TOPデジカメの撮影方法・テクニックを紹介

ストロボのバウンス撮影による光の違い

ストロボ/フラッシュの使い方で難しいのがバウンスでの撮影です。
初心者の方はバウンス???
とハテナマークかも知れませんね。


バウンス撮影とはストボの光を何かにバウンドさせて被写体に当てることを言います。

そのバウンドさせる対象物は天井だったり壁面だったりとバウンド出来るものであれば何でもOKです。


言葉で説明しても分かりにくいでしょうから、今回も写真で解説しようと思います。

下はストロボを被写体に対して直接/ストレートに当てたものです。
カメラは縦位置で撮影しているので、カメラの左側にストロボが来ています。その結果被写体の右後に強い影が出ています。

この強い影が直接ストロボを当てた時の特徴です。






次に左側の壁面にストロボを当ててバウンスさせて見ました。




どうでしょうか!?

さっきは缶の右後に強い影があったのに今回はありません。
その代わりに缶の左側が明るくなって、右側が暗くなっています。
このように被写体の片方が明るくなるのが壁面バウンスの特徴です。

ストロボを左の壁に当てているので跳ね返ってくる光も左側なんです。
なので左側だけが明るくなるんですね。



バウンスすると多くの場合は影が弱くなるか消えます。


今度は天井に向けて発光させるパターンです。
これが最も一般的で天井バウンスと呼ばれています。





天井に向けてストロボを発光させているので、跳ね返ってくる光も上からなんです。
上からの光で思い当たるのは何でしょうか???

そう天井の蛍光灯や昼の太陽ですね。

もっとも私たちが馴染みのある角度からの光なんです。
なので違和感無く見ることが出来る写真に出来上がります。

天井バウンスは最も自然的なライト



そして最後にバックバウンスをご紹介します。
これは自分の後ろに向けてストロボを発光させます。
光は直接光に近い角度から被写体に向かって飛びますが、バウンスする際に光が拡散されて直接光よりも柔らかい光になって被写体にあたります。

最初のストレート光と比べると分かりやすいのですが、缶の真ん中に強い光の帯がストレート光とバックバウンス共に入っていますね。
ですが、バックバウンスの方が光の帯が柔らかいのが分かります。

缶のような円形の立体物を撮影すると真ん中に強い光の帯が入ります。しかし光をバウンスさせることによって、それも軽減することが可能です。





それでは、実際にストロボの光がどのように拡散しているのか確認してみましょう。
下の4枚の写真はストロボの光を捉えたものです。

左上のストレート光は壁の中心を強烈に明るくしているのが分かります。
他の3枚は壁をほぼ均等にストレート光よりも弱く明るくしているのが分かります。}




バウンス光は上の写真を見れば一目瞭然ですが、対象物に対して当たる光が弱くなります。
ですのでストロボ光を強く発光させる必要があります。

通常はTTLでの発光で問題ありませんが、被写体が暗い場合はマニュアル発光でフル発光や1/2発光などを試してみましょう。



ストレート光とバウンス光

ストレート光は遠くの物を明るくしたり、強い光が欲しい場合に有効です。
バウンス光は柔らかい影の出ない光が欲しい時に有効です。ただしバウンスする角度によって被写体への光の当たり方は変化します。





ストレート/直接光は影が強く出る


バウンスは何かに光をバウンドさせて対象物に当てるもの


最も一般的なバウンスは天井バウンス


バウンスすると光は拡散されて弱くなる
  場合によってはマニュアル発光させる必要がある。








【関連するタグ】

【最新記事一覧】

08/16   激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付
08/12   Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・
08/07   iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる
07/30   肩こりががヒドく久々にお世話になったパイオネックス(円皮鍼) 劇的に痛みが引きました
07/12   【リンク】AdobenoのLightroomは遅い?パフォーマンス向上に向け動き出す
07/07   【リンク】ニコンの牛田社長インタビューやREDがスマートフォンを発表など
06/19   【リンク】美術館が撮影OKになると大混乱になる?ルーブルのモナリザの前が凄い、など。
06/12   すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です
06/07   富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 
06/06   料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!
05/29   新宿、銀座、大阪のニコンプラザは日曜定休日に。美術館の撮影OKが増えている?など
05/24   無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<北極熊を撮影してきました! 「ホッキョクグマとアザラシの海」 in 上野動物園 | ホームへ | インクジェットプリンターの「利ざや」って凄い!? エプソンの複合機が3000円台>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |