TOP > 未分類/写真・カメラ関係含む

マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・

マウントアダプターについて素人なものでデジカメWatchの「ミラーレスユーザーのための最新マウントアダプター入門」という記事を読んで驚きました。

ソニーのミラーレスカメラであれば、マニュアルフォーカスレンズであってもオートフォーカスレンズのように使えてしまうマウントアダプターがあるだそうです。
その世界に詳しい人からしてみれば「当たり前」と言われてしまいそうですが、オールドレンズとか使って一眼レフで撮影をしないものでマウントアダプターの世界を勉強不足でした。

古いレンズを使ったことが無いかと言われれば「No」であって、4×5カメラではオールドレンズを使って撮影したりしていたので魅力は知っているつもり。ただ一眼レフはあくまで仕事の道具なのでオールドレンズを使う機会がありませんでした。

以下に貼ったリンク先の記事等でマウントアダプターの詳細については読んで頂ければと思うのですが、デジカメWatchの記事を読むと、MFレンズもTECHART(テックアート)の「LM-EA7」というマウントアダプター経由でソニーのミラーレス機に装着した際はアダプター内の小型モーターを使ってAFを実現しているそうです。まさにキワモノ中のキワモノアダプター。

オールドレンズはMFで使うのが良いんだよ!AFだったら趣がないじゃないか!と言われれば返す言葉もないのですが・・・^^;
ただ、こういうアダプターがあるということに驚きました。マウントアダプターと一言でいっても奥深いなぁと。

あと気になった記事といえば、サムスンのスマホカメラのボケ機能紹介写真が実はストックフォトサイトで購入した一眼レフで撮影された写真をレタッチされたものだったという酷い話やハッセルブラッド・ジャパンが、ポートレート撮影講座を2018年11月17日に開催した模様を記事にした話などをリンクしておきました。気になる方はどうぞ。

ミラーレスユーザーのための最新マウントアダプター入門:フルサイズ編:AFや手ブレ補正が動作する「スマートアダプター」を紹介 持っているキヤノンEF/ニコンF/ライカMレンズを活用しよう

マウントアダプターの種類と選び方まとめ ミラーレス一眼に合うマウントアダプターを買うには? |中古フィルムカメラとオールドレンズの通販専門店

サムスン、スマホカメラの「サンプル写真」にストックフォトを流用、撮影者にバレる - Engadget Japanese

写真家必見!ウユニ塩湖とボリビア周遊ツアー9日間-2019年3月

プロはポートレートをこう撮る!目からウロコのスゴ技をモデル撮影現場で見た | CAPA CAMERA WEB

Samsung Caught Using DSLR Photo to Fake Its Phone's 'Portrait Mode'



マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ

どうでも良いこと第二弾!
最後に気になるリンクを貼っています。
文章は個人的な備忘録ですのであしからず。


一眼レフカメラからミラーレスとなる一眼カメラへと移行しつつある時代になってきましたが、今度は一眼というシングルレンズカメラから複数のレンズを持つマルチレンズカメラへと移行していく時代がスマートフォンなどコンパクトなカメラのカテゴリーでは進みそうな予感がします。

というのもiPhoneでは既にデュアルレンズカメラが当たり前のようになってきていますし、Light L16 Cameraでは名称の通り16個ものレンズを搭載しています。

フィルムの時代でこそ低ISO感度でなおかつ大きなフィルムを使うことでしか解像度を上げることは不可能でしたが、デジタルになった今では複数のレンズに複数の撮像素子へ取り込んだデータを重ね合わせることで良い画像を生むことが可能となりました。
今話題の 「Pixel 3」もシングルレンズではあるものの、Night Sightでは最大15枚もの写真を重ね合わせることで一枚の写真を作り出しています。

マルチレンズカメラと違って軸の差が無いことから重ね合わせが比較的容易でノイズや解像度を上げることが可能です。シングルカメラでありながら、AIを使って深度解析を行いマルチレンズカメラを凌駕する部分がある点は凄いですよね。
一方マルチレンズカメラであれば焦点距離の違ったレンズを使用することも可能な時代となってきました。
構造上ズームレンズを内蔵できないようなコンパクトな筐体であっても焦点距離の違うレンズを複数使うことで疑似ズーム機能が付くことも可能なようです。




最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる

どうでも良いことを長々と書きました。多くの人には興味の無いことかと。自分の頭の中を整理するためにコンピュテーショナル・フォトグラフィーについて書いたので、すご~く暇な人は読んでみて下さい。

最近スマートフォンのカメラの機能が劇的に進化し、よく聞くようになった言葉の一つに「コンピュテーショナル・フォトグラフィー(Computational Photography)」というものがあります。この言葉自体はかなり昔からありますが最近特に注目されている気がします。

コンピュテーショナル・フォトグラフィーとは言葉通りコンピューターが作り出す写真のこと。もう少し丁寧に書くならばコンピューターによって高度な画像処理を施された写真とも言えるかと思います。
今までも各社のデジカメには画像エンジンによってRAW画像がRGB化される時にコンピュータによる画像処理が行われていますので、デジタルカメラである以上は、基本はコンピュテーショナル・フォトグラフィーと言えるとは思うのですが、最近使われている意味は、通常の演算処理では行われない別の意味でのComputationalな写真のことのようです。




Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!

待望のニコンのZ6が発売されましたね。

Z6はZ7とは違って画素数は高くはありませんが、そのかわりに連射性能や高感度ノイズ耐性が優れていると言われています。


操作性能や使い心地に関しては以前に少し書きましたので今日はISO100から高感度であるISO6400までの1段刻みでの比較や超感度と言われるISO12800~ISO51200まで含めて撮影したものを画面キャプチャで比べていこうと思います。


もしも実データで見比べてみたいという方が多ければサーバーにUPしようかと思いますが、とりあえずはLightroomで100%表示した状態のもので比べてみようと思います。その方がパッと見で分かりやすいので。


撮影データに関してはLサイズでプログラムオートです。ホワイトバランスもAWB。スタジオなどでの厳密なテストではありませんのでご了承下さい。解像度テストや被写界深度テストでは無いので感度別での質感やノイズに関してのみ参考にして頂ければと思います。


ちなみに撮影に使用したレンズはZ24-70 F/4のZシリーズ用の新型レンズになります。

撮影データの詳細に関してはLightroomのEXIFデータ部分もキャプチャしておきましたので参考にしてみて下さい。


EXIFデータ内の一部分だけ削除している部分があります。それは大人の事情ということでスルーしてください。


各画像はクリックすると拡大します。

そのままだと比較しにくい場合には拡大しながら確認してみて下さい。


それではISO感度別比較画像を貼り付けていきます。真ん中より若干左側のモミジを見ると差が分かりやすいかも知れません。

高感度を比べるならば夜景のほうが作例としては適切かと思うのですが時間の関係上日中の撮影になってしまいました^^;



まずはISO100

aISO100.jpg 

つぎにISO200

aISO200.jpg 





アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています

今日は日産の「ゴーン会長逮捕へ」のニュース一色ですね。金額が大きすぎてついていけませんが・・・^^;

さて、月刊誌『アサヒカメラ』で連載されている「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の記事がAERA dotで一部公開されているのでご紹介しておきます。

もう最新刊の12月号が出ているタイミングですが11月号での連載は
●写真好きのための法律&マナー SEASON 2 第5回
・肖像権、著作権、プライバシー権、盗撮、施設管理権…
・いまさら聞けないスナップ撮影・写真発表の「落とし穴」吉川明子

この2つの連載がAERA dotで抜粋として公開されています。抜粋といっても非常に濃い内容になっていますから面白いです。

私もカメラ雑誌は数誌定期購読しているのですが、以前と比べると特集が減ってカメラメーカーの広告記事?みたいな内容が増えている雑誌が見受けられますよね。それがちょっと残念。そういう情報のほうがニーズがあるのでしょうか。

どんなにカメラが良くなっても、撮る側の技術レベルにもよりますからね。CAPAなんかもデジキャパの時代は技術系の分野に力を入れていて結構面白い雑誌だったのですが、最近はカメラの最新情報に特化していますね。デジキャパが届かなくなったから何で?と思ったら休刊^^; あの時はショックでした。デジキャパは写真を初めたばかりの人や写真を上手くなりたいという方々にオススメしていたので。

月刊カメラマンなんかも有名ですが、やはりフィルムカメラ時代と違って新製品の登場サイクルが短くなった関係もあって、新製品情報がニーズがあるのかも知れませんね。個人的には残念な流れ。

雑誌のコラムページや技術や解説などの特集ページが私は好きなので、今回紹介したような特集は嬉しいですね。デジタルカメラマガジンも新製品情報のページが多いものの、「いまさら人には聞けない大人の光学入門」などのマニアックな連載が大好きです^^;

余計な話が長くなりそうなのでアエラのリンクを下に貼っておきます。
ちなみに今の連載はシーズン2でシーズン1の特集は書籍になっています。リンクは貼りませんが「写真好きのための法律&マナー」というムックです。アマゾンで検索するとすぐ出てきます。こういった著作権関係が気になる方には面白い本だと思います。

その他気になったリンクを下に数本貼り付けておきます。




7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方

Googleが開発した静止画フォーマット「WebP」(ウェッピー)ってご存知でしょうか?
2010年9月にグーグルが公開した画像圧縮形式なんです。フォトグラファーでは使っている人は皆無かと思いますが、結構優秀な圧縮性能を持っています。

JPEGやPNG形式と比較しても1/4程度までファイルサイズを小さくでき、若干の劣化を許せるならばタイトルにあるように1/7~1/8程度までは圧縮可能です。

同程度の画質ならば以前紹介したグーグルフォトの圧縮よりも優秀かも知れません。グーグルフォトの圧縮もメチャクチャ優秀ですが・・・。以前のエントリーはこちらです。

Googleフォトは "データが圧縮され劣化して使えない" は本当か? 実際に比較した結果が凄かった。|パソコン全般 デジタル@備忘録

 

Webpの圧縮性能以外で特徴的なのは、非可逆圧縮でもアルファチャンネルが扱えること。GIFやPNGのように透過した画像であってもWebp形式ならば対応することが可能らしいのですが、紹介したプラグイン等ではアルファチャンネルは対応できていませんでした。なので絶対出来るという確証はありません^^;
なぜだろう。ただ技術的には可能らしいです。

オンラインで手軽に「WebP」形式に圧縮できる「Squoosh」が公開されたので試してみました。
大倉山スキージャンプ上の全景を写した写真の一部分を比較した写真が下の画像です。

Webp圧縮比較2


左側がオリジナルデータでサイズは7.67MB。右側がWebpで圧縮した写真でサイズは驚きの988KB。圧縮率は自分で選べますが、とりあえず7MB程度の画像を7分の1の1MBまで落とした時にどうなるか試してみましたが、100%表示程度では差が分かりません。200%や300%になってくると差が見えてきます。





ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・

たった、一瞬で久しぶりに長い文章を頑張って書いていたのに、画像の挿入をしようとしてページを離れた瞬間に書いていた長文の記事が消えてしまいました~~~。だからWEBソフトで記事を書くのはイヤなんだよ~~。最悪。

せっかく久々に熱の入ったいい記事だったのに^^;
あ~~~。もう今から書き直す時間もモチベーションも無いので残念ながら書きおなしません。は~~~。

ソユーズがミールにドッキングする直前の描写とか最高だったのになぁ~。なんのことやらですよね^^;
でも、天体少年の諸君、天体おやじ、いや天体壮年の方々、以下のリンクだけは見て欲しいです。
知っている人は少ない?国際宇宙ステーションから撮影された比較明合成写真です。




二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。

AIの時代が間もなくやってくる。そんな特集がNHKでもやってました。多くの職業がAIに奪われる時代がすぐ先にあると。
宅配便までもがAIに取って代わられるそうだ。
ただ、日本では長い長い階段の先に家があったりする場合も多く宅急便は無理だろ~と思ってました。
そもそもロボットが荷物持って階段駆け上がるのか???宅配便のロボット化なんて想像もつかない。そう思ってました。この動画を見るまでは・・・。
WS000017
階段をジャンプしながら駆け上がる二足歩行ロボット。
だれがこんなの実際に作れるって想像しました?ちなみにこのボストン・ダイナミクス社の人型ロボット「アトラス」と呼ばれるロボットはバク転も出来ます^^;

30秒ほどの動画、ぜひ見てみてください。



それ以外にも驚きのロボットがあるんですね~。スポットミニ、ビッグドッグ、ハンドル、ワイルドキャットなどなど、信じられないようなロボットがこちらの動画では次々に出てきます。最新のロボットがどんなものなのか一見の価値ありますよ。ぜひ。



技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真

今日のホットな写真関連話題はオモシロ画像。
話題としては2つあるので続けてご紹介しようと思います。

1つ目はアメリカで話題のクラウドソーシングサービス「fiverr」で3つの価格帯のレタッチャーに写真補正をお願いした結果が抱腹絶倒というもの^^;

ユーチューブにチャンネルをもつIrene Rudnyk氏が動画でアップしているのですが、「fiverr」でphotoshopと検索して3人のレタッチャー?に写真レタッチの依頼をした結果が驚き。
3人は価格帯でそれぞれ選ばれていて1枚の写真レタッチの価格は以下の3つ。

  • $0.25
  • $5
  • $10

依頼した写真はこちら
WS000005

この写真を肌は綺麗に、目は明るく、全体的には鮮やかで暖かいものにして欲しいと3人に依頼します。


そして$0.25で依頼して出てきた画像がコレ^^;

WS000007
WS000008

いくらなんでもコレは無いだろ~。こうする方が難しい。
どうなっちゃてるんだ。いくら$0.25でもね~。ネタだと思いたいレベル。

$5で仕上がって来た写真はこちら。
WS000009

おお。前の写真を見てしまうとスゲ~良い出来栄えに見える!
ただ依頼主がお願いしたイメージとは少し違う感じですね。

$10がこちら

WS000010


5ドルのものより暖かさが出ました。
イメージも依頼人の思っているものに近いかも知れません。
3つ並べると・・・

名称未設定 1

やっぱりヤバイ^^;
以前宗教画をおばちゃんが修正したらトンデモ絵画になっちゃった話がありましたが、それに近いwww

気になった方はぜひソース動画を御覧ください。




そして、2つめの話題は勘違いから生まれたオモシロ写真。

ツイッターで話題になってました。
カメラマンの勘違いから生まれた奇跡の一枚!

---------------------------------
㈱セルタン採用チーム@とりこらぼ‏ @cellutane01 10月10日

新作の巨大ビーズソファが大きすぎて使用イメージが湧きにくいので『テレビ観てる感じの生活感ある画像が欲しい』とカメラマンに頼んだ結果が此方です。 そうじゃない。
--------------------------------



WS000016


WS000015


じゃ~~~ん!
ソファーがテレビ見てくつろいじゃってる^^;
さすがにコレは無いでしょ。これもネタだと思いたいwww

写真としては面白いですよね~。この写真のおかげで会社も予想外の広告になったようです。

オモシロ写真2つのご紹介でした。



知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復

モノクロ写真が好きな方なら一度は名前を聞いたことがあるかも知れません。
テレビニュースやがっちりマンデーなどの番組でも何度か取り上げられた有名な白黒写真修復のプロフェッショナルです。

印画紙にプリントした画像が薄くなったりしたものを見事に蘇らせる技術をもつ日本でただ一人の写真修復師さん。不可能を可能にしたと言われる修復技術、気になりませんか?
ユーチューブにもいくつかの動画が上がっているので下に貼り付けておきます。

長期間立つとフィルムも印画紙も経年変化を起こしてきます。特に定着不足の印画紙なんかは結構早く退職してきますよね。そういった印画紙やフィルムを見事に修復させてしまうというのだから驚きです。デジタル的に修復させるのではなく科学的に修復させるのが村林さんの特許技術。

印画紙の修復は、最初に汚れを水で洗い流し印画紙の膜面に水を含ませた後、まずは硬膜処理をするそうです。そして変色した銀化合物を漂白剤で漂白し水洗。残留した漂白液の分解や漂白によってできたハロゲン化銀の露光・・・・・・

え~、文字にしたところで誰も真似できない技術でしょうからやめておきます^^;
 
この技術で今年の第五十二回、吉川英治文化賞を受賞されました。
フィルムメーカーでも実現できなかった修復を可能にした村林さんの技術。お父様の写真を元通りに復元することを目的として頑張ってこられたのだとか。素晴らしいですね。
 
5~6年前にテレビで見た時には「多いときは月に50枚ほどの修復依頼がある」とのことでしたが、有名になった現在は更に依頼が増えているかも知れませんね。






| ホームへ | 次ページ