MENU

1800万円もするテレビ局の中継カメラ用レンズ「DIGISUPER 100xs」にミラーレスカメラを取り付けちゃた人がいた。

パナソニックGH2にテレビ中継用のレンズを取り付けちゃった写真が話題になっています^^;
ソースは以下のサイト。
Oh wait….this is the biggest lens ever used on a MFT camera!   43 Rumors

このレンズってキヤノンがテレビ中継用に制作している「DIGISUPER」シリーズ。
100xsは「DIGISUPER」シリーズの最上位モデルです。

国会中継とかスポーツ中継とかで使われているレンズで私もよく見かけるものですが・・・。これにミラーレスカメラを取り付けちゃおうと考えるところが面白すぎる・・・。

この「DIGISUPER 100xs」は2003年にキヤノンから発売されたレンズで、発売当初の価格が1800万円!
180万円じゃないですよ。1800万円です。
中継用のレンズってメチャクチャ高いんですよね~。

HDTVカメラ対応の箱型ズームレンズとして現在でも「DIGISUPER」シリーズは現役で使われています。レンズの横にスタビライザーの文字があるとおりレンズに防振装置が内蔵されていますが、その効果のほどまでは知りません。


DIGISUPER 100

2/3型 HDTVカメラ

焦点距離 (mm)

9.3~930

ズーム比

100倍

至近距離 (m)

3.0

外形寸法 (mm)

250.6(横)×255.5(縦)×610(長さ)

質量 (kg)※

23.5

よく見かける機器とは言え、詳細は知りませんでしたが、調べてみるとなんとズーム比が100倍!
焦点距離9.3mm~930mmというバケモノレンズですね^^;

っていうか、良くこんなレンズに取り付けようと思いましたよね^^;
下の写真をみるとしっかりモニターに画像が表示されています。

願わくば、このレンズで撮影した実画像を見てみたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer
Blood Type : B 

Photographer
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)

写真関係やドローン関係を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメントする

もくじ