TOPニコンのデジカメ関連製品全般

ニコンのGPSユニットGP-1を使ってみました(^^♪

今までもエントリーでGP-1を取り上げておりましたが、本日はじめて実物を手に入れ使ってみました。

GP-1.jpg

使ってみた感想は色々あるのですが、とりあえずGP-1を使うとどのようなことが可能なのかをご紹介したいと思います。

まずは、GP-1にコードを繋げて、本体とドッキングします。

あとは電源を入れれば勝手に測位してくれます。
そして、シャッターを押せば、撮影した写真データのEXIF情報にGPSデータが書き込まれるようになっております。

色々なソフトでそのGPS情報は見ることが出来ますが、ニコン純正のサムネイルソフトであるViewNXですと下のような感じで表示されます。

NX-GPS001.jpg

上の画像の拡大画像が下になります。

NX-GPS002.jpg

しっかりと北緯と東経、それに標高が表示されています。
結構感動!(^^♪

しかし、これだけではもったいないですよね。
GPSデータが入った画像は色々と遊び方があるようですが、誰でも簡単に手に入るものとしては、やはり一番はグーグルアース上に表示させると言うものではないかと思います。

グーグルには「ピカサ」という画像サムネイルソフトがありますが、このサムネイルソフトとグーグルアースをパソコンにインストールしておけば簡単に連動させて画像表示させることが出来ます。

まずは、ピカサでGPSデータの入った画像を表示させます。

ピカサ001.jpg


そして、ツールからジオタグを選び、グーグルアースで表示するを選ぶと・・・

ピカサ002.jpg


このように、グーグルアース上に撮影した緯度経度から割り出した場所に写真が表示されます。

グーグルアース001.jpg


ちょっと分かりにくいので拡大したものを貼り付けておきますね。

グーグルアース002.jpg


測位の精度は10メートルほどの誤差があるとのことですが、まさに10メートル程度の誤差で表示されています。

この程度の誤差であれば実用上はほぼ問題無いように思えます。(私の場合ですが・・・)

取材で、様々移動しながらの撮影の場合などや、県境や市町村の境で撮影した場合など、非常に威力を発揮するかと思います。

そのうちカメラの内部に入るとは思いますが、現段階では非常に画期的なツールだと感じました。

GP-1! 他にも様々使い方があるとは思いますが、今日のところはこの辺で(^^♪



ブログ内のGPSユニット「GP-1」関係エントリーはこちら




【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<LightroomでGPS情報の入った写真データを開いて見ました。 | ホームへ | レンズフィルタを使ったホワイトバランス調整1>>
こら~~!
道路の真ん中で写真撮っちゃいか~~~ん!
って、叱られたりして。(^_^;)

Lightroomのライブラリからは、グーグルマップに飛ばして表示できます。

キヤノンにもはやくそれ作るように言ってよ。
2008/12/18 12:36 | yukinyaa #- | [edit]
yukinyaaさま

おぉ!!
そう言えば、そのような内容のエントリーをyukinyaaさんのブログで読んだ記憶が!

ど忘れしていました(~_~;)

早速ためしてみま~す♪

C社さんのことだから、もっと良いもの考えているかもしれませんね。

でもこの際ニコンユーザーになってしまったらいかがでしょう(~_~;)
2008/12/18 14:20 | Orca #VjrOQt26 | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |