MENU

二等無人航空機操縦士の学科試験内容!公式サンプル問題が公開(国家資格)

今回は、国家資格のドローン免許である一等、二等無人航空機操縦士の学科試験に関しての話題になります。

民間のドローンスクールに通って国家資格のドローン免許を取得するにしても、直接国の試験場で一発試験を受けるにしても、絶対に避けて通れないのが学科試験です。

学科試験の概要ですが以下のようになっています。

  • <実施方法>全国の試験会場のコンピュータを活用するCBT (Computer Based Testing)
  • <形式>三肢択一式(一等:70問二等:50問)
  • <試験時間>一等:75分  二等:30分
  • <試験科目>無人航空機に関する規則、無人航空機のシステム無人航空機の操縦者及び運航体制、運航上のリスク管理
  • <有効期間>合格後2年間

 一等無人航空機操縦士、二等無人航空機操縦士ともに、合格には90点が必要だといわれています。

すでにドローン免許の教則が公開されていますので、1等ライセンスや2等ライセンスの学科試験を受けるなら絶対に読んでおくことをオススメします。これを基に試験内容が作成されるはずですから。

全部で70ページほどありますが、既に独学で勉強してドローンを飛ばしている人や、民間ドローンスクールの資格を取得している人にとっては、聞いたことのある内容でしょうから、それほど難しい内容ではありません。試験前に一度目を通しておくことをオススメします。

さて、ドローン免許を取得するには、「身体検査」+「学科試験」+「実地試験」をクリアする必要がありますね。
身体検査は1等ライセンスの25キロ限定解除以外であれば、運転免許等の提出で省略することが可能です。
実地試験に関しては、スクールへ行けば免除されますが、学科試験に関しては必ず受験する必要があります。

ということで、ドローン免許の学科試験内容が気になっている方も多いのでは?と思いますが、つい先日、国交省からサンプル問題が公開されましたのでご紹介します。

操縦ライセンス制度学科試験(二等)サンプル問題

WS000009_20220916222220191.jpg

[サンプル問題1]

無人航空機操縦者技能証明及び機体認証を受けていない場合であっても航空法に基づく国の飛行の許可又は承認が不要な飛行として、正しいものを1つ選びなさい。
  a.日没後の飛行
  b.イベント上空での飛行
  c.人口集中地区に該当しない地域での高度150m未満の飛行
<正答 C>
サンプル問題1は許可承認に関してになります。日没後やイベント上空であれば承認が必要ですが、DIDに該当せず高度150m未満であれば許可も承認も要りませんからね。ただこの場合でも目視外であったり人や物件と30mの距離が保てないであれば承認は必要ですが、そこは特段書かれていないですから正答はCになりますね。

[サンプル問題2]
夜間飛行を行う場合に機体に求められる装備として、正しいものを1つ選びなさい。(飛行範囲が照明等で十分に照らされていないものとする。)
  a. 飛行時に機体を認識しやすい塗色
  b. 障害物との衝突防止のための赤外線センサ
  c. 機体の姿勢及び方向が正確に視認できる灯火

<正答 C>
サンプル問題2は夜間飛行に関しての知識を問われる問題になっています。夜間飛行に関しては教則にも、夜間飛行のために必要な装備として「無人航空機の姿勢及び方向が正確に視認できる灯火を有することが求められる。」と書かれています。ですので正答はCになりますね。機体を認識しやすい色で塗っていても夜間であれば見えませんしね。センサーは近くに物件があれば役に立ちますが、夜間飛行において灯火以上に最優先されるものではありませんよね。

[サンプル問題3]
無人航空機の操縦者に課せられる義務として、誤っているものを1つ選びなさい。
  a. 飛行前に外部点検と作動点検により機体の状況を確認する。
  b. 事故による機体の損壊や紛失に備えて、機体保険に加入する。
  c. 事故時は、負傷者の救護等、危険を防止するための措置を取る。
<正答 b>

サンプル問題3は操縦者の義務について問われています。誤りを答えさせる問題です。保険に関しては義務ではなく推奨されていますから、「義務」かどうかを聞かれている場合はbが正答になりますね。義務ではありませんから。ただ実際にはドローンの飛行に関しては第三者に損害を与えることが想定されますから賠償責任に関しての保険に加入していなければ怖くて飛ばせないですよね。
カテゴリーIII飛行の場合には、飛行の内容に応じた保険に加入していることが推奨されていて、おそらく保険に加入していないと飛行の許可がほぼ降りないのでは?と思います。
[サンプル問題4]
気象が無人航空機の飛行に及ぼす影響の説明として、正しいものを1つ選びなさい。
a. 低温時はバッテリー性能が低下する。
b. アスファルトの地表面が暖められると下降気流が発生し機体が減速する。
c. 高温時は空気密度が増加し飛行性能が向上する。
<正答 a>
サンプル問題4に関しては飛行に及ぼす影響としていくつかの例を明示され正しいものを1つ選び出す問題になっています。
これは低温時にバッテリーは確実に性能が低下するので正答はaで間違いないですね。冬の飛行に関しては特にバッテリー温度に気をつけて皆さん飛ばしますからね。バッテリーを温めずに飛ばすなどありえない危険行為ですから即答かと思います。
他の選択肢もよく考えれば逆のことが書いてあります。地表面が温めれれれば上昇気流が発生しますし、気温などが高温になれば空気の密度は減りますので飛行性能は低下します。真夏のヘリでのフライトは気を使うようですしね。あまりに気温が高温の場合にはフライトを止める場合もあると聞いたことがあります。

ということで、2等ライセンスに関して4問ほどのサンプル問題が公開されました。サンプル問題だけ見るとそれほど難しくはなさそうですが、気を抜くと失敗するかもしれませんから、しっかり勉強していくことにしましょう。
国交省が公開したPDFに関しては以下にリンクを貼っておきますのでご確認ください。
1等ライセンスに関してはかなり難しい問題が出るのですかね。サンプルを早く見たいものです。合格したら2年の有効期限がありますから、試験が始まったら2等も1等も2つとも受験するなんて手もあるかも。

【操縦ライセンス制度学科試験(二等)サンプル問題】
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer
Blood Type : B 

Photographer
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)

写真関係やドローン関係を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメントする

もくじ