デジタル@備忘録

プロカメラマンによるデジカメ情報ブログ。デジタルカメラの最新情報や写真の撮影テクニックまで幅広く随時更新中。Adobe認定Photoshopエキスパートの管理人がフォトレタッチ等のノウハウも提供。


驚愕!iPhone11のナイトモードカメラが本当に凄い。使い方と撮影時の注意点

iPhone11シリーズの「ナイトモード」とは


9月20日にiPhone11が発売されました。
私は発売日当日に購入したのですが、実は少し前までグーグルスマホのPixel3に乗り換えようと本気で考えていました。
理由はPixel3の「夜景モード」に魅力を感じていたからです。

しかしiPhon11シリーズにも「ナイトモード」カメラが搭載されるとの話を聞いてiPhone11の購入を決めました。
実際どのぐらい明るく撮影できるのか撮影した写真をUPします。
ナイトモード1
ナイトモード4

左側の写真がiPhone11のナイトモードカメラで撮影した写真です。非常に明るく撮影できているのが分かります。撮影時間(シャッタースピード)は共に3秒。

Pixel3の「夜景モード」とiPhone11シリーズの「ナイトモード」に共通しているのは暗い場所を明るく撮影できるということ。
ただ単に明るく撮影できるだけでなく高感度ノイズを可能な限り低減させているのも共通しています。
両者の機能とも明るいレンズを使用し高ISO感度で処理するという王道の方法だけでなく、複数枚の写真、もしくは数十枚の写真を撮影してスマートフォンのCPUを使用してコンポジットします。
そのことによって暗い場所を明るく綺麗に撮影できるようにしています。

これはPixel3が最初に搭載したわけでなく日本のコンパクトデジカメには以前から搭載されていた手法ですがスマートフォンに搭載し機能を強化したことにより爆発的な人気となった機能です。

加算平均や比較明などの合成(コンポジット)手法によりノイズの無い綺麗な夜間撮影を可能としていますが詳細の技術に関しては特許情報を読むまでは私などには分かりません。

しかし結果としてiPhone11が出してきたナイトモード撮影写真が想像を遥かに超えた良質のものであったことは確かです。凄い。本当に素晴らしい技術を搭載してきたなぁというのが率直な感想。

DIYで簡単設置!断水時の生活用水備蓄の確保に雨水タンクを活用

災害時の断水などの非常用生活用水の備蓄に雨水タンクを設置


災害時用の防災備蓄はされていますか。
一般的に3~5日分の食料や水は各家庭で用意するように呼びかけられています。
飲料水や食料が無ければ生き抜けませんからね。大切です。

しかし実際の災害発生現場へ取材にいくとトイレを流すための水が十分に確保されておらず困っているという話をよく聞きます。
飲料水は配給もあり備蓄もあるので比較的何とかなってもトイレを流せないとなると困ります。
災害取材に行くたびに生活用水の必要性を実感するんですね。
2019年9月8日〜9日にかけて首都圏を襲った台風15号では千葉県内で停電が約60万戸発生し断水も約8万戸で発生したようです。
台風被害でこれだけの状況ですから更に広範囲の被害が予想される首都直下型地震などでは自治体の助けが来るまで待てないことも予想できます。

大地震では水道管が損傷するなどして水の供給がストップすることがあり、停電ですと浄水場がダウンしてまう場合や地域に水道水を供給する送水ポンプが停止し給水が停まってしまうことがあります。

ということで自宅には雨水タンクを設置しています。
こんな感じです。

IMG_2493.jpg

DIYで雨水タンクは簡単に設置できます


雨水タンクの設置は非常に簡単。原理は雨といを伝って落ちてくる雨水を分岐して雨水タンクに流すだけなので。
うちに設置している雨水タンクはナント税込み1万円で配送料無料。ホームダムミニという商品で容量は110リットル。最も小型の雨水タンクです。
TOKILABO~節水村~というお店の雨水タンクですが結構売れているようです。安いですからね~。

安いやつなので集水器にゴミ取り用の機能が付いていません。なので自作して雨水をろ過してゴミが雨水タンクへ流れ込まないようにしています。

雨水タンクの設置に関しては非常に簡単で「たてとい」をノコギリでギコギコ切って集水器を取り付けてホースを雨水タンクに繋げるだけ。非常に簡単です。
上の写真の「たてとい」に付いている黒い部分が集水器です。設置時間は10分~15分あれば十分だと思います。
「集水器」とグーグルで打ち込むと色々な種類があることが分かります。チョット価格が高くなりますが集水器にゴミ取り機能がついているものもあります。

私はホームダムミニに付属している集水器をそのまま装着していますが集水器だけゴミ取りが付いているものなど別のものを使っても良いかと思います。


雨水タンクを扱っているメーカーは?

雨水タンクは色々なショップで扱われていますが有名なショップだけ紹介しておきます。

・TOKILABO~節水村~(リンク
・グローベン株式会社(リンク
・サンエービルドシステム株式会社(リンク) 
・株式会社ニシムラ工業所 (リンク
・株式会社ミツギロン (リンク

おしゃれな雨水タンクを探しているなら、TOKILABO~節水村~やグローベン株式会社が良いかも知れません。値段の安いものを求めているならTOKILABO~節水村~の「ホームダムミニ」やミツギロンの雨水タンク80Lがオススメです。

カメラ初心者のために 写真の上達方法は知ることから!分野別の写真撮影スタイルの紹介

デジタルカメラを買ったけど何を撮影したら良いのか分からない?


この悩みを持っている方って結構いるはず。
かっこよいカメラが欲しい!お金をためてやっとゲットしたぜ!
でも何を撮ったら良いんだろう・・・。
買ったは良いけどこれじゃ宝の持ち腐れ。
今回は欲しかったカメラを買ったけど何を撮影したら良いのか分からない!
そんなスタートにも立てていない方々にアマチュアカメラマンの世界をご紹介したいと思います。
でもこれってカメラで撮影する被写体が無限に存在するからこそ発生する悩みです。
なのでアマチュアカメラマンが多い世界の一部をご紹介することで貴方の悩み解決の一助になればと思います。

こんな世界があったんだ!と驚くのでも良し。
ちょっと片足突っ込んでみたいなぁというのでも良し。
この解説ちょっと違くないか?と突っ込むのも良し。
色々と楽しんでみてください。
そして分野別のオススメカメラやレンズ、撮影方法なども一緒にご紹介できればと思います。すこし長い記事になりますがお付き合いください♪

なお、このあとの文章は「だ、である調」と「ですます調」が混在しますがワザとなので突っ込まないで下さいね笑


デジカメが欲しいけど何を買ったら良い?
ズームレンズと単焦点レンズってどっちが良いの?


こういった悩みも何を撮影するのかが決まったら自動的に狭まってきます。
目的に合わせたデジタルカメラ、そしてレンズを選択することが重要です。
結論としては最後は自分で決めるしかないのですが、何を撮影するのか?それが一番のキーワードになるんですよ。
今回ご紹介するのはデジタルカメラ所有者の中でも特化して撮影しているアマチュアカメラマン達の大きな分類です。
全ての分野を網羅しているわけではありませんが、何を撮影したら良いのか分からない。でも写真は好き!カメラも好き!という方の参考になればと思います。
各分野の考察に関しては私の考えるステレオタイプです。



鉄道

鉄道写真派


鉄道の写真を撮る人たち。撮り鉄とも呼ばれる。圧倒的な存在力と人口でアマチュアカメラマン業界の中核。

鉄ちゃんの愛称で呼ばれる鉄道ファンの世界の一分野。

撮り鉄の中も細分化することが可能で車両そのものを撮影する派。珍しい事象や駅などを追う派。風景の中に鉄道を入れ込む中井さん流の「ゆる鉄」派など様々。

旅行を主目的として旅先の鉄道を撮る旅行派なども。もちろん複数の派閥をまたぐ方々いる。

新型車両お披露目や最終運転の「さよなら運転」などは驚愕するほどの撮り鉄が集まりテレビでも度々話題になる。

めったに走ることがない天皇、皇后、上皇、上皇后、皇太后が乗車される「お召し列車」なども注目の撮影シーンとなる。

近年では撮り鉄の方々が線路にあまりに近づきすぎて鉄道を止めてしまう事件などネガティブなイメージも多いが、基本的には非常に良識的な方々が多い。
写真の知識よりも鉄道の知識の方が上回っているのが特徴。


これから鉄道写真撮影を考えている人へのカメラ・レンズ選びのアドバイス
動く被写体のためハイアマチュア機が望ましいが、遠景で鉄道を撮影する場合には入門機のズームキットでもOK。
単焦点レンズよりもズームレンズの方が状況に多くの現場に対応できるのでオススメ。


【初心者向け鉄道写真の撮り方】
天体撮影とは逆に連射性能が必要になるケースが多々あります。
今では安価なエントリー機でも連射機能は充実していますので安心です。レンズはさまざまな場面に適用できる高倍率ズームが最初は良いかと思います。

まずは自分がどんな写真を撮影したいのかイメージを持つことが大事です。
列車が走行している場面を撮影する走行写真を撮りたいのか、駅に停まっている列車を記録的に撮影したいのか、風景と共に列車を撮影したいのかなどさまざまです。

まずは駅に停車している列車を記録するところから初めるのも良いかと思います。
走行している列車を撮影する場合にはシャッタースピードが1/800秒以上でないとブレることもあります。流し撮りというテクニックを使って低速シャッターで撮影する方法もありますが上達したら試してみると面白いと思います。

走行写真を撮影する場合は先頭車両から列車最後尾までが綺麗に1枚に入るように撮影するところから初めてみる方法もあります。長い列車の場合はカーブを使用すると1枚に綺麗に収まりやすくなります。

鉄道写真も非常に奥が深いので撮影している間にどんどん撮影したい写真のイメージが湧いて来たりします。新しく湧いてきたイメージを撮影できるポイントを探すことが楽しかったり難しかったりするものですがネットなどで情報を見つけながら自分が納得いく写真を撮影してみましょう。

撮影する被写体が非常に人気のあるもので人が集まりそうな場合には場所取りが一番大事だったります。

撮影に向いているポイントは誰もが撮影したい場所であって人が集まりますので人気の場所は人だかりになります。まずは現場へ早めに到着するようにしましょう。


天文

天文写真派


星の写真を撮影する人たち。
鉄道と並ぶカメラ派閥の2大巨頭にしてカメラ業界のパイオニア的存在。

星の点光を正確に綺麗に写し込む為に努力を惜しまない。カメラや写真現像の限界に常に挑戦する姿は他と一線を画する特殊派閥。

天文写真ではモアレを心配する必要がないため限界まで解像力をあげるためローパスフィルターを外して撮影する人も多い。

今でこそ解像力重視の為にローパスフィルターレスカメラがメーカーから発売されるようになったが、その遥か昔から天文撮影業界では独自で改造を行いローパスフィルターを外して撮影している人が多数いた。
また写真にノイズが発生するのを極端に嫌うのもこの派閥の特徴。

デジタルカメラで長時間露光(長秒時撮影)を行うと熱ノイズが発生する。それを防ぐために撮像素子自体をペルチェ素子を使って冷却する機構を取り入れたりとノイズ防止のためにカメラメーカーも真っ青の改造を行ったりする。見た目はファン付きの大きな箱がカメラサイドに取り付けられており素人が見たら度肝を抜く改造カメラとなっている。

星雲や星団、銀河を撮影する際などは赤道儀という特殊な星の追尾機器を使って数枚から数百枚の写真を撮影。その膨大な枚数の写真をコンポジット(合成)し一枚の写真として仕上げていくなど、他の派には無い特殊な撮影方法を行っている。

合成方法にも「減算法」「除算法」「加算平均合成」「比較明合成法」など多数のコンポジット方法がある。他の分野のカメラマンからしたら同じ写真愛好家とは思えない異質感を持っているのが特徴。


これから天文写真撮影を考えている人へのカメラ・レンズ選びのアドバイス
天体望遠鏡にカメラを装着して撮影する場合には レンズは必要ない。天体望遠鏡がカメラを装着できるアダプターを発売しているかを確認することが先決。もしも通常のレンズで撮影する場合でも望遠鏡に装着し撮影する場合でもカメラ選びは長秒時ノイズと高ISO感度でのノイズの少ない機種を選択することが重要。

レンズは星景写真を撮りたいならば単焦点の広角レンズがオススメ。ズームレンズでもOKだが初心者の場合は撮影中にズームリングが動いてしまい失敗するケースが多々あるのでその点は注意が必要。


【初心者向け天体写真の撮り方】
地上の風景を入れ込んで撮影する星景写真であればカメラと三脚と広角レンズがあれば撮影が可能です。

天体望遠鏡に取り付けて撮影する本格的な天体写真の撮影方法は別途書こうと思います。
星景写真の場合は比較的丈夫な三脚にカメラをセッティングし30秒から60秒ほどでシャッターを切ってみましょう。

絞りは開放値もしくは1絞り絞ったぐらいが適当です。
撮影する際にはピントリングやズームリングが動かないようにパーマセルテープなど剥がし跡が残らないようなテープでリングを固定しておくことが重要です。

ピント合わせはファインダーを覗いても合わせにくいのでライブビュー機能などを使用してモニタでピント合わせするのが基本になります。また明るいうちから無限遠の遠景に対してピントを合わせて固定しておく方法もあります。いずれにせよオートフォーカスは効きませんのでマニュアルフォーカスでの撮影になります。

ISO感度は最初は1600をベースにして撮影してみます。この設定で明るすぎる場合には地上が結構明るい場所ということになります。

天体観測に適している暗い場所であれば上記の設定で比較的綺麗に撮影できますが地上が明るい場合には設定を少しずつ変化させて撮影してみましょう。


基本露出設定
シャッタースピード:30秒前後
絞り:開放値~1絞り絞った値(なるべく明るいレンズを使用する)
ISO感度:1600前後
ピント:無限遠(星が点像になることを確認)

また勘違いしやすい点に背面液晶モニターの輝度が明るすぎる場合があります。
暗い夜中にモニタを見る場合には標準値のモニタ輝度設定値では明るすぎます。実際の撮影画像よりも何倍も明るく見えてしまいますのでモニタの輝度は最低値もしくは最低値よりも1段階だけ明るくしたほうが良いです。

それでも明るすぎる場合にはISO感度を下げるかシャッタースピードを半分にしてみます。
シャッタースピードは短ければ短いほど星は点像として写ります。

星は見た目には分かりませんが動いていますので2~3分のシャッタースピードで撮影すると流れて線となって写ります。
標準レンズだと30秒~60秒ほどのシャッタースピードでも星が動いてしまい軌跡として残ってしまい点として写りません。

超広角レンズを使用すると60秒ほどの長秒時撮影でも星が点として見え不自然さがありませんし地上の雰囲気を写し込むのにも適しています。


Photoshopでチャンネルを使って複雑な切り抜きを簡単綺麗に行うテクニック


複雑なオブジェの切り抜き 背景透明化



WS000143.jpg
人物などの切り抜きで良く使用されるのが「選択とマスク...」です。切り抜きといえば最近は「選択とマスク...」で事足りることが多くなりました。


人物以外にも動物を切り抜いたり毛などの繊細なものを切り抜くのに非常に優れている機能ですね。
しかし「選択とマスク」では切り抜きしにくい画像が多々あるのも事実。
パスや自動選択ツールを使ったり背景消しゴムツールなどを使ったりするケースもあると思います。
でもなるべくなら簡単に正確にそして早く切り抜きたいですよね。
そんな時に使える2つのテクニックをご紹介しようと思います。

①チャンネルを使ったマスク作成方法



今回テストに使用した画像は電波望遠鏡の写真。
外階段など細かい部分が多く通常の方法で背景を綺麗に抜こうと思うと面倒です。
こういった画像はチャンネルを使ってマスクを作成すると結構簡単に短時間で正確なマスクを作成することが可能です。



もちろんチャンネルを使用して人物の髪の毛を手早く綺麗に切り抜くことは可能です。


ただ人物を切り抜くだけならチャンネルを使わなくても最新のPhotoshopならば「選択とマスク...」を使えば十分綺麗に髪の毛を切り抜くことが可能です。
今回紹介したいのは「選択とマスク...」や「パス」、「自動選択ツール」では非常に手間のかかるオブジェを手軽に早く綺麗に切り抜く方法になります。


WS000094.jpg
まずは「チャンネルタブ」でRチャンネル、Gチャンネル、Bチャンネルをクリックし最も切り抜きに使いやすいチャンネルを見極めます。
WS000139.jpgWS000140.jpgWS000141.jpg
今回の画像ではBチャンネルが背景との差が出やすくコントラストが高いのでBチャンネルを使用することとします。上の写真ではチョット分かりにくいですね^^;

画像によってはRチャンネルやGチャンネルの方が使いやすい場合もありますので、その都度確認するようにして下さい。

どのチャンネルでも背景との分離が難しかったりする場合は色域指定による選択など別の方法を試みます。

Bチャンネルを使うことが決まりましたのでBチャンネルをベースにマスクを作っていきたいと思います。


チャンネルをマスクに流用するには色々な方法がありますが、オススメなのが「演算」です。

演算を使ってマスクのベースを作成する




「イメージ」→「演算」を選択しクリックします。


WS000097.jpg



撮影での失敗を防ぐデジタルカメラ設定の基礎知識(ニコン編)

WS000086.jpg

撮影での失敗を防ぐデジタルカメラ設定の基礎知識8つ

初心者がデジタルカメラの設定や使い方で失敗しやすい点を8つほど解説してみようと思います。
どの点も私が相談を受けた実際に発生したケースをもとに書いています。
デジタルカメラはニコンのD500を使って説明していますが他のニコン製のカメラでも同じことが言えますので参考にしてみて下さい。


ピントリングを不用意に触らない

デジカメのレンズにはピントリングが付いています。ズームレンズであればズームリングと合わせてリングが2つ付いています。(マニュアルレンズの場合は絞りリングも付いています)
撮影時にピントがボケてしまう失敗の一つにAF(オートフォーカス)で撮影しているのにピントリングを触ってしまってピントがボケてしまうケースがあります。
ピントリングはMF(マニュアルフォーカス)設定の時には自分で動かすことになりますがAFの場合は基本は動かす必要はありません。
AFであっても若干の誤差などを修正するためにピントリングでピント位置を動かすことが可能になっているのですが、意図的に動かす場合を除いてピントリングは触らないようにしましょう。

風邪予防と日々の健康に!ニンニクの蜂蜜漬けクエン酸プラスの作り方

蜂蜜ニンニク漬け




今日はちょっと毛色の違う記事を。
私が数年前から作っているニンニクのハチミツ漬けのご紹介。写真のテキストが蜂蜜ニンニク漬けになってしまったのは失敗です笑。突っ込まないで下さい。
で、これが本当によく効くんです。風邪のひきはじめの喉が痛くなってきたなぁ~。なんて時の第一選択で使用してます。鼻うがいとセットで飲用すると効果抜群。
ニンニクも蜂蜜も栄養価満点で元気が出たり免疫力を高めてくれる食材の代名詞ですが、これを合わせることで効果も二乗になるんじゃないか?と個人的には盲信してます笑
ニンニクと蜂蜜の薬効については最後に書いておきますので気になった方は読んでみて下さい。長い記事になってしまったのであしからず。
とりあえずはニンニク蜂蜜の作り方から。

ニンニクの蜂蜜漬け作り方



【使用するもの】

  • ニンニク(国産のもののほうが大きくて皮を剥きやすいです)

  • 蜂蜜(国産以外でも結構ですが蜂蜜100%のもの)

  • クエン酸(掃除用ではなく飲用のもの)

  • 保存容器(ガラス瓶が煮沸消毒しやすい)


LightroomとCamera Rawに「テクスチャ」スライダーが追加 肌を簡単に綺麗に出来る!?

Adobeが2015年にかすみの除去スライダーを設置して以来、新機能スライダーを搭載しました。
 今回追加されたスライダーは「テクスチャ」(Texture)です。  
※UPした画像はクリックで拡大します。

テクスチャテスト 9

テクスチャ機能は画像の「中周波成分」領域に強く作用


実際に操作した画像を見たほうが分かりやすいと思いますので下に載せておきますが、空間周波数の「中周波成分」領域に強く作用するように出来ているようです。

ちょっと分かりにくい説明になってしまいましたが、例えば森を離れた場所から広角で撮影した写真は空間周波数の高周波成分が多い画像になります。反対に木の葉だけを寄って撮影した写真は低周波成分の多い写真になります。私が言いたいのはその中間部分にあたる部分に強く作用するように感じるということ。

もちろん高周波領域にも影響しますので高周波域でも実感できます。 明瞭度との違いは明瞭度スライダーは画像の全体に影響してしまい「テクスチャ」は中周波~高周波領域に影響しているように感じます。 

上咽頭炎や花粉症や風邪なら鼻うがい!アズノールで抗炎症作用追加!

          


写真は鼻うがいとは関係ないです^^;
インフルエンザが気になる時期や花粉症の季節には毎日鼻うがいをしています。
もう何年になるんだろう。

今年も花粉症の季節が近づいてきました。

かなり昔から鼻うがいは続けているんですが、鼻うがいをしても何となくスッキリしない時ってあるんです。鼻づまりしている時や既に後鼻漏になってしまっている時など。



鼻うがいの仕方は色々と公開されているので検索してみて下さい。ハナクリーンという鼻洗浄専用の商品もあったります。

私はただのコップでやっていますが。 花粉症の今の時期はやっている人も多いのでは? 


鼻うがいとは


鼻うがいをご存知無い方の為に簡単に鼻うがいを説明すると、何も特別に難しい行為ではありません。鼻から水を入れて口から出すだけです。

鼻うがい発祥の地といわれるインドでは鼻から水を入れて反対側の鼻から出すのが基本だそうですが私は鼻から入れて口から出しています。

粘り気の強い鼻水は反対側の鼻腔より口からの方が出しやすいからです。


インドではジャラネティと呼ばれているのだとか。(Jala=水 neti=鼻)

鼻に水を通すことによって鼻腔を綺麗に洗浄するヨガの浄化法の一つだそうです。私はジャラネティのことは知りませんでしたがラジオで女優さんが風邪予防に鼻うがいを毎日欠かさず行っているという話を昔聞いてから真似るようになりました。

鼻から水を入れたら痛いのでは???と思う方も多いと思うのですが、そのままの真水だとメチャクチャ痛いです。なので生理食塩水でやります。ここが大事!!!

簡単に言えばただの食塩水です。やったことの無い方は塩水の方が痛いと思うかも知れませんが反対で真水の方が鼻の中に入れるとメチャクチャ痛いんです。

塩水で行うと不思議なぐらい痛くありません。体液の浸透圧に近いからでしょうか。

気をつけるポイントは冷たい食塩水だと少し痛いので人肌程度のぬるま湯の食塩水で鼻うがいするのが良いですよ。



鼻うがいをするときは水道水を避けるのが無難


鼻うがいをする時には純水か減菌水、または沸騰した湯冷ましをベースの水として使用することをオススメします。この綺麗な水に塩を溶かすと安全です。

というのも、日本の水道水を使った場合でも稀に非結核性抗酸菌という細菌によって慢性副鼻腔炎になる可能性があるそうなんです。 
口から入る場合には問題ないそうですが、鼻から水が入ることを人間の体は想定しておらず若干の細菌が外部から入った場合に繁殖しやすい状況を作り出してしまうとのこと。  

副鼻腔炎の予報や治療の為に鼻うがいしてるのに、非結核性抗酸菌によって副鼻腔炎になってしまったら本末転倒です。

アメリカのシアトルでは水道水を簡易浄水器に通した水で鼻うがいしたところ、Naegleria fowleri(ネグレリア・フォーレリ)というアメーバーが脳に入り込み髄膜脳炎になって亡くなったという事例もあるそうです。


水道水を浄水器で綺麗にしても基本的にはダメってことですね。

シアトルと日本の浄水設備では違いがありますし、日本でも同様の事例が発生するかはわかりませんが避けた方が良いことに変わりはないと思います。


純水や蒸留水はネットでも購入出来ますし、一度沸騰させる手間をかければ自宅でも安全な水を用意出来ます。 (冷やす時間はかかりますが)

 私は煮沸消毒した水を冷まして使用するか、逆浸透膜浄水器を使用した水をなるべく使用するようにしています。
まあ面倒になって水道水で鼻うがいをしてしまったことも実は数えられないほどあったりしますが・・・^^; 

しかし他人には勧められませんので、水道水で行うときは自己責任でお願いします。




効果的な鼻うがいの方法


で、さらなる効果的な鼻うがいの方法はあるかなぁ~と探していたんです。
色々と鼻うがいに関して書籍を読んだりネットを巡回していたりしたら半年ほど前に気になる情報を見つけたんですね。

それは耳鼻科の専門医が医院のホームページ上で、鼻うがいする時にはハチアズレ(うがい薬)を溶かして鼻うがいすると良いというもの。(名古屋の高木耳鼻咽喉科医院さんです)
耳鼻科の専門医が勧めているんですから安全性は確保されていて安心です。


このHPを見てから実際に鼻うがいの際にアズレンを数滴コップに入れて行ってみると・・・。
素晴らしくスッキリします!


ハチアズレはアズレンスルホン酸ナトリウムという薬効成分が主成分なんですが、アズレンが粘膜の炎症を抑えてくれるので鼻うがいをした後は本当にスッキリしてかなり気持ちが良いです。


普通は「鼻うがい」というと塩水で行うものですが、塩水だけだとスッキリしない時は、塩水にうがい薬のアズノール(これも主成分はアズレンスルホン酸ナトリウム)を数滴垂らして鼻うがいします。
こうすると本当にスッキリして鼻づまりもいつの間にか治っていることも多く風邪の引き始めの時には塩水だけで鼻うがいをするよりも予防に効果的な気がします。

抗炎症作用やヒスタミン遊離抑制作用、組織修復促進作用なども確認されているとのことですからスッキリするとともに炎症も抑えられて一石二鳥かな。初期の風邪程度の炎症ならばかなり抑えてくれそうな気もします。


花粉症で鼻水が止まらず鼻を洗ってしまいたい!と思っている方にも鼻うがいはオススメです。ただ体質に合わない方とかもいらっしゃると思うので無理にはなさらないように・・・。

私がラジオで最初に聞いた女優さんのように風邪予防で毎日行っている方も多いと思いますが、毎日アズノールでうがいすると一瞬で無くなってしまいそうなので私は風邪になりそうだなぁというタイミングでアズノール鼻うがいを行っています。


ちなみに医院で処方してくれるハチアズレは粉でアズノールは液体です。

    

どちらも病院に行った時に処方してもらえますが、私は使い勝手の良さからアズノールを多めに処方してもらって、花粉症の季節や冬のインフルエンザが流行りそうな季節は使っています。

うがい薬って言うとイソジンが思い浮かびますが、鼻うがいするときに初心者はイソジンは入れないほうが良いです・・・。
その理由は、