TOP日記

知ってた!? 部屋に置いてる温度計/湿度計の裏側を見たら驚きの作りだった

自宅で温湿度を見るために使ってるのが下の温度計と湿度計が一緒になってるやつ。
確か子ども用品で有名な西松屋で購入したような気がします。

まあごく普通の一般的な温度計です。
別にブログに書くような内容じゃ無いかも知れませんが、無知の私にとっては驚きだったのでネタとして・・・^^;




実は、少し高いところに温度計を置いていて、急いでいた時に何度も落としてたんですよね。
で、今朝も急いでいたら落としたわけです。

そしたら全面のプラスチックカバーが外れたので元に戻そうと手に取ったんですが、やけにペラペラな感じがしたので裏側ってどうなってるのかぁ~とひっくり返してみたら・・・。


そしたら・・・↓


じゃ~~ん! 



すげー手作り感満載な感じ(^^)

電池も無くて動くわけですから、いくらなんでもハイテク機器が使われているとは思っていませんでしたが、これほど小さくて簡単な作りだったとは思いませんでした^^;

知っている方には当たり前なのかも知れませんが。

これってバイメタルという方式の温度計とのこと。(バイメタル式温度計)
バイメタルってのは膨張率が異なる2種の金属板を貼り合わせたもので、膨張率が違うことで温度変化で“反り”が生じ、その原理を使って針を動かしているそうです。

バイメタル(Bi-metallic strip )とは、熱膨張率が異なる2枚の金属板を貼り合わせたものである。温度の変化によって曲がり方が変化する性質を利用して、温度計や温度調節装置などに利用されている。1750年頃にジョン・ハリソンが高精度の時計を開発する過程で発明した。



ウィキペディアより





そのバイメタル式ですけど、こういう風にゼンマイ状に巻くことで、コンパクトながら大きな変位で針を動かすことができるとのこと。
知らなかったなぁ~~。

湿度計に関してもバイメタル式温度計と同じ原理で、湿度の変化に対して伸縮する素材と伸縮しない素材を貼り合わせることによって反りを生じさせて針を動かすとのこと。


ご存知の方にとっては当たり前かも知れませんが、私はこの歳になるまで知らなかった^^;
無知をさらけ出したエントリーでした。






日記 | 2014.07.15 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<オーシャンビューでベッドから海を見ながら最高の朝 | ホームへ | スタジオ撮影にドローンが欠かせない日が来る!? アシスタント真っ青の自動ライティングシステム>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |