用するという噂です。ついにFマウントから脱却ですね。既にネット上では新マウントをZマウントと呼んで、マウントのサイズまで噂情報が出ています。それによれば

内径は49mm。マウントの外径が65.4mm。フランジバックは16mmなのだとか。

私も関係者にそれとなく話を聞いた所、ネットで話題になっている噂はそれなりに信憑性が高そう。

新しいマウントを採用したらFマウントのレンズは使えなくなるのかというと、そんなことはなく互換アダプターがありそうな感じです。

日経新聞にもキヤノンとニコンがフルサイズのミラーレスを2018年内に発表するとの記事がでました。

フルサイズミラーレスが両社から今年中に発表されることは間違いなさそうです。

では、なぜこのタイミングでキヤノンもニコンもフルサイズミラーレスを出してくるのか。

特にニコンはNikon 1シリーズの最後から長いことミラーレス一眼を出していません。ミラーレスに関しては諦めたのかと思っていたら・・・。

その背景にはミラーレスの出荷台数/売上高が一眼レフカメラに迫ってきたという事実があるようです。

CIPAのデータを元に日本向け一眼レフとミラーレスの2018年出荷台数を比べてみると・・・。



今年に入って日本ではミラーレスの出荷台数が一眼レフを上回ってきています。

過去を振り返っても一度も一眼レフを越えたことがないミラーレスがついに追いつき、そして追い抜いて行きました。2018年3月は一眼レフ3万8千台に対しミラーレスは6万4千台弱と圧倒的な差になっています。

これは日本においての出荷台数です。

では世界全体の総出荷台数はどうでしょうか?



Nikon D850でのフィルムデジタイズアダプター ES-2の使い方レビュー 

先月発売されたフィルムデジタイズアダプター「ES-2」が手に入ったので使い方をざっと書いていきたいと思います。
ES-2はネガフィルムやポジフィルムをデジタルデータに手軽に変換できる製品。特にニコンのデジタル一眼レフカメラD850を使用することで本領発揮します。ネガフィルムもカメラ内でポジ変換してくれます!


このES-2は発売されてから非常に話題になって使っている人が既に多いのかな?と思ったのですがネット上ではまだあまり使い方含めて情報が出ていなかったので簡単にレビュー書いておきます。

というのも話題性はあるものの、D850での使い方の詳細がちょっと分かりにくい。ES-2本体の取扱説明書にもD850のフィルムデジタイズ機能の説明は一切書いてありません。D850の取説P51~P52に少し書かれているのですがES-2がまだ発売される前なので若干説明が足りない部分があるように感じます。

非常に素晴らしい製品だけにもったいない。
ES-2キットに入っているものは白い拡散板の付いたES-2本体とレンズアダプター2つ。そしてストリップフィルムホルダーとスライドマウントホルダーの5つになります。


上の写真はキット5点に加えD850本体とマクロ60mm f/2.8G EDレンズの7点になります。

キットそれぞれは以下の説明になります。
ES-2の説明書にレンズ名や説明文字を付加させたものになります。



ES-2で使用推奨しているレンズは以下の三本になります。

  • AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED (62mm用アダプターAを使用して装着)
  • AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D (62mm用アダプターBを使用して装着)
  • AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G (本体に直接装着)


もちろん上記レンズ以外でもマクロレンズであればシグマやタムロンのレンズでも最短撮影距離をクリアしていれば使用可能だと思いますがフィルターサイズが違うと装着できません。もしもお持ちのマクロレンズのフィルターサイズが62mmもしくは52mmでない場合、ステップアップリングやステップダウンリングを使って使用することになりますね。


実際に装着すると以下のような感じになります。





進んでやるのが上の上 真似てやるのが中の中 これは誰の言葉なのか?

進んでやるのが上の上
真似てやるのが中の中
言われてやるのが下の下


誰の言葉なのか未だに分かりません。
ただ私が小学生の時に自宅の壁に掛かっていた言葉なんです。
力ある言葉だけに今でも何かある時に頭によぎります。

いったい誰の言葉なんでしょう。
じつは他のバージョンも存在していて

----------------------

すすんでするのが人の上

真似してするのが人の中

言われてするのが人の下

----------------------


-------------------------

進んでする人 上達の人

言われてする人 中凡の人

叱られてする人 下落の人

-------------------------


---------------------------

言われなくても出来るのが人財

言われて出来るのが人材

言われても出来ないのが人罪

--------------------------


一番下の「人材」を財と罪に当てはめたバージョンは4種類の「じんざい」。すなわち「人材」「人財」「人在」「人罪」を使って作られた比較的新しいバージョンかと思います。

そもそも「進んでやるのは・・・」は誰が言った言葉なのか分かりませんが、何かもとになった言葉は無いのか?
そんな疑問から調べていたら似たことわざに以下のようなものがありました。

上農は草見ずして草をとり

中農は草を見て草をとり

下農は草を見て草とらず


龍谷大学の三浦励一准教授によれば、この言葉は中国明代の馬一龍が『農説』に書いた「上農者治末萌、其次治巳萌矣。巳萌不治、農其農何」という部分が原典だと言われています。

この言葉が日本初の体系的農書といわれる『農業全書』に「上の農人は、草のいまだ目にみえざる中うちし芸り、中の農人は見えて後芸る也。みえて後も芸らざるを下の農人とす」と書かれ、それが変化して「上農は・・・」になったのだとか。

話が農業の方へズレてしまいましたが、人を上中下で分類するという点で「進んでやるのが・・・」の元になった可能性はありそうです。

では誰が最初に「進んでやるのが・・・」とアレンジしたのか。それは謎として残しておきましょう。
ただこの言葉を元に多くのアレンジが存在することから人の心に大きな影響力を与えた言葉であることは事実です。


ただ、状況によっては「進んで」やれないこともありますよね。

山本五十六の次の有名な人材育成の言葉は進んでやらないことを前提にされているように思います。





日記 | 2018.04.06 [EDIT]

2018桜の開花予測比較 どの天気(気象)予報が正確か! 東京は3/19開花の3/27満開!?


約1ヶ月前の時点での各社開花予報を比べてみる



首都圏では桜の開花まであと1ヶ月と近づいてきました。
まだまだ寒い日が続いていますので桜の開花といってもピンと来ませんが今年は比較的早い開花となる予報もあるようです。

ここ最近天気に左右される撮影が多かったもので色々な気象予報サービスを参考にしていたのですが、個人的に一押しなのは日本気象株式会社の天気予報です。詳しくは後日ご紹介しようと思います。

今回は気象サービス会社としては一大イベントの桜の開花予報について比べて1ヶ月後に検証してみたいと思います。
開花予想は開花までの間に数回更新されることが普通なのですが、あえて1ヶ月前という時点で統一してみようと思います。
ただ現時点での最新データ日が揃っていないので正確な比較にはなりませんね。残念。
個人的な遊びと思っておつきあい下さい。
最新の予想は画像をクリックしサイトへアクセスして確認して下さい。

ちなみに日本気象株式会社によれば今年の東京の満開予想日は3/27頃だそうです。


日本気象株式会社


【桜ナビ】第3回開花・満開予想を発表!全国的に平年より早い開花に。東京は3/19開花! - お天気ナビゲータ
私が最近もっとも信頼している気象サービス会社です。1985年に設立された会社で個人的には週間天気予報も含めてもっとも更新が親切な速度で行われ正確なイメージがあります。
桜開花予報も当たれば更に信頼度アップ。
https://n-kishou.com/corp/







最新記事一覧

06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿
05/14   AIを使った写真のノイズ除去技術が凄すぎて意味わからない
04/30   ニコンが新マウントを採用してまでフルサイズの新型ミラーレスを発売するわけは?
04/23   Nikon D850でのフィルムデジタイズアダプター ES-2の使い方レビュー 
04/06   進んでやるのが上の上 真似てやるのが中の中 これは誰の言葉なのか?
02/21   2018桜の開花予測比較 どの天気(気象)予報が正確か! 東京は3/19開花の3/27満開!?
11/30   Exifおすすめソフト! Exif情報の詳細確認やGPS含め一括削除、撮影データ編集などなど  
11/10   AIを使用した無料の画像拡大ソフトが本当に凄い!想像以上の写真に!
11/02   グラフで見るデジタルカメラ業界の今 スマートフォン増加の裏で何が起きているのか! 
10/27   DxO版「Nik Collection 2018 Edition」は2018年中頃にリリース!価格は?
09/23   iPhone 8/8Plusの画質が想像以上に凄かった!DxOMarkのテスト結果を見て思ったこと。
| ホームへ | 次ページ