TOPニコンのデジカメ関連製品全般

NikonのED非球面レンズ採用の新型24-70mmは逆光でのナノクリスタルコート効果が抜群だった。

当初であれば既に発売されている新型レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRですが、某所でテスト撮影させて頂く機会があったので個人的な感想を。(既に銀座ニコンでも触れるそうです)
まだ未発売ですので作例画像は載せていません。



見た目は一回り大きくなっていて特に長くなっている印象を受けますが持った感じはしっくり来ますので大きさ的な違和感はありませんでした。
フードの大きさが現行品よりも小さくなっています。フードを装着すると新旧の長さの違いは相殺される感じです。


レンズ自体が大きくなっているのと同時にフィルター径が77mmから82mmに大きくなっています。これは少し驚き。
今まで主要なF2.8レンズは77mmで径が統一されてきたニコンです。

望遠系の主力レンズである70-200や80-400も77mm。
広角側の17-35や17-55などの主力レンズもフィルター系は77mmです。

ということは、いままで77mmだったレンズも新型になって登場する時には82mmになってくるのかな?と将来の予想をしてしまう変化です。


さて描写に関しての個人的な感想。


色々なシチュエーションで現行型の24-70と比べて撮影してみたのですが、一番差を感じたのは逆光時のフレアやゴーストの軽減です。

現行型の24-70mmもナノクリスタルコート採用で発売当時は逆光撮影にも強くて良いなぁ~と思っていましたが、既に発売から8年。8年もの間にレンズやレンズコーティングの技術ってこんなに良くなってるんだと実感させられました。

勝手にナノクリスタルコートの技術が向上した結果だと思っているんですが、もしかしたらNIKKOR初のED非球面レンズが採用されているので、このレンズの効果も加味されている可能性も高そう。


現行型の24-70もニコンの顔とも言えるレンズの1本ですから当時の最高の技術で作られた製品。そこに妥協は無かったはず。
それでも今回の新型レンズと比べてしまうと一目瞭然の違い。これには驚きました。


解像力に感じては広角側が特に良くなっている印象を持ちました。広角側の周辺部では特に大きな差を感じます。
しっかり解像されているのに硬さを感じませんでした。現行レンズは少し硬い印象。
また色収差は確実に良くなっている感じがしましたね。これがED非球面レンズの効果なのかもしれません。

あとボケは非常に綺麗になっています。
ボケを重要視する人は嬉しい仕上がりなんじゃないかなぁ。逆光時での安心度や綺麗なボケはさすが新型レンズと唸らせてくれます。

ニコンの新型レンズというとAF-S 200-500mm f/5.6E ED VRがあまりに注目度が高くて、今回紹介した24-70mmは価格的にも高価なので注目度が低いかもしれませんが、レンズの完成度は素晴らしい印象を持ちました。


ただVRを付けたことで恩恵を受ける人は多くなったと思いますが、手持ちと脚付けが頻繁に変化する撮影手法の人によっては多少のリスクがあるかもしれませんね。このレンズだけに言えることではありませんが・・・。
手持ちで撮影してる途中で脚に付けて撮影するなど頻繁に手持ちと脚とを使い分けて撮影するパターン時などはVRのON/OFFを忘れると結構痛いかも。これだけ描写の良いレンズですから三脚につけた時にVRをONにするのはもったいない気がします^^;

ただメーカー的には三脚使用時にもVRが使えるとの話ですから、気にしすぎなくてもいいのかな?





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/20   続・フリーのOCRならGoogleドライブからグーグルドキュメントへの連携がダントツ便利。【驚きの簡単さと高い認識率】
03/20   写真撮影や天体観測で大活躍! 曇り具合の様子や雲の動きが予測出来るWindy.comとGPV気象予報
03/18   白黒写真をカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」が期間限定割引中など
03/10   世界最高レベルの天気予報を利用して雨や雲の様子を10日先の状態までチェック
03/05   クッソ重いけど写真の手ブレとピンぼけを救える超優秀なシャープネスソフト「Sharpen AI」
02/23   止まらない「しゃっくり」の止め方!子供にも効いた一発で止める方法です
02/21   超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など
02/18   女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露
02/15   写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中
02/08   富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末
02/06   ミラーレス人気が一眼レフを超えたのは日本だけ?世界のデジタルカメラ市場の今を読む
02/05   フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

<<Twitterボタンパーツがテキストになる不具合表示が直った!なんとscriptを1行加えるだけ! | ホームへ | 明日の「IFA 2015」で新型THETA「RICOH Theta S」が発表! 流出スペック詳細とコンテスト開催情報>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |