TOPブログのネタ関係

Google ブック検索で使われているブックスキャナ「ScanRobot」(自動ページめくり機能付き)

先日も紹介したグーグルの「Googleブック検索」ですが、どうやって膨大な数の書籍をスキャンしているのか疑問でした。

どう考えたって、一ページ一ページ人間がめくりながらスキャンしているとは思えないし・・・(笑)

どんなスキャンマシンがあるのか調べて見たら、世の中には自動で本をスキャンするブックスキャナーというものがあるらしい(~_~;)、ということが分かりました。

でも、グーグルが使っているものは?というと秘密のベール?に隠れていますが、グーグルには世界中の図書館に収められている蔵書をスキャンしてデータ化するという計画があります。

では、その図書館で使っているブックスキャナを調べれば分かるじゃん♪ということで調べたら見つけました。

日本ではないのですが、ドイツのバイエルンの州立図書館で使われているブックスキャナが公開されていました。

そこで使われていたのが「ScanRobot」

そのままの名前じゃ~ん(笑)というかんじですが本当です。

オーストリアのTreventus社が開発した全自動のブックスキャナーです。

スキャンロボット

このスキャンロボットは2007年10月にバイエルン州立図書館に導入され、今でもグーグルのためにスキャン活動をしているとか。

数年間のうちには100万冊以上をスキャンする予定だそうです。す、スゴイ。
(ちなみに1台ではなく3台稼動しています)

スキャンする速度はというと、メーカ側の説明だと最高2500ページ/時間の高速処理が可能とのこと。


文字で書いてあっても分かりにくいので、動画をどうぞ!

一度に2ページ同時にスキャンしているのが分かります。










【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/29   CP+のトークショーやアドビセッションがWEBで公開。 男子必見?ふともも写真展情報など
03/28   映画を超えた!?監視カメラ解析技術の最新情報やフィルムカメラをデジカメ化する「I'm Back」など
03/27   露出トライアングルイラストやベントレーのギガピクセル写真など
03/26   Embedlyカードを使って写真関連ニュースを共有
03/16   2017年3月11日の朝 仙台市若林区荒浜地区 
03/01   ダークバック不要のイタリア製フィルム現像キット「LAB-BOX」明るい部屋で簡単現像!
02/24   【無料】ついに出た!花火撮影専用のカメラアプリ「大仙花火カメラ」誰でも簡単に綺麗に撮影が可能!
02/20   壊れたiPhoneからデータを取り出すことも可能な復旧ソフトが期間限定無料ダウンロード公開中
02/08   図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を!
02/02   不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 
01/26   ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?
01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<最近の偽造防止技術は凄いですね。 | ホームへ | へ~、最近はリチウムポリマー電池ってのがあるんですね。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |