TOPニコンのデジカメ関連製品全般

見えない部分が見えた!露出アンダーでもOK!? Nikon D600の凄いダイナミックレンジ幅【実写速報 第2回】

第1回目のNikon D600の凄まじい解像力の話に続いて第2回目はD600が持つ画像の粘り強さについてレポートしてみようと思います。
画像の粘り???
ナンノコッチャ。と思われているかも知れませんが、露出オーバーで明るくなりすぎてしまった写真や、露出不足で暗くなってしまった写真をフォトショップ等の画像処理ソフトでどの程度救うことが出来るのか!という主旨のことが言いたいだけなんです。

露出不足で暗くなってしまった写真を明るくしようと修正したけどダメだった場合などは「画像に粘りがない!」な~んて使ったりします。これは私だけが使っている用語かな?そんなことないですよね・・・^^;

まあ、それは良いとして。
下の2枚の写真を見て頂けますでしょうか。
2枚ともNikon D600で撮影した写真です。
前回に引き続きしょうもない写真なんですけど^^; せっかくのD600が泣きますね(T_T)
まあ分かりやすい作例ということで許してくださいm(__)m






この2枚の写真を、よ~~~く見た上で(覚えた上で)下の写真をご覧ください

以下の2枚の写真が上の写真の元画像です。
かなり露出アンダーですよね。
2枚めの写真の雲の部分は露出オーバーで木の部分は露出アンダーです。


この下から木を見上げた写真は木肌もアンダー気味ですが葉の部分は暗すぎて見えません。
ですが、この写真もPhotoshop Lightroomという画像処理ソフトを使うことで上の写真のように細部まで明るく補正することが可能でした。

※元画像はjPGです。
RAWからの現像ではありません。jPGでもこれだけのレタッチが可能です。





2枚目のこちらの被写体は露出差が大きいため普通に撮影すると露出オーバーの部分とアンダーな部分が混在してしまいます。
まさに、この写真がその状態。

雲の部分は露出オーバーで白とびしてしまい、下の木の部分はアンダー気味になっています。
これはこれで良いのかも知れませんが、Nikon D600の持つ画像の真価を知るために画像処理したのが、先ほどの写真です。見事に雲の部分も木の部分も補正することが可能でした。

これはカメラが持つダイナミックレンジの幅の広さを示していると思います。



具体的にLightroomでどの程度の処理を施したかは以下のパラメータをご覧ください。

1枚目の処理
木を下から見上げた写真を処理した時のパラメーターです。

露光量が+1.5とかなり無理をさせているのですが、今までのカメラより耐えてくれている印象を受けました。

2枚目の処理
雲と木が混在している写真を処理した時のパラメーターです。

白とび軽減が100
補助光効果が100

この2つの補正量は画像にメチャクチャ負担をかける処理です。通常は絶対にここまで数値を上げることはありませんが、あえて100にしてみました。

驚いたことに予想以上に処理後の画像が良いんです。素晴らしい。なんとか耐えてくれています。


発表前のD600の認識は・・・
既に発売されている高画素タイプのフラッグシップモデルD800の廉価版で、かなりグレードを落としてきているのだろうと予測していましたが、いい意味で完全に予想外でした。jPG画像でこれだけ凄いとなるとRAW現像したときには・・・。
(RAW現像しなかったのはjPG画像の粘りを見たかったのと、RAWに関してはまだメーカーの現像ソフトが対応していないためです。)

解像度の点でも文句の付けようが無さそうですし、過度な画像処理にも耐えられる画像の粘りまであります。
正直驚きです。

D800を悪く言うつもりはありませんが、D600の方が圧倒的にコストパフォーマンスが良い気がします。これを書くと一部の方にお叱りを受けるかも知れませんが・・・。
D4やD800の方が優れている点も色々ありますから、あくまでコストパフォーマンスの話ですよと付け加えておきます^^;


第1回目のNikon D600の凄まじい解像力の話をお読みで無い方の為に、解像力の凄さを表す作例も1種類だけ載せておきますね。気になった方は1回目の前回のエントリーをお読みください。

まず見て頂きたいのはこちらの写真。
花にバッタがとまっているフツーの写真です。
何が言いたいかと言いますと・・・




上の写真の元画像がこちらなんです 
少し離れて貼り付けますね。






この写真の一部分だけをトリミングしていたんですね~~~。
これだけトリミングしてもバッタの羽のスジも見えるのですから本当に驚きです。




今回のエントリーで使った3枚の写真の元画像も気になると思いますので下に貼り付けておきます。

ただ、現在使っているサーバーは2MB以上のデータをアップロード出来ないので、若干リサイズをした上に2MB以下になるようにJpg圧縮をかけています。
ですので撮って出しの実画像では無いことをお断りしておきます。


クリックで拡大します。



[モデル] NIKON D600
[焦点距離] 24.0 mm
[シャッタースピード] 1/80 秒
[ISO感度] 400
[絞り] F4.5
[露出プログラム] プログラムAE
[測光モード] 分割測光
[レンズ] AF-S NIKKOR 24-70mm
f/2.8G ED


[モデル] NIKON D600
[焦点距離] 24.0 mm
[シャッタースピード] 1/500 秒
[ISO感度] 320
[絞り] F11.0
[露出プログラム] プログラムAE
[測光モード] 分割測光
[レンズ] AF-S NIKKOR 24-70mm
f/2.8G ED


[モデル] NIKON D600
[焦点距離] 24.0 mm
[シャッタースピード] 1/400 秒
[ISO感度] 200
[絞り] F5.0
[露出プログラム] プログラムAE
[測光モード] 分割測光
[レンズ] AF-S NIKKOR 24-70mm
f/2.8G ED




D600関連のエントリーは以下です。

マジ!? Nikon D600の凄まじい解像力に脱帽。【実写速報 第1回】
昨日発表されたニコンの最新機種D600! 本日より銀座のニコンプラザでも店頭展示され実画像も持ち帰ることが可能になったそうです。 ということで、本日よりD600の実写画像が公開可能となりました。 早 ...
D600の解像力をレポ


見えない部分が見えた!露出アンダーでもOK!? Nikon D600の凄いダイナミックレンジ幅【実写速報 第2回】
第2回目はD600が持つ画像の粘り強さについてレポートしてみようと思います。 画像の粘り??? ナンノコッチャ。と思われているかも知れませんが、露出オーバーで明るくなりすぎてしまった写真や、露出不足で ...
ダイナミックレンジのテストです。



Nikon D600のシャッター音! D700/D5000との比較動画【実写速報 第3回】
NikonD600が発表され、今週の連休は銀座ニコンのショールームへ実機を触りに行く方もいらっしゃるかと思います。 ですが忙しくて行けない!という方も多いはず。 ネットでD600の話題を見ているとシ ...
D600のシャッター音を収めた動画です






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/09   「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?
12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Nikon D600のシャッター音! D700/D5000との比較動画【実写速報 第3回】 | ホームへ | マジ!? Nikon D600の凄まじい解像力に脱帽。【実写速報 第1回】>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |