TOPPhotoshop プラグインソフト

DxO版「Nik Collection 2018 Edition」は2018年中頃にリリース!価格は?

画像処理のプラグインソフトとして多くのフォトグラファーから支持を受けている「Nik Collection」ですが、GoogleからDxOへと権利が移り来年の2018年中頃にパワーアップしてリリースされるのだそうです。

「Nik Collection」といえばレタッチソフトのプラグインソフトとして500ドルほどで販売されていた有料ソフトでしたがGoogleに買収され2016年からは無料公開されていました。



無料ということもあって多くのフォトグラファーがこのプラグインソフトを使っています。
ただグーグルが「Nik Collection」バージョンアップを止めてしまい現行バージョンが最終版となっていました。

そこへDxOが手を上げ「Nik Collection」に新たな命を吹き込んでくれるようです。
現在は無料で公開されていますが「Nik Collection 2018 Edition」が無料で公開されるのか有料になるかのアナウンスはありません。

ネット上では年80ドル程度で公開されるという話が出ていますが真偽の程は分かりません。
現在無料のものを一気に500ドルなどに引き上げることは難しいでしょうから、有料の場合は100ドル以下での公開というのは真実味はありますね。


現在公開されている無料バージョンはグーグルの以下のページからも現在DL可能です。
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/
今後はDxOのページのみに変更されるかもしれませんね。DxOのDLアドレスは以下のプレスリリースページにてメールアドレス登録するとアドレスが送られて来るようです。


DxOのNik Collectionプレスリリースページはこちら↓
メールアドレスを登録しておくと公開時には連絡がくるかと思います。

Homepage - Nik Collection by DxO





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/20   続・フリーのOCRならGoogleドライブからグーグルドキュメントへの連携がダントツ便利。【驚きの簡単さと高い認識率】
03/20   写真撮影や天体観測で大活躍! 曇り具合の様子や雲の動きが予測出来るWindy.comとGPV気象予報
03/18   白黒写真をカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」が期間限定割引中など
03/10   世界最高レベルの天気予報を利用して雨や雲の様子を10日先の状態までチェック
03/05   クッソ重いけど写真の手ブレとピンぼけを救える超優秀なシャープネスソフト「Sharpen AI」
02/23   止まらない「しゃっくり」の止め方!子供にも効いた一発で止める方法です
02/21   超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など
02/18   女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露
02/15   写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中
02/08   富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末
02/06   ミラーレス人気が一眼レフを超えたのは日本だけ?世界のデジタルカメラ市場の今を読む
02/05   フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

<<グラフで見るデジタルカメラ業界の今 スマートフォン増加の裏で何が起きているのか!  | ホームへ | iPhone 8/8Plusの画質が想像以上に凄かった!DxOMarkのテスト結果を見て思ったこと。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |