TOP写真&カメラのコラム

高いカメラやレンズを購入した時には機材に保険を掛けるという選択肢も考えてみましょう

プロカメラマンならば数百万円もする超望遠レンズやボディなどを持っている人も多いのですが、今ではハイアマチュアの方でも驚くような高価な機材を使っている人を見かけます。機材だけ見たら、どちらがプロだか分からない時代になりました^_^;

高いレンズは車と同じような値段の物もあります。大きな高いレンズほど重かったりするので落とした時には自重で壊れてしまうことも。
数十万や数百万円のレンズやカメラが壊れてメーカー保証が使えれば良いですが、保証が使えない壊れ方の場合は自分で修理代を支払うことに。

そんな時に助かるのが動産保険などの保険商品。
プロならば代理店を通してカメラやレンズに動産保険をかけることも可能ですが、最近では素人の方の動産保険は断られるケースもあるそうです。

そこで、携行品損害を補償できる保険などに入るという選択肢もあるようです。「携行品損害」や「持ち出し家財」といった文言にカメラが入るのかは保険会社に直接聞いてみるのがいいと思います。


カメラが対象に入る場合には、保険料と1事故あたりの最大保証金額、そして免責金額などもチェックしておくと他社の保険と比較しやすいですよ。
高いレンズやカメラをお持ちの方は検討してみても良いかも知れません。

ちなみに私は100万円近いカメラが壊れた時に動産保険で助かった経験があります。あの時は保険会社が神に見えました^_^;





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

03/20   続・フリーのOCRならGoogleドライブからグーグルドキュメントへの連携がダントツ便利。【驚きの簡単さと高い認識率】
03/20   写真撮影や天体観測で大活躍! 曇り具合の様子や雲の動きが予測出来るWindy.comとGPV気象予報
03/18   白黒写真をカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」が期間限定割引中など
03/10   世界最高レベルの天気予報を利用して雨や雲の様子を10日先の状態までチェック
03/05   クッソ重いけど写真の手ブレとピンぼけを救える超優秀なシャープネスソフト「Sharpen AI」
02/23   止まらない「しゃっくり」の止め方!子供にも効いた一発で止める方法です
02/21   超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など
02/18   女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露
02/15   写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中
02/08   富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末
02/06   ミラーレス人気が一眼レフを超えたのは日本だけ?世界のデジタルカメラ市場の今を読む
02/05   フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

<<世界最大級の鉄道ジオラマ撮影情報やEOS Mの実写レポートなど | ホームへ | 今から150年前の写真館で家族写真を撮ると撮影料は20万円だったんですよ~。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |