MENU

不正レビュー対策!Amazonのサクラレビューを見破る方法!ギフト券商法など 

皆が気になるAmazonのベストレビュアーランキング♪
Amazonで商品を購入するときにはレビューの星の数が気になりますよね。でもサクラのレビューが多いのも事実。
本当に良い商品を購入するにはどうすれば良いのでしょう。
Amazonは不正レビュー対策に当然力を入れていて、2017年に不正レビューを大量削除したことが話題になりました。
その後もイタチごっこではありますが、不正レビュー対策は続いているようです。
Amazonレビューの買収問題について調査したことがあり、その一部を公開してみようと思います。

もくじ

不正レビューはどう量産されているのか?

ギフト券還元やPayPal入金などで買収している

私は実際に購入したものに関しては、時間のあるときにレビューを書いているのですが、以前レビュアーランキングを見てみたら2000番台でした(^^)
今現在はランキングが表示されないAmazonの仕様になっているので何番なのかは分かりませんが・・・。
しかしランキングが上って来て気になったのが不正レビュー依頼の増加。

多くが海外からの依頼ですが、「この商品気になりませんか?使ってみませんか?購入してレビューを書いてくれればPayPalで返金しますよ~」といった内容。もちろん無視しますが。

その昔は、「アマゾンギフト券をあげますよ~」といったメールが多かったように思います。
最近ではアマゾンギフト券を使うと一発でAmazonにバレてバンされるらしいので、最近はPayPalに変わっているようです。

プロフィールに連絡先を載せると連絡が来ることも

なぜ、私のメールにレビュー依頼が来たかというと、プロフィールにメールアドレスを書いていたのですが、それを辿っていたようです。不正が社会的も問題になっていた時期に調査の目的で載せていました。
調査の全てを載せることは出来ませんが、一部の悪質業者例と対策を書いておきます。

今はメールアドレスは載せていないので、ほとんどメールは来ませんが、それでも同時のデータがどこかで回っているのか、たまに来ることがあります。
Amazonのプロフィール欄にはユーチューブやTwitter、Facebookを載せられるようになっていますから、それらを辿ってレッビュー依頼が来ることが多いのだと思います。
もちろん真っ当な依頼もあるでしょうし、星5をつけてレビューしてくれたら全額PayPAlで返金しますという不正依頼が来ることもあるでしょう。
ですが、ほとんどは不正レビューの依頼ばかりかと思います。

不正レビューは常態化している

2017年に初めて大々的に対策が取られた

Amazonのレビューを書いている方はご存知かと思うのですが、昔(2017年ごろ)アマゾンレビュアーランキングが一切更新されなくなっていた時期がありました。
それはアメリカも含めグローバルに発生してようです。
その原因はAmazonが不正レビューを一掃するために一時停止し不正とみなしたレビューを全て削除しランキングを正常化するためだったとか。
かなり大きなレビュー対策だったようです。2017年に初めて大々的に不正レビュー対策が行われたのだと思います。

当時アメリカではお金でレビューを買うことが常態化していたようで、米国のクラウドソーシングサービス「Fiverr」を通じて不正レビュー依頼なんてのも当然のように売買されていたとか。たった5ドルで高評価の不正レビューを書いてもらえるとあって依頼する人も多いようです。

その当時、日本ではレビューをお金で売買するレベルが常態化はしていなかったようですが、レビュアーに商品を無料で配りレビューを書いてもらうという不正は堂々と行われていました。

メーカーによってはAmazonのレビューの★を上げるためにレビューを書いてくれる人に商品を無料で渡し高評価レビューを書いてもらっていたんです。
もちろん高評価のレビューを書いてくれとは言わないでしょうが無料で商品をもらえば悪いレビューは書きにくいですよね。それを行っているメーカーやレビュアーが非常に多かったわけです。

レビューが反映されない時は対策中の可能性も

2017年の大規模対策の際にはレビューが長期間反映されない時期がありました。
対策実施の前にAmazonが徹底的に調査対策を行っていた可能性があります。現在でもすぐにレビューが反映されないことがあるかと思いますが、その原因のひとつとして、不正レビュー対策を行っているタイミングの可能性もあります。もちろんそれ以外の可能性も多数あるでしょうから、ひとつの一因と考えても良いかも知れません。

最悪のケースでは商品を使わずにレビュー投稿されている場合も

にわかに信じられないかと思いますが、調査中に驚いたのは、商品すら送らずにレビューを書いてもらう非常に悪質なケースまであるということ。
じつは商品を使ってもらって後で返金するというケースばかりではないんです。
つまり、不正レビューに加担する人に空箱を送りつけて、レビューと写真を投稿してもらうというもの。あまりの悪質さに驚きました。
こんな形で投稿されたレビューが信用できるわけがありません。
一部を伏せ字にして公開します。

現在、新製品の販売を開始しました。商品は●●●●●●●
商品レビューを書いていただけると幸いです。
注文後、当店は空箱の宅配便を発送させていただきます。実際の商品は送りません。
空箱の宅配便が到着後、レビューを投稿してください。
コメントの内容+画像または動画を提供いたします。
商品購入金額を返金して、さらにレビュー投稿の手数料として●●●●円差し上げます。もし興味があればぜひ返信してください。 ご安心して購入ください。

当時、私も不正レビューの餌食に

そんな不正レビューの被害にあったことが私もあります。
イヤホンの不正レビューは非常に多いらしいのですが、私はそんなことも知らずにイヤホンを購入。

届いたイヤホンは見た目やケースは比較的良いのですが、ボリュームコントロールと商品説明に書かれているけれどもボリュームコントロールは無いし、iPhoneで使用していると接点エラーが多くスグに音楽が中断したり曲の途中なのに最初からに再生になったりと実用面では★1つの商品でした。

レビューの平均は★4だったか5だったか。とにかくレビューの評価が非常に高く信用して購入したのに・・・。という経験も。
詳しい知り合いに聞いたら中●製のイヤホンは不正レビューの温床なのだとか。

Amazonのレビューは気が向いた時だけ書くのですが、ランキングが上がるのが結構見てて楽しいです。
また、自分の書いたレビューが参考になることを考えるとプチ人助けというか、正しい情報をしっかり書けば次に購入する方にとっては商品説明に書かれていない情報も知ることができて嬉しいものです。

私の場合は基本は良かったものを中心に書いて悪いものは比較的書かないことが多いです。
ですが本当に心からヒドイと思った商品に関しては★1や2でしっかり書いて被害者が出ないように注意喚起していますが、今までで本当にひどかったのは先ほど書いたイヤホンなど数点ぐらいでしょうか。でも悔しい。

2017年の不正一掃対策の前にAmazonはレビューに関しての規約を変更したそうです、基本的にはAmazonで購入したものに対してレビューを行えるように改正したとのこと。

今までは買ってもないのにいくらでもレビューを書けましたからね。それも驚きの制度ですが・・・^^;
当時の不正レビュー対策によって、アマゾンのレビュー評価の信用度がアップしたものの、まだまだ不正レビューが横行しているように思います。
Amazonレビューは購入の際には結構気になりますから、こうして不正対策を継続して更に精度をアップして頂けると非常に助かります。

不正レビューを見破るにはどうすればよいのか

レビューを見て自分で怪しい商品を判断する方法

気になるポイントを自分でチェックして購入する方法があります。ほとんどの方は実践している事かもしれませんが、念のため私が調査の結果、確認しているチェックポイントを挙げておきます。

あまりに多いレビュー数

他の似た商品に比べてレビュー数が圧倒的に多い商品はレビューを買っている疑いも持ったほうが良いと思います。こういった商品は、購入後にポストカード大の案内などが入っていて、レビューを投稿してくれたら全額もしくは半額程度を返金しますよ!という商品の可能性もあります。
Amazonで多くの買い物をしている方は、こういったポストカードが届いた経験をお持ちかも知れませんね。

短期間に異常にレビューがついている

レビュー投稿日をチェックする方法です。レビュー依頼業者は一括で大量のAmazon会員にレビュー依頼をしますから、そのレビュー投稿も非常に短期間に行われ、同日もしくは数日間に一気に増えているケースが多いです。こういったレビューは疑ったほうが良いと思います。
星5のレビュー日と他の星のレビュー日があまりに違う場合なども疑ったほうが良いかも知れません。

星5が以上に多く、次に星1や星2が多い

業者は星5の依頼をすることが多く(中には星5を求めない業者もいる)星5のレビューが異常に多くなります。しかし実際の商品が良くない場合には、真実の購入者から星1のレビューが付きます。この場合、星5のレビューが多いものの次に多いのは星1や星2のレビューになります。こういったレビューの付き方をしている商品は疑ったほうが良い場合があります。

商品名を変えて販売される同一品物が多数存在する

日用品などに多いのですが、商品名は違うのに写真を見ると同じ商品にしか見えないものが多数出品されています。全てが疑いのある商品ではありませんが、バンされる可能性を考えて色々な出品者から同時に販売されているケースがあります。同一商品でありながらメーカーもそれぞれ違った表記になっていたりと、あまり信用できない商品の場合もあります。
Amazon内で同一商品が見つけにくい場合は、商品画像の上で右クリックして「画像アドレスをコピー」を選びGoogleの画像検索でURLを貼り付けると直ぐに検索結果が表示され、似た商品が出品されているか確認することができます。
商品の画像検索をすると他の販売サイトで低価格で出品されているのが見つかるケースもあり(あまりに低価格の場合は詐欺サイトの可能性を疑う余地あり)、本当に欲しい商品の場合は格安で購入できるメリットもあります。

その商品にしかレビューをしていない投稿者が多い

業者が自作自演でレビューを投稿している場合に良くあるケースです。調べるには、ランダムに投稿者を選択してクリックし、投稿者の書き込み履歴をチェックします。すると書き込み履歴が1レビューとなっているレビュアーが複数出てくる商品がありますが、そういった商品は疑うことにしています。自作自演のレビューを大量に投稿している可能性がありますから。こういった商品のレビューはあまり信用しないほうが良さそうに思います。

日本語が少し不自然

自作自演レビューに多いのですが、海外の販売業者の方が不正レビューをすることが多く、その場合どうしても不自然な日本語になっていることがあります。ちょっと日本語の書き方に不自然さがあるなぁと思った場合は他のチェック項目も調べてみることをおすすめします。

星5のレビューに写真や動画付きのレビューがやけに多い

これは業者の依頼の仕方に影響しているのですが、例えばテキストだけの投稿だと500円。写真を付けた投稿だと1000円。動画を付けた投稿だと2000円。といったように写真や動画を付けた投稿の場合に報酬を上乗せするという業者が多数存在します。ですので、星5のレビューに通常よりも多く写真や動画が投稿されているなぁと直感的に感じた場合には少し疑って他のチェック項目も確認してみることをおすすめします。

不正レビューチェックサイトを使用する

自分で調べるのが面倒だったり、自信が持てない、時間が無いという時には不正レビューをチェックしてくれるサイトを活用する方法があります。
2つほどご紹介します。

サクラチェッカー

日本のサイトで個人の方が開発した不正レビューをチェックするサイトです。サイト内の検索窓にAmazonの商品ページURLを打ち込んで検索すると不正レビューが多いかどうかをチェックしてくれます。
不正を見破るチェックポイントとしては以下の項目をチェックしているとのことです。私もよく利用させてもらっています。

  • 価格、製品:異常な値引率、商品名など
  • ショップ:発送地域、電話番号不掲載など 
  • ショップレビュー:急激なショップレビューの悪化 → オープニングで不正レビューを自作自演でやっている業者など
  • レビュー分布/履歴:自然ではないレビュー分布、レビュー件数の履歴
  • レビュー日付:バイト募集期間による極端な日付の偏り
  • レビュー・レビュアー→ レビュー本文の怪しさ、レビュアー自身の怪しさなど

ReviewMeta

海外のチェックサイトになります。日本の商品にも対応しています。
サクラチェッカーと同じように不正レビューをチェックするサイトなのですが、チェックした項目とチェックした結果が表示されるようになっています。

  • 不自然なレビューの割合
  • 不自然なレビュアーの割合
  • 投稿字数から見た不正レビューの可能性
    などなど

違反レビューを報告する方法

レビュー画面から報告

明らかな違反レビューを見つけた時にはAmazonに報告することができます。
その方法は非常に簡単。
レビューの下部にある「違反を報告」ボタンを押すだけ。

するとポップアップ画面が出てきます。
そこで「違反を報告する」ボタンをクリックすることで報告することができます。

メールで報告することも可能

Amazonには以下のように報告方法が記載されています。

報告したいコンテンツの近くにある「違反を報告する」リンクを使用します。「違反を報告する」リンクがない場合は、community-help@amazon.co.jp 宛てにEメールを送信します。コンテンツの場所と違反と思われる理由をお伝えください。

Amazonのガイドラインに違反するコンテンツの作成、編集、投稿に対して報酬を提示された場合は、その提示内容をcommunity-help@amazon.co.jp に転送してください。以下の情報を含めて送信してください。

・連絡先情報
・商品詳細ページ
・報酬提示のスクリーンショット

報告を受領後、調査を開始し、適切な措置を講じます。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GLHXEX85MENUE4XF#GUID-2BC5EF83-B2EF-445C-A2E9-890A23788D73__SECTION_AD0A98F40D5E4B92AAF191E43083D81E
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer,Drone Pilot

CERTIFICATION
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)
JUIDA無人航空機操縦士
第二級陸上特殊無線技士

写真やドローン関連を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメントする

もくじ