TOP写真家の言葉

夢中で撮った写真が本当の自分の写真だ。それがだめなら、まだ本物ではない-----早崎治氏の言葉

日本で初の広告制作専門会社の写真部副部長を務めた後にフリーとして活躍した早崎治氏の言葉。
夢中で撮った写真というのは本気で撮影した写真ということでしょうか。

早崎氏は東京オリンピックのポスター撮影が非常に大きな反響をよんで有名になられたそうです。

その有名な写真は6名の陸上競技選手のスタートダッシュを撮影したもの。
【左の写真】


この撮影は冬の国立競技場で寒風が吹く中、夕方に3時間に渡って撮影され、納得の行くカットが撮れるまで行われたそうです。

その回数はなんと約80回。

スタートダッシュを80回行うのは陸上競技選手と言えども大変ですし、その要求を行った早崎氏も相当な人ですね・・・。

そのあたりの逸話に関してはJOCホームページに詳しく書かれています。



まさに本気の撮影。夢中の撮影ですね。

そんな撮影の経験があるからこそ「夢中で撮った写真が本当の自分の写真だ。それがだめなら、まだ本物ではない」という言葉が出てきたのでしょう。
夢中での撮影。言葉では簡単ですが、実践しているかと胸に手を当てると・・・。

今日から氏の言葉を胸に頑張ります。







写真家の言葉 | 2012.11.01 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/28   映画を超えた!?監視カメラ解析技術の最新情報やフィルムカメラをデジカメ化する「I'm Back」など
03/27   露出トライアングルイラストやベントレーのギガピクセル写真など
03/26   Embedlyカードを使って写真関連ニュースを共有
03/16   2017年3月11日の朝 仙台市若林区荒浜地区 
03/01   ダークバック不要のイタリア製フィルム現像キット「LAB-BOX」明るい部屋で簡単現像!
02/24   【無料】ついに出た!花火撮影専用のカメラアプリ「大仙花火カメラ」誰でも簡単に綺麗に撮影が可能!
02/20   壊れたiPhoneからデータを取り出すことも可能な復旧ソフトが期間限定無料ダウンロード公開中
02/08   図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を!
02/02   不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 
01/26   ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?
01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。
01/18   知らなきゃ損する!? Google翻訳アプリの自動OCR翻訳機能が凄すぎる!撮影するだけでOK

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<そうえいば・・・迎賓館の外壁って蔦があって雰囲気良かった。 | ホームへ | 数年前に撮影した写真が出てきたんですが・・・。アルバム整理とか写真の整理って一向に進まない(笑)>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |