MENU

Lightroomで使用できるフリープリセットが素晴らしい!140個が無料です。onOne Software

Lightroomには画像補正のパラメーターをプリセット出来る機能が付いているのですが、そのプリセットを140個もフリーで放出しているサイトがあるのでご紹介します。

onOne Softwareという会社がフリーでダウンロード出来るようにしているのですが、Lightroomのプラグインだけでなく下の箇条書きどおり、他の面白そうなプラグインが沢山あります。

PhotoFrame 4.5 Free」も非常に素晴らしいフリーソフトです。別のエントリーで紹介していますので下のリンク先もどうぞ。
これが無料!? Photoshopプラグイン「PhotoFrame 4.5 Free plug-in」

・PhotoTools 2.5 Free – photographic effects

・PhotoFrame 4.5 Free – perfect finishing touch

・Free Lightroom Presets

・Free Adobe Camera Raw presets

・Free training from onOne University

・Free presets from the onOne Exchange

さて、話は戻って今回紹介する「 Lightroom Presets」はどんなプリセットかを一部ご紹介します。
下にLightroomでプリセットを使った「補正前」「補正後」のキャプチャー画面をいくつか貼って見ます。

・こちらはHDRのような効果が出せるプリセットのようです。

・こちらはモノクロのプリセットのひとつ。周辺光量を極端に落とした効果を強調していますね。

・こちらもモノクロですが、上のものとは一味ちがいます。

こ~~んな面白いプリセットが140個も入ってるなんて素晴らしいですね。
Lightroomを持っているけれども、

・あまり使い方が分からない!
・パラメーターの動かし方が分からない!
・どんなことが出来るのか知らない!

な~んていう初心者の方には最適の面白プリセットかも知れませんね。
たとえば、空を青くしたい!
なんて良くありそうな期待にも応えてくれます。

このプリセットは、ちょっと大げさに青くしてますが、このぐらいの方が喜ばれるのかな?こんな処理がクリック一つで出来ちゃいます。

で、もちろんプリセットをクリックした後でも処理は可能です。
下のキャプチャー画面は上のプリセットで設定されている数値ですが、これを見れば「あ~~、こういう写真にするには設定はこんな感じなんだなぁ~」と知ることが出来ます。


上の設定ですとプリントする場合にはブルーやアクアの彩度が上がりすぎているような気がしますが、それは自分で微調整できるのもプリセットの良いところです。

たとえば先ほど貼り付けた下の写真ですが、どんなパラメーターになっているか想像付きますか?

この写真のパラメーターは、

こんな感じでした。こういう面白い設定が140個もあるので試しにダウンロードしてみても損は無いかも。色々と画像処理を試してみるのって結構楽しいですよ。

ダウンロード先のサイトはこちら

もちろんWinもMacもどちらもOKですよ(^^♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer,Drone Pilot

CERTIFICATION
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)
JUIDA無人航空機操縦士
第二級陸上特殊無線技士

写真やドローン関連を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    tatsさん
    これ、結構素晴らしいですよねー(^ ^)
    こんな風にもなるんだ!ってずっと遊んでしまいます(笑)
    私の作ったプリセットじゃないですから、どうぞパクってください(笑)

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このサイト、以前見たことがあったんですが、ブックマークしただけでまだ使ったことなかったです。いまだに一枚一枚ネチネチと現像してます、Lightroom で(笑)でも、プリセットをつかって、こうゆう風にするとこんな風になる、というテクニックの勉強には便利かもしれないですね。
     
    それにしても、補正量「100」とか、むちゃくちゃですね(笑)ここまで行くと、元のピクセル情報なんてかなりつぶれてるんではないかと怖くなるんですが…。私が学んだ時は、どのスライダーも多くても25ぐらいまでを上限にしないと、ロスが出て来る、と言われたのを覚えてます。状況によってはもう少し思い切ったこともやるようになりましたが。
    自分の場合、そんなロスの理屈を気にするよりも、見せる写真を撮れるように腕を磨く方が先決なのですが(汗)

  • SECRET: 0
    PASS: 50903bb01088c3de37b290ca13180641
    ちょ、ちょっとLightroom買ってきます。
    でも、SILKYPIXも捨てがたいしなぁ。。。

コメントする

もくじ