TOPドローン

ドローン自体は悪者ではない! ドローンの凄さと可能性が理解できる動画



ドローンが官邸に落下してからというもの、ドローンの注目が集まっていますが集まり方が少し良くない・・・。
無限の可能性を秘めた素晴らしいドローンのはずがテロや過激派の道具として使われる危険物しての認識につながるような発言や報道も目立ちます。

正視眼でニュースを見られる方や多方面から情報を仕入れている方など、このブログを見てくださっている方々はドローンに対してのニュースも深く洞察しながら正しく判断されていることと思いますが、今回の事件を受けて国の検討会議で警察庁をはじめ規制に関して強い意思を持っている方々の意見がどの程度法案の中に含まれるかが少し危惧される所。現時点では。ドローン購入者に名前、住所の登録を義務付ける案などが浮上しているそうですが、この程度の規制ならばもっと早くしておいても良かったのではと思います。
危惧しているのは、ドローン全てに対して悪いイメージが付くこと。


もちろんテロは防がなければいけませんが、防ぐ方法として一律に飛行を規制するような法律が出来てしまうことがあれば疑問も感じます。万が一にも無いとは思いますが・・・。


既にドローンをノーコン状態、つまりフライアフェイにするための技術などは中東も含めて研究されているはず。
ドローン対策はアメリカやヨーロッパよりも中東が一番進んでいるのでは?と推測しています。

というのも、既に無人爆撃機としてアメリカはドローンを軍事利用しているわけで、パキスタンやアフガニスタンは無人爆撃機に対してドローンをフライアフェイにするGPSジャミング攻撃を確立しているとも言われています。

つまり無人爆撃機が利用するGPSデータを撹乱させ墜落もしくは捕捉や検知することが可能だといいます。
使っているアメリカ側としては、そのような事実は無いと発表していますが、実際にはジャミングすることは不可能では無いでしょうし既にアメリカとしてもホワイトハウス事件を受けて政府関係機関周辺にジャミング等の機器を実戦配備する日は近いと推測します。


今回の官邸に墜落したドローンも、実際には4月9日に容疑者が飛ばしたものだとブログで書いていることが判明しました。
事前の警察発表では数日前に飛来したものと推測していましたが容疑者が言っていることが本当だとすると警備の落ち度は国会で追求されることになるでしょうね。
警察はオウムの新実がサリンをラジコンヘリで散布しようとしていた事件を受けて空からの脅威に対しても対応しておくべきだったのだと思います。あの際にはラジコンヘリの操縦の難しさから断念されましたがドローン出れば誰でも簡単に出来てしまうわけですから。


犯人のブログを全部読みましたが、彼は昨年の12月24日、つまり特別国会招集日の官邸にもドローンを飛ばそうとしていたことが分かります。
マスコミが集まっている24日の夜にドローンを落とす。これは確かにインパクトが強いです。私も24日のその日に官邸に取材で入っていましたが、この日は普段の日には取材に入らない海外のメディアや雑誌関連の記者なども多数官邸内にいます。そのタイミングで官邸の中庭にドローンを飛来させて時限式の発煙筒を焚こうとしていたようです。
こういった日を狙うとは犯人もかなり本気で計画をしていたのでしょう。
この日に決行されていたらと思うとゾッとしますが・・・。


で、話が少しそれてしまっているので元に戻しますが、ドローンを一律に規制するのではなく警察による自己努力も含めて対応する点が多いのでは?と思う所はあります。
このような事件は既に発生していてもおかしくありませんし、遅かったぐらい。今まで対処してこなかった事のほうが不思議なぐらいです。だからこそ慎重にことを進めてもらいたいものです。


"日本国内で既に2000台のドローンが" なんて言われ方もされていますが、日本国内で販売されているドローンの総数は2000台どころではありませんし・・・。一桁ちがうでしょう。
2000台ってのは日本産業用無人航空機協会が発表している数字だと思いますが、販売台数で言えばこの数値を遥かに上回るでしょうね。


話を本題に進めるとします。
今回ご紹介する動画は過去にTEDにアップされたプレゼンテーション動画です。
ドローンに関して知識がない人はドローンってプロペラが4つ付いてて空を飛ぶだけ。な~んて思っているかもしれませんが、まったく違うシロモノです。
それが良く分かる動画の数々。

あまりの凄さに開いた口が塞がらないはず。
ドローンの凄さの一部が良く分かるプレゼン動画です。

今回紹介するのは3つの動画。

この動画をみると4つのプロペラが付いたクアッドコプターがどれほど凄い可能性を秘めているのかがよく分かります。
一昨年の時点でこれだけのことが出来ていますから、今年はどんだけ~~と思ってしまいます。


一番多く再生されているものは750万回近く再生されているようですので見た方もいるかな。このブログでも最初の動画は一度ご紹介したことがあります。

とにかく一度は見て欲しいドローンに関しての動画3つです。










このエントリーをはてなブックマークに追加



ドローン | 2015.04.25 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日
10/31   写真関連ニュース  宅撮りやスタジオ撮影、おひとりさまから合わせまで解説している「コスジェニック レッスン」など 2018年10月31日
10/30   今日の写真関連ニュース 人物撮影のコツをプロカメラマンが伝授!/「EOS R」を実際に使ってみた記事など 2018年10月30日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<YouTubeのAdobe Photoshop Lightroomチャンネルに新規の解説動画が60個アップされていますよ | ホームへ | シャッタースピードと絞りそしてISO感度の違いによる写りの変化が理解できるビギナー用カード>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |