デジタル@備忘録



ドローンで川の上空(河川敷)を飛行させたい時の申請先の探し方や許可の取り方

川の上空をドローンで飛行させたい!でも他人の目も気になるし、本当に河川敷でドローンを飛ばしてよいのか知りたい。そんな方も多いはずですよね。
そんな方の為に基本的な河川敷でのルールを書いてみようと思います。
大前提としてドローンを飛行させる場合には飛行可能な場所であっても航空法を遵守した飛行をさせてください。

河川敷のドローン


次の点について順番に書いていきます。

  • 河川法ではドローンの飛行は禁じられていない
  • 自治体ルールで河川敷でのドローン飛行を禁止している場所もある
  • 河川敷であっても人口密集地や空港近くは注意
  • 飛行可能か不可かの確認は河川事務所へ確認する必要がある
  • 河川の管理事務所の探し方
  • 河川敷での飛行許可の実際は?
  • 代表的な川(河川敷)でのドローン飛行の可否について


河川法ではドローンの飛行は禁じられていない

ちょっと意外かもしれませんが、河川法では基本的にはドローンの飛行行為自体は禁止されていません。
河川敷は河川法による規制の範囲外であれば、河川敷は自由使用してよいことになっています。散歩やランニング、サイクリングなどはこれにあたりますよね。ドローンも明確に禁止はされていません。
河川敷

河川敷でドローンを飛ばす許可が欲しいという言葉をよく聞きますが、実際には規制の対象になっていないので許可という概念が本来はありません。
ただ河川によってはドローンの飛行を行政として原則禁止している河川事務所もありますので河川法で規制されていないから、どの河川でも自由に飛ばせるわけではないのが複雑ですね。


自治体ルールで河川敷でのドローン飛行を禁止している場所もある


自由使用の範囲内ということで飛行できる河川がある一方で原則禁止という河川もあります。
たとえば、荒川下流の河川敷に関しては国土交通省及び周辺区で「新・荒川下流河川敷利用ルール」が定めらています。このルールによればドローンの飛行は”危険・迷惑行為”として位置づけられており、私的な撮影は許可されません。国交省の許可承認があっても私的な飛行撮影は原則出来ないことになっています。
反対に信濃川の下流域では一時使用届を河川事務所へ届け出ることで飛行することが認められています。
簡単にいうと河川によってドローンの飛行が可能かどうかは異なる!ということです。
ですので飛行させる前には、必ず河川敷で飛行させることが可能かどうか確認する必要があります。


河川敷であっても人口密集地や空港近くは注意


河川敷というと誰でも許可無しでドローンを飛ばせそうな雰囲気がありますが、さきほど書いたように実際には河川管理者や自治体がドローンの飛行を原則禁止にしていたり、届け出を求めたりするケースがあります。
また川であってもDID地区(人口密集地)に該当する場合は国土交通省の許可承認が必ず必要になります。DID地区にある河川に関しては許可承認が無ければ航空法の違法行為になってしまいます。

人口密集地

DID地区以外にも空港近くの河川の場合には空港事務所とのやり取りも必要になりますので注意が必要です。さらに河川敷といっても個人所有地となっている箇所もあるため自由使用が許されていても気をつける必要があります。

ドローン飛行の難易度が高い河川として有名な多摩川で考えてみます。
多摩川の下流は羽田空港に非常に近くなっています。また多摩川一帯の多くはDID地区になっています。ですので管理している京浜河川事務所占用調整課ではドローンの飛行を上流下流に関わらず一律で原則禁止としています。

多摩川は都市部を通る河川であり空港にも近いことから飛行させることは難しいです。
しかし、人口密集地にも該当せず空港も近くに存在しない河川であれば飛ばせる可能性は格段にあがります。では、どうすれば河川敷でドローンを飛ばすことが出来るか分かるのでしょうか。


飛行可能か不可かの確認は河川事務所へ確認する必要がある

河川敷でドローンを飛ばすことが出来るかの確認は、結論を言えば河川管理者に確認するのが一番早いです。
ただ、この河川管理者がどこなのか最初は分からないことが多く、結果として無申請で飛ばす方が多いのだと思います。申請さえすれば飛ばせる河川敷は沢山ありますし、申請すら必要ないという河川敷もあります。首都圏ですと限られてきますが・・・

河川によってドローンの飛行に関して考え方が違うことは理解していただけたと思います。
ですのでドローンを飛行させたい河川ごとに河川事務所へ確認する必要があります。
そこでドローンを川(河川敷)の上空で飛行させる際の注意点や申請先について私の経験から書いていこうと思います。

まずは飛行させたい河川敷の管理者がどこなのかを知ることが大事です。
管理事務所によってはドローンの飛行についての考え方や注意点などを公開してくれています。
ざっくりした問い合わせ先の考え方はこんな感じになります。


河川の管理事務所の探し方


■一級河川の場合
①国土交通省の各河川(国道)事務所の管轄である可能性が高いので以下のサイトで管理事務所を調べる。河川ごとに連絡先の河川事務所が明記されています。その事務所へドローンの飛行について確認してみましょう。
国土交通省水管理・国土保全局 主な施策:利用 - 河川の管理区分について

首都圏の代表的な一級河川(国の管轄)
荒川・・・荒川上流河川事務所占用調整課
多摩川/鶴見川・・・京浜河川事務所占用調整課
江戸川・・・江戸川河川事務所占用調整課
相模川・・・相模川広域ダム管理事務所施設管理課
富士川・・・甲府河川国道事務所河川管理課

②もしも上記サイトで河川が見当たらなければ一級河川であっても国から都道府県等に管理が任されている指定区間だったりする可能性があります。ですので都道府県の河川課などへ確認してみましょう。

例)多摩川の支流河川(一級河川)は県の管轄
二ヶ領本川、平瀬川、五反田川、三沢川など・・・神奈川県横浜川崎治水事務所


■二級河川/準用河川等の場合
都道府県や市町村など土木事務所や治水事務所などが問い合わせ先になることが多いです。河川の管理事務所をネットで調べれば出てくるとが多いですし、もしも分からなければ河川課等へ電話すれば河川使用についての問い合わせ先や申請先を丁寧に教えてくれます。

一級河川の分岐支流や二級河川、準用河川などで飛行させたい場合は問い合わせ先が変わってきます。
例えば多摩川の支流河川である五反田川であれば県の管轄になりますので神奈川県の河川を管理している神奈川県横浜川崎治水事務所が問い合わせ先になります。

同じ多摩川の支流河川でも準用河川扱いになると問い合わせ先が違ってくる場合があります。二ヶ領本川(上河原線)であれば川崎市建設緑政局道路河川整備部河川課というように、県ではなく政令市になります。

例)
多摩川の支流河川(準用河川)は政令市の管轄
二ヶ領本川(上河原線)や五反田川など・・・川崎市建設緑政局道路河川整備部河川課

河川すべての許可先を書ければ良いのですが、日本の河川数は膨大になります。
利根川水系だけでも約800もの河川があるといわれ、日本全国ですと30000以上の河川があるとも言われています。


河川敷での飛行許可の実際は?

おおよそ、飛行させたい川の河川敷で飛ばす際の問い合わせ先は理解できたと思います。
そこで気になるのは、実際ドローンを飛行させたい場合に管理事務所へ問い合わせして許可されるのか?という疑問があると思います。
実際のところ、回答はさまざまです。ただ大きく分けて3つのケースに分かれると思います。

  1. 原則禁止となっているため飛行は出来ない。と断られるケース。
  2. 安全に配慮した上で管理事務所へ飛行計画書の届け出や河川敷一時使用届等を求められるケース。
  3. 河川敷でのドローン飛行は自由使用の範囲内なので飛行は構わない。くれぐれも安全には気をつけるように口頭で言われるだけのケース。

私の経験だとこの3つのような気がします。

①の飛行不可とされてい河川敷として有名なのが「多摩川」です。
多摩川を管轄する京浜河川事務所占用調整課では上流下流を含め京浜河川事務所で管理している範囲内の河川敷では一切の飛行を原則として認めてくれません。

多摩川河川敷でのドローン飛行を認めない理由としては、河川敷で発生したドローン墜落による負傷事故や火災が過去に発生したことがあり近隣住民からの苦情が寄せられていることが原因の一つのようです。

・ラジコン飛行機が墜落し中学生に骨折の重傷を負わせる事故(1993年5月)
・相模川河川敷においてドローンが墜落し約6,600m2が焼失する火災事故(2017年3月)

②の飛行計画書の提出があれば申請を受け付けてくれるケースや③の自由使用の範囲内なので安全には十分配慮し飛行させることとして認めてくれる河川敷も多くあります。
特に地方へ行けば行くほど②③のケースが多くなると思います。

だからといって地方ならば、管理事務所へ連絡しなくても良いだろういう考えは注意してください。
近隣住民から河川事務所へ苦情の連絡が度重なり入っているケースもあるでしょうし、場所によっては河川敷であっても個人所有の民有地となっているケースもあります。
また当然ながらDID地区であったり飛行場の近くである場合は特段の注意と許可承認が必要になってきます。


代表的な川(河川敷)でのドローン飛行の可否について


最後に日本の代表的な河川についての問い合わせ先とドローンの飛行についての公開情報を引用しておきます。参考にしてみてください。
くれぐれも飛行の前にはご自身で問い合わせの上でご確認してくださいね。


多摩川
・ドローン、ラジコン飛行機等の無人航空機の飛行は、航空法による許可または承認の有無にかかわらず原則飛行させることができません。


荒川下流
・無人航空機の飛行は原則禁止だが利用目的について公共性が高く、飛行エリアの安全が確保でき下記の3要件を満たす場合は飛行が可能。
要件1:航空法第132条で定める飛行の禁止空域においては、飛行について航空法の許可を得ていること。
要件2:航空法第132条の2で定める飛行の方法を守ること。ただ し、それによらず飛行させるときは、航空法の承認を受けていること。
要件3:占用地においては占用者、その他においては荒川下流河川事務所の確認を受けていること。


信濃川 (北陸地方整備局 信濃川下流河川事務所の管轄範囲)
・ドローン飛行に関して基本的に自由使用の範疇とされています。しかし、河川区域内であっても人口密集地の上空など、場所によっては別途航空法の許可が必要となる場合もある。飛行する際には短時間であっても一時使用届を各河川事務所へ提出することが求められています。


利根川 (関東地方整備局 利根川下流河川事務所の管轄範囲)
・一般の河川敷での無人航空機の飛行にあたっては、航空法に基づく飛行ルールを確認の上、同法令に基づいた利用をすること。
ただし、ドローンの使用のために河川敷を整備(工作物の設置など)したり、排他的・継続的に河川敷を使用することは出来ません(河川法で規制されている)


江戸川 (関東地方整備局 江戸川河川事務所の管轄範囲)
・航空法の「無人航空機の飛行ルール」に従うこと。 航空法に基づく飛行ルールを確認の上、同法令に基づいた利用をすること。
なお河川敷にある公園や広場等は、地元自治体などが許可を受けて施設を設置・整備した場所であり、この場所を使用する場合には施設の管理者に確認が必要。
 また、ドローンの使用のために河川敷を整備(工作物の設置など)したり、排他的・継続的に河川敷を使用することは出来ない。(河川法で規制されている)



淀川
・淀川河川事務所の管理する河川(民有地、自治体等管理の河川公園等を除 く。)及び国営淀川河川公園においては、ドローン、ラジコン飛行機等の無人航 空機の飛行は、航空法による許可または承認の有無にかかわらず、危険・迷惑行為として原則禁止。

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply