デジタル@備忘録

プロカメラマンによるデジカメ情報ブログ。デジタルカメラの最新情報や写真の撮影テクニックまで幅広く随時更新中。Adobe認定Photoshopエキスパートの管理人がフォトレタッチ等のノウハウも提供。


簡単 Photoshopの「空の置き換え」の使い方を解説。レイヤー構造やパラメーターの説明など。

待望されていた「空を置き換え」機能がPhotoshopに追加


2020年10月にPhotoshopがメジャーアップデートされ色々な新機能が追加されました。
ニューラルフィルターのスムース機能やJPERのブロックノイズ除去機能などは仕事でも使える素晴らしいフィルターですし、パターンプレビュー機能など驚くような便利な機能なども追加されました。

私は仕事では使わないかなぁ~と思うのですが、話題になっている新機能に「空の置き換え」があります。
Luminar 4の「AI スカイ リプレースメント」が先行して導入していた機能でLuminar 4に空の置き換え機能が付いた時には結構盛り上がっていましたね。
今度はPhotoshopが同様の機能を追加しましたが実力のほどはどうでしょうか。
ちょっとイジワルな画像も使いつつ試してみようと思います。

元画像
スクリーンショット 2020-10-25 160400

空の置き換え後 →青空が夕焼け空に変化
スクリーンショット 2020-10-25 160341


元画像
スクリーンショット 2020-10-25 160247

空の置き換え後 →こちらも青空を夕焼けに変化スクリーンショット 2020-10-25 160305



初心者でも空の置き換えが簡単に可能


実際に操作を行ってみると空の置き換えは非常に簡単です。
空を置き換えたい写真をPhotoshopで開いた後、
「編集」→「空を置き換え」をクリック。

すると下のようなボックスが出てきますので、あとはOKを押すだけです。設定を変更することも可能ですが、ほぼほぼ何もしなくて大丈夫です。各調整項目は後ほど説明しますね。

とにかくメニューの「編集」から「空を置き換え」を選んでOKするだけです。
めちゃくちゃ簡単!

スクリーンショット 2020-10-25 160036


実際に空の置き換えを使うケースはどんなもの?


実際にどんな場面で使うかなぁと考えてみたのですが、
  • 綺麗な空が出ていなくて、ちょっと前に出ていた綺麗な空に変化させたい
  • 空のハイライト部分が白とびしてしまって、空だけ撮影した写真を合成したい
例えばこんなケースが多いかもしれません。
自分で撮影した空の写真も使えますので便利ですね。自分で撮影した空の写真の使い方は最後に説明します。

例)空に雲が無いケース
元画像
スクリーンショット 2020-10-25 182946

空の置き換え →雲一つ無い空に雲を足してみる。
スクリーンショット 2020-10-25 183303


例)空のハイライト部分が白とびしてしまったケース
元画像
スクリーンショット 2020-10-25 182602

空の置き換え →同じ時期に出そうな雲を合成
スクリーンショット 2020-10-25 182848

イメージ写真を作成する時には非常に便利ですね。
被写界深度までは調整してくれませんので、背景になる空画像をぼかす必要があったりしますが、それでもクリック一つでここまで出来るとは驚きです。

つづいて、「空を置き換え」のパラメーターの説明やそれぞれの調整方法などについて書いていきます。基本的にはデフォルトのままで非常に完成度が高いです。
なのでワザとパラメーターの変更が必要な写真を使って解説してみようと思います。

Photoshopの描画モード「減算」「差の絶対値」を使って高彩度低彩度の調整をコントロール

今回はPhotoshopネタを書こうと思います。
高彩度部分のみを選択、もしくは低彩度部分のみを選択する方法になります。


なぜ色相・彩度調整にマスクが必要なのか

なぜそんな選択の方法をするかといえば、例えば彩度が高くなってしまった画像の高彩度部分だけを落としたり、もともと彩度の高い部分は彩度を上げずに、それ以外の比較的彩度の低い部分だけ彩度を上げたりすることが出来るからです。
Photoshopの「自然な彩度」よりも自分でハンドリングしやすく私は多用している調整方法になります。
非常に特殊な技法ですが、今回のような独自で考えた技法が多数にあるので、とりあえず一つづつ公開していこうかなと思っております。


高彩度の部分をマスクして他の部分の彩度を上げた写真

言葉で書いても分かりにくいと思うので画像を少しUPします。
最初の画像はこれ。画像クリックして拡大しないと分かりにくいかも知れません。
彩度比較3

一番左側が元の画像です。
真ん中の「マスク有」と書かれている画像が今回の方法で「色相・彩度」にレイヤーマスクを作成して彩度を上げたもの。
一番右の「マスク無」と書いてあるのが通常の「色相・彩度」で彩度を上げたもの。

ドローンでの事故を防ぐためには。冬のバッテリー温度低下や真夏のバッテリー膨張など

今回はドローンによる事故やトラブルの実際や、実際に私が経験したトラブルの一例、そしてトラブル回避に関して稚拙ながら私が実際に行っている方法などを書いてみようと思います。
最初にドローンのトラブルや事故事例について見てみます。


「無人航空機に係る事故トラブル等の一覧」に機体名が追加


国土交通省のHPでは報告があった事故に関して、まとめた一覧が公開されています。
その報告一覧ですが令和2年度から大きい変更がありました。その変更点はドローンの機体名が追加されたことになります。

doro-nn


※国交省が公開している事故トラブル情報は年度ごとに以下にまとめられています。
上記のサイト内にある【 5.無人航空機による事故等の情報提供 】  を参照

以前は「マルチコプター」や「ヘリコプター」「飛行機」などざっくした分類でしか報告書に明記されていませんでした。
機体の登録制度が始まったからなのか、令和2年度からは「DJI社製INSPIRE2」など正式名称が記載されております。

この一覧表を見ると、最新型のドローンであっても落ちるときには落ちる。フェイルセーフ機能が付いていても過信しては絶対にいけないと実感することが出来ます。

最新型のDJI製ドローンなどはプロポの電波が届かなくなった場合に自動帰還であるリターントゥホーム(RTH)が行われ操縦者もしくは離陸地点へ戻るはずなのですが、このRTHが利かずに墜落するケースも確認することが出来ます。


〇具体的な無人航空機の事故事例の一部


報告書の一部を引用すると
  • 電波の通信状況が悪化し、帰還操作を行うも機体は帰還せず、山中に紛失した。
  • 空撮のため飛行中、突風に煽られそのまま落下した。
  • 空撮のために飛行していたが、突如プロポ接続がエラーとなり壁に衝突し墜落した。
  • 海上を飛行途中で電波接続が断となり墜落した。

事故報告001


ここで紹介した事故に関しては最新型のドローンであれば回避できそうに考えてしまいそうですが、実際には事故となる事実があります。


〇ドローンのフェイルセーフや安全機能は働かないのか

エアコン室外機の騒音問題。低周波音を無くしベランダから来る振動を抑える方法

エアコン室外機の騒音対策を施してみた・ベランダ編


エアコンの室外機の設置場所によっては室外機の騒音が気になる場合があります。
壁面やベランダ、屋根などは特に騒音が気になる場合があると思います。

今回初めて、エアコンの室外機を地面ではなく2階のベランダに設置したのですが、ベランダからの室外機の騒音と、ベランダ直下の部屋へ響く低周波音に悩まされました。特に2階ベランダの下の部屋へ響く音は本当に耳障りです。


室外機00041-illustration

色々と対策をして、現在はストレスゼロ!
直下の部屋への音は耳を澄ましても聞こえないレベルに減りました。ベランダ隣接の部屋もファンの回転音だけが小さく聞こえる程度になりストレスは無くなりました。

ネットを見ると困っている方々予想以上に多いことに気が付きましたので私の対策も何かの役に立つかもしれませんので載せておきます。

フリー写真 商用利用が可能な日本全国の絶景写真素材!撮影スポットの地図も公開

・商用可能な「FIND/47」の紹介
・有益なグーグルマイマップの紹介と検索方法

今回はこの2つの紹介をしようと思います。

はじめに経済産業省が2016年にサービスを開始した「FIND/47」。
47都道府県の絶景写真を網羅しつくすことを目的として立ち上げられました。立ち上げ当初は各自治体などからの提供写真が多かった記憶がありますが、現在では個人からの投稿写真も増えてきています。商用でも無料で使える点は良いですね。経済産業省が公開している安心感もあります。
FIND47 2
「FIND/47」

なぜか認知度が低くネットでも最近はサービス名を聞きませんね。(写真の枚数が数千枚あるわけでは無いので枚数の問題かな)

サイトの見栄えはよく地図や一部のEXIF情報も表示されているなど、よく作られています。
ただ写真を「探す」という点においては別ウィンドウで開くことがブロックされていたり、日本地図上で探すことが出来なかったり、探すことを目的とした場合はちょっと使いにくかも。
だた、クリエイティブ・コモンズライセンスで公開されていますので商用利用が無料で可能な点は大きいですよね。

---------クレジット表記方法----------
【写真素材のタイトル】、©【写真の権利者としてFIND/47において表示された者】、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)
----------------------------------------
ウェブ使用の場合はリンクを貼り付けること、紙媒体の場合はアドレスを表記すれば上記クレジットを表記すれば商用でも利用可能です。


もともとは海外からのインバウンドを目的に作成されたようです。FIND/47は、景色の綺麗な写真を一般ユーザーに投稿してもらい、それを世界中の人が2次使用することで海外の方々にも日本の素晴らしい景色を知ってもらおうというもの。
もちろん「FIND/47」 サイトで閲覧することも想定しているでしょうが、どちらかというと投稿と配布に重視が置かれているような気も。

これは経産省の取り組みですが文化庁では日本遺産の認定を行って日本遺産を世界にアピールしていく取り組みをしています。インバウンドなどの取り組みは省庁横断的に国交省、経産省、文化庁などが連携して進めていったほうが良さそう。現実的には難しいんでしょうけどね。

日本の絶景を探すには絶景サイトや書籍、パンフレットなど沢山あると思いますが、公開されているグーグルマップってのもあります。
とりあえず、「FIND/47」 で公開されている無料写真素材を何枚か紹介してみます。

北海道

ジュエリーアイス

撮影地:〒089-5300 北海道中川郡豊頃町
hokkaido-Jwelry_Ice-s.jpg
ジュエリーアイス © IKEMON750 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)




旧国鉄士幌線 タウシュベツ川橋梁

撮影地:〒080-1403 北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷 糠平湖
hokkaido-(Japanese_National_Railway_Shihoro_line)_Taushubetsu_River_Bridge_-s.jpg
北海道 旧国鉄士幌線 タウシュベツ川橋梁 ©上士幌町 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)



青森県

八甲田山

撮影地:〒030-0111 青森県青森市大字荒川寒水沢
aomori-Mt_Hakkoda-m.jpg
青森県 八甲田山 ©青森県 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)



銚子大滝

撮影場所:青森県十和田市大字奥瀬
aomori-Choshi_waterfall-m.jpg
銚子大滝 ©TAKAO_Tsushima クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)


山形県

蔵王温泉スキー場 樹氷

撮影場所:〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉三度川
yamagata-_Snow_Monsters_,_Zao_Onsen_Ski_Resort-m
 蔵王温泉スキー場 樹氷©蔵王ロープウェイ クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)



福島県

浄土平

撮影場所:〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山
fukushima-Fukushima_Jodo_daira-m.jpg

新潟県 

黄金の輝き(福島潟)

撮影地:〒950-3324 新潟県新潟市北区前新田乙493 

ドローンで川の上空(河川敷)を飛行させたい時の申請先の探し方や許可の取り方

川の上空をドローンで飛行させたい!でも他人の目も気になるし、本当に河川敷でドローンを飛ばしてよいのか知りたい。そんな方も多いはずですよね。
そんな方の為に基本的な河川敷でのルールを書いてみようと思います。
大前提としてドローンを飛行させる場合には飛行可能な場所であっても航空法を遵守した飛行をさせてください。

河川敷のドローン


次の点について順番に書いていきます。

  • 河川法ではドローンの飛行は禁じられていない
  • 自治体ルールで河川敷でのドローン飛行を禁止している場所もある
  • 河川敷であっても人口密集地や空港近くは注意
  • 飛行可能か不可かの確認は河川事務所へ確認する必要がある
  • 河川の管理事務所の探し方
  • 河川敷での飛行許可の実際は?
  • 代表的な川(河川敷)でのドローン飛行の可否について

ドローンの民間資格とは?ドローンスクールの比較の前に講習団体を管理する団体のチェックが重要

私がドローンスクールを選ぶ際に一番悩んだのはスクールが多すぎる!という点。
費用もかなりの違いがあり、何がどう違うのか全然分かりませんでした。

ただ調べていく内にスクールごとに管理団体があり、その管理団体にぶら下がる形で各ドローンスクールがあるということに気が付きました。
この管理団体ごとに民間資格がありスクールはその資格を認定するためにあることを知ったんです。なので重要なのはスクールの前に管理団体を知ることなんだと。

その団体は国交省からPDFで公開されています。
航空局ホームページに掲載されている講習団体を管理する団体
2020年3月現在で43団体あります。

この43団体がそれぞれ独自の講習プログラムを用意し講習修了者に民間免許を付与する形式になっています。
実際に講習するのは、これらの団体が管理するスクールになります。
フランチャイズチェーンのように100を超えるスクールを管理する団体もあれば1カ所のみのスクールを管理する団体もあります。

ドローンスクールを選ぶ際にどこのスクールにするか迷うのが最初の関門だと思いますが、その前にどの団体の民間資格を取得するのか決めた方がスクールを決めやすいです。
というのも管理団体に紐づけされているのが各スクールですので、スクールの特色というよりも管理団体の特色がスクールに影響しているからです。
講習プログラムも価格設定もスクール独自の設定よりも管理団体が決めたものの中で各スクールで独自色を出すことになります。

最初にこのことを理解してからドローンスクールを選ぶ方が迷いにくく失敗もしないと思います。
選ぶ際に重要なのは「技能認証に含む飛行形態」や講習内容です。
技能認証に含む飛行形態とは講習を修了し資格を得た場合に以下の項目のどれが認定されるのか。という点です。

「技能認証に含む飛行形態」
  • 人又は家屋の密集している地域の上空
  • 人又は物件と30mの距離が確保できない飛行
  • 進入表面等の上空の空域
  • 地表又は水面から150m以上の高さの空域
  • 夜間飛行
  • 目視外飛行
  • 催し場所上空の飛行
  • 危険物の輸送
  • 物件投下

もしも夜間の飛行を業務上求められる場合は夜間飛行についての技能証明がもらえなければ意味がありません。もちろん独自に練習をすれば夜間飛行について国土交通省へ申請依頼することは出来ますが、それが難しいからスクールへ通うわけですよね。ならばスクールの講習内容に夜間飛行についての講習があり技能証明として夜間飛行が有効でなければ意味が無いです。
同様に危険物の輸送や物件投下についても技能認証に含まれていない団体が多数ありますから気を付けてください。


ここでは有名な管理団体をいくつか紹介しようと思います。

驚愕!iPhone11のナイトモードカメラが本当に凄い。使い方と撮影時の注意点

iPhone11シリーズの「ナイトモード」とは


9月20日にiPhone11が発売されました。
私は発売日当日に購入したのですが、実は少し前までグーグルスマホのPixel3に乗り換えようと本気で考えていました。
理由はPixel3の「夜景モード」に魅力を感じていたからです。

しかしiPhon11シリーズにも「ナイトモード」カメラが搭載されるとの話を聞いてiPhone11の購入を決めました。
実際どのぐらい明るく撮影できるのか撮影した写真をUPします。
ナイトモード1
ナイトモード4

左側の写真がiPhone11のナイトモードカメラで撮影した写真です。非常に明るく撮影できているのが分かります。撮影時間(シャッタースピード)は共に3秒。

Pixel3の「夜景モード」とiPhone11シリーズの「ナイトモード」に共通しているのは暗い場所を明るく撮影できるということ。
ただ単に明るく撮影できるだけでなく高感度ノイズを可能な限り低減させているのも共通しています。
両者の機能とも明るいレンズを使用し高ISO感度で処理するという王道の方法だけでなく、複数枚の写真、もしくは数十枚の写真を撮影してスマートフォンのCPUを使用してコンポジットします。
そのことによって暗い場所を明るく綺麗に撮影できるようにしています。

これはPixel3が最初に搭載したわけでなく日本のコンパクトデジカメには以前から搭載されていた手法ですがスマートフォンに搭載し機能を強化したことにより爆発的な人気となった機能です。

加算平均や比較明などの合成(コンポジット)手法によりノイズの無い綺麗な夜間撮影を可能としていますが詳細の技術に関しては特許情報を読むまでは私などには分かりません。

しかし結果としてiPhone11が出してきたナイトモード撮影写真が想像を遥かに超えた良質のものであったことは確かです。凄い。本当に素晴らしい技術を搭載してきたなぁというのが率直な感想。