TOP写真&カメラのコラム

高いカメラやレンズを購入した時には機材に保険を掛けるという選択肢も考えてみましょう

プロカメラマンならば数百万円もする超望遠レンズやボディなどを持っている人も多いのですが、今ではハイアマチュアの方でも驚くような高価な機材を使っている人を見かけます。機材だけ見たら、どちらがプロだか分からない時代になりました^_^;

高いレンズは車と同じような値段の物もあります。大きな高いレンズほど重かったりするので落とした時には自重で壊れてしまうことも。
数十万や数百万円のレンズやカメラが壊れてメーカー保証が使えれば良いですが、保証が使えない壊れ方の場合は自分で修理代を支払うことに。

そんな時に助かるのが動産保険などの保険商品。
プロならば代理店を通してカメラやレンズに動産保険をかけることも可能ですが、最近では素人の方の動産保険は断られるケースもあるそうです。

そこで、携行品損害を補償できる保険などに入るという選択肢もあるようです。「携行品損害」や「持ち出し家財」といった文言にカメラが入るのかは保険会社に直接聞いてみるのがいいと思います。


カメラが対象に入る場合には、保険料と1事故あたりの最大保証金額、そして免責金額などもチェックしておくと他社の保険と比較しやすいですよ。
高いレンズやカメラをお持ちの方は検討してみても良いかも知れません。

ちなみに私は100万円近いカメラが壊れた時に動産保険で助かった経験があります。あの時は保険会社が神に見えました^_^;






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<世界最大級の鉄道ジオラマ撮影情報やEOS Mの実写レポートなど | ホームへ | 今から150年前の写真館で家族写真を撮ると撮影料は20万円だったんですよ~。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |