TOP写真&カメラのコラム

高いカメラやレンズを購入した時には機材に保険を掛けるという選択肢も考えてみましょう

プロカメラマンならば数百万円もする超望遠レンズやボディなどを持っている人も多いのですが、今ではハイアマチュアの方でも驚くような高価な機材を使っている人を見かけます。機材だけ見たら、どちらがプロだか分からない時代になりました^_^;

高いレンズは車と同じような値段の物もあります。大きな高いレンズほど重かったりするので落とした時には自重で壊れてしまうことも。
数十万や数百万円のレンズやカメラが壊れてメーカー保証が使えれば良いですが、保証が使えない壊れ方の場合は自分で修理代を支払うことに。

そんな時に助かるのが動産保険などの保険商品。
プロならば代理店を通してカメラやレンズに動産保険をかけることも可能ですが、最近では素人の方の動産保険は断られるケースもあるそうです。

そこで、携行品損害を補償できる保険などに入るという選択肢もあるようです。「携行品損害」や「持ち出し家財」といった文言にカメラが入るのかは保険会社に直接聞いてみるのがいいと思います。


カメラが対象に入る場合には、保険料と1事故あたりの最大保証金額、そして免責金額などもチェックしておくと他社の保険と比較しやすいですよ。
高いレンズやカメラをお持ちの方は検討してみても良いかも知れません。

ちなみに私は100万円近いカメラが壊れた時に動産保険で助かった経験があります。あの時は保険会社が神に見えました^_^;





このエントリーをはてなブックマークに追加



【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/21   自動運転車から発射されるレーザー光線でデジタルカメラの撮像素子が壊れる!?
01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・

<<世界最大級の鉄道ジオラマ撮影情報やEOS Mの実写レポートなど | ホームへ | 今から150年前の写真館で家族写真を撮ると撮影料は20万円だったんですよ~。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |