TOPプレスリリース/ニュース

不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 

ついに動きましたね!
Amazonのベストレビュアーランキング♪

    

今日レビュアーランキングを見てみたら一気に3000番台まで上っていました(^^)
昨年末は10000番台だったので凄く上ったなぁ~という印象。


Amazonのレビューを書いている方はご存知かと思うのですが、実は昨年後半からアマゾンレビュアーランキングが一切更新されなくなっていました。


それはアメリカも含めグローバルに発生してようです。
その原因はAmazonが不正レビューを一掃するために一時停止し不正とみなしたレビューを全て削除しランキングを正常化するためだったとか。


アメリカではお金でレビューを買うことは常態化していたようで、米国のクラウドソーシングサービス「Fiverr」を通じて不正レビュー依頼なんてのも当然のように売買されていたとか。たった5ドルで高評価の不正レビューを書いてもらえるとあって依頼する人も多いようです。


日本ではレビューをお金で売買するレベルが常態化はしていなかったようですが、レビュアーに商品を無料で配りレビューを書いてもらうという不正は堂々と行われていました。

メーカーによってはAmazonのレビューの★を上げるためにレビューを書いてくれる人に商品を無料で渡し高評価レビューを書いてもらっていたんです。

もちろん高評価のレビューを書いてくれとは言わないでしょうが無料で商品をもらえば悪いレビューは書きにくいですよね。それを行っているメーカーやレビュアーが非常に多かったわけです。

そんな不正レビューの被害にあったことが私もあります。
イヤホンの不正レビューは非常に多いらしいのですが、私はそんなことも知らずにイヤホンを購入。

届いたイヤホンは見た目やケースは比較的良いのですが、ボリュームコントロールと商品説明に書かれているけれどもボリュームコントロールは無いし、iPhoneで使用していると接点エラーが多くスグに音楽が中断したり曲の途中なのに最初からに再生になったりと実用面では★1つの商品でした。

レビューの平均は★4だったか5だったか。とにかくレビューの評価が非常に高く信用して購入したのに・・・。という経験。
詳しい知り合いに聞いたら中国製のイヤホンは不正レビューの温床なのだとか。



Amazonのレビューは気が向いた時だけ書くのですが、ランキングが上がるのが結構見てて楽しいです。
また、自分の書いたレビューが参考になることを考えるとプチ人助けというか、正しい情報をしっかり書けば次に購入する方にとっては商品説明に書かれていない情報も知ることが出来れ嬉しいものです。

私の場合は基本は良かったものを中心に書いて悪いものは比較的書かないことが多いです。
ですが本当に心からヒドイと思った商品に関しては★1や2でしっかり書いて被害者が出ないように注意喚起していますが、今までで本当にひどかったのは先ほど書いたイヤホンぐらいでしょうか。


今回の不正一掃対策の前にAmazonはレビューに関しての規約を変更したそうです、基本的にはAmazonで購入したものに対してレビューを行えるように改正したとのこと。

今までは買ってもないのにいくらでもレビューを書けましたからね。それも驚きの制度ですが・・・^^;


今回の不正削除によって、更にアマゾンのレビュー評価の信用度がアップしました。
Amazonレビューは購入の際には結構気になりますから、こうして不正対策をして頂けると非常に助かります。


さて、次は何を買おうかなぁ~。





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を! | ホームへ | ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |