TOPカメラ関係

クリップオンストロボにハニカムグリッドをお手軽に装着できるMagMod!

モノブロックやジェネレーターなどを使う外部ヘッドを使ったライティングの場合はグリッドを使った撮影をする場合も多いかと思いますが、そんなグリッド撮影をクリップオンストロボでもお手軽に出来る簡単ハニカムグリッド「MagMod」がKickstarterに出ていました。
私がこれを書いている時点では残り30日。860backersでした。


オープンな場所でグリッド撮影をするほどのシチュエーションがそれほどあるかと言えば、私はスグにはそれほど思いつかないのですが、グリッド撮影を多用している方からしてみれば非常に面白い商品かもしれません。確実に撮影の幅は広がりそうです。


現在でも自作でクリップオンストロボにグリッドを付けている方もいらっしゃると思いますが、この「MagMod」はマグネットを使った非常に簡単な装着に加えて色温度変更などに使用するフィルターを装着することも想定して作られているので使い勝手はとても良さそうです。

グリッドの大きさを変えることによって照射角度を変更するのではなく、

グリッドの枚数を増やすことによって角度を狭める方式を取っています。



最高で10枚まで増やすことが出来るそうですが^^;


ちなみに枚数によってどの程度の変化があるのか参考例が下の2枚。
さすがに10枚使った場合の作例はありませんでした。10枚重ねても使えるほどマグネットも強力だよという程度に考えておいたほうが良いのかな?





最後に動画も貼り付けておきましたが、とても頑丈に作られていることや価格もそれほど高くなく拡張性も高いことからこれは気になる方も多いかと思い取り上げてみました。

ちなみにグリッドを使った作例が以下。
この辺りに関しては説明は不要ですね。










カメラ関係 | 2013.11.03 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<一足早くNikon Df がお披露目!? ニコン初のレトロスタイルカメラのリーク画像が公開されています。 | ホームへ | 山本太郎氏の行為は何が問題だったのか? 天皇陛下の政治的中立性を脅かし請願法第3条違反だった直訴状>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |