デジタル@備忘録



フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

フリー画像素材サイト「ぱくたそ」の画像が悪意あるユーザーによりそのままアップロードされストックフォトサービスの「Shutterstock」で販売されているとの話が話題になっていました。

プロの写真家が他人の写真を使って写真集まで出した事件もありましたから、こういった事例は驚きはしないんですが、意外だったのが「ぱたくそ」の管理者が「Shutterstock」に対し削除要求をしても1ヶ月経過しても削除されず販売され続けているそうです。

不正にアップロードされ販売されている写真は100枚を超えるそうです。「Shutterstock」に対してのアクションもさることながら違法な行為を行ったユーザーを特定して最終的には裁判まで行くのでしょうか。

ちなみに今月発売中のダイヤモンド・ザイ3月号ではストックフォトサービスを副業にし月収80万円を叩き出している「まちゃーさん」という方を取材しPIXTAを使った副業などを記事にしています。その紹介記事もWEBにあったので下に貼っておきます。

こういう記事を読むと写真が簡単に売れて副業になるのかと思ってチャレンジする方が増えるんだと思いますが実際はかなり大変だと思います。 しかし勘違いして安易に儲けられると考えてしまって、今回のように他人の写真を使って登録したりする人がいるのかも知れません。そんなに甘いものでは無いと思いますよ~~。

写真の無断使用に関して詳しい夜景写真家の岩崎さんだったら、今回の問題に対してどういう対応されるのかな~と思いながら記事を読んでいました。

気になる方は以下のリンクからソース記事へどうぞ。

他に気になったのはニコンとJALが企画した「D3500 18-55 VR レンズキット」とJAL旅行券40,000円分のプレゼント企画。

Twitterを使ったプレゼント企画です。最近はTwitterを使ったプレゼント企画が増えてきましたね。普通に広告を打つよりもコスパが良いのかも知れません。
ただ当選人数は3名ということで少し少なめかも。

応募方法は
1. 「pic&go」四国編のページよりお好きな写真を1枚選ぶ
2. 表示された、「あなたへのおすすめ旅プランページ」のTwitterシェアボタンから、指定のハッシュタグをつけてシェア
3. JAL公式アカウント@JAL_Official_jpをフォロー
詳しくは下のリンク一覧からどうぞ。

いくつか気になるものを貼っておきました。

Twitterシェアで旅行券とカメラが当たる!キャンペーン|pic&go

フリー画像素材を米企業が「有料販売」 100枚以上が被害、訴えたサイト運営者「利用者が誤って購入してしまうのは嫌」【追記あり】

「PIXTA(ピクスタ)」で写真を販売する"副業"で、月収80万円も! 趣味で撮影した写真を売って稼ぎ、脱サラまでした達人が、副業で成功するコツを伝授!

あらゆるカメラで「ボカシ」が可能になる画期的テクノロジー

フルサイズミラーレス年末商戦はソニーが圧勝 - BCN+R

Flickr Will Delete Photos Tomorrow If You're Over the New Limit

Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply