TOPドローン

こういう墜落があるからマルチコプター(ドローン)は怖いなぁと思ってしまう動画

Phantomをはじめ、多くのフォトグラファーの心を掴んでいるマルチコプターですが、いざ導入しようと思うと墜落時の対応などを考えると躊躇している人も多いはず。

そんな人をさらに躊躇させるであろう動画が^^;



マルチコプター(ドローン)の天敵と言えば強風や突然な雨などを思い浮かべると思いますが、別な敵も・・・。
マサチューセッツ州のマガジンビーチパークで飛ばしたPhantom FC40が見事墜落させられる現場を捉えた貴重な動画がYoutubeにアップされています。


これって鷹とかが生息する場所だけの問題でしょ?と思う方もいるかも知れませんが、実は名古屋のテレビ塔近くで飛ばしていたマルチコプターがコウモリに落とされた事例もあったりします。名古屋の中心街でマルチコプターを飛ばす方も飛ばす方ですが・・・。

通常日本でマルチコプターなどラジコンヘリ類を飛ばす場合には地上から高度250メートル以内と決まっていますが空港周辺など場所によっては高度150メートル以内となっています。名古屋のテレビ塔近くで飛ばしてコウモリと接触して墜落させた人物は150メートル制限を超えたということで逮捕、書類送検されたようですが・・・。

書類送検されることよりも、もしも人に当たって大惨事になっていたらと思うと、こういった鳥などとの衝突事故は見るだけでも怖いですね。業者の方々は高額な(5億円とか)保険に加入して運用しているそうです。

マルチコプターの販売と保険はセットにして売り出してくれるとか、そういったサービスも今後は期待したいところ。
既にファントム2などは日本のフライト禁止エリアに対応した飛行制限地域検知機能が搭載されているそうですが、ハードそのものの安全装置は嬉しいですね。知らないうちに違法飛行になっていて気がついたらお縄なんてのは最悪ですし・・・。


今回紹介した動画以外にも鳥と接触して墜落した映像はYoutubeにあがっています。

例えばこれ↓


誰もが可能性のある事故でしょうから怖いですね。
魅力ある機材なだけに法整備含め色々と良い方向へ進んで行くことを願っています。







ドローン | 2014.10.14 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Google VS Facebook ドローンを使った空の覇権争いが始まっている | ホームへ | YONGNUOから過去のラジオスレーブと互換性のある後継機RF-605Cが登場 16chで6Group仕様>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |