TOPニコンのデジカメ関連製品全般

DXフォーマット用レンズがフルサイズでも使えた!「NIKKOR 35mm f/1.8G 」

ニコンのDXレンズをフルサイズ機に付けて撮影するとどうなるのか。

そう質問すれば、多くの人が「四隅がケラれる」と答えると思います。
では実際にそうなのか!試して見ました。

今回はとてもお手軽な価格で手に入るDXフォーマット用の単焦点レンズNikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gでテスト。

ニコンのD3にDXレンズが付いているのは何とも不思議な感じですが、とても興味のあるテスト。

ニコンのレンズカタログにはイメージサークルが明記されていないのですが、このレンズは何となくイメージサークルが大きいのを感じていたので今回のテストは結構ウキウキ。

イメージサークルという言葉をご存知無い方もいらっしゃると思いますが、レンズの光がフィルムに入った時に映像を写し込める範囲(カバーしている円)のことです。

なので、このイメージサークルが小さいとフルサイズの範囲はカバーしきれずにDX用のレンズになるわけです。


今回テストしたAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gですが、ニコンのホームページにもハッキリとDXと明記されたDXフォーマット用のレンズです。

つまりイメージサークルがFXサイズをカバーしていませんよということ。

でも撮影してみると面白い結果が出ます。


下の写真はノートリミング。
ニコンのFX機で撮影した写真です。

四隅がケラレるハズが・・・。
あれ???

四隅はケラレていません。


正確にはケラレが見えにくいだけなんですが^_^;

では、なぜこういう現象が起きるのか解説と共に、本当にAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gがフルサイズで使えるのか見ていこうと思います。
下の空の写真を御覧ください。

クリックすると大きくなりますが、縮小された画像でもお分かりになると思います。

空のように単調な絵柄の場合はケラレ具合が良くわかります。
先ほどの梅の写真は絵柄的にケラレが見えにくかっただけで、実際には下の写真のように四隅がケラれているんです。


そのケラレもレンズの絞りによって見え方が変化することが分かるでしょうか。




上の写真の左は開放絞りのF1.8
右の写真はF4.0

あまり変化は見られませんが、若干ながら四隅にケラレが見られます。でもこの程度の周辺光量不足ならば、わざとトイカメラなどで楽しむこともありますから反対にこの周辺減光を使った撮影も楽しめそうです。


下の写真はF5.6とF8.0
F8.0になると一気に周辺光量の減光が目立ってきます。
ここまで行くと周辺減光を楽しむと言うよりも、ケラレてしまった。という表現が似合いそう。




F11以上になると完全にイメージサークルの縁が見えてくる感じでトリミングせざるを得ません。



このレンズを使ってフルサイズで撮影して思ったのは、F5.6程度までならばFX機(D3やD700などのフルサイズ機)で使えるんではないか。
もちろん、周辺光量不足が発生するのを分かった上で使わないとダメですが、スナップ等で楽しむならば十分楽しめるフルサイズ用のレンズなのでは?との感想。

だって、同じ単焦点の35ミリレンズでFXフォーマット用になると、一気に価格が7倍です!もちろんイメージサークルの違いだけではありませんが・・・。それはここでは置いときます^_^;


Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8Gアマゾンで2万円程度なのに対し、FX用の35ミリF1.4レンズは15万円。




もちろんニコンが公式に薦めることは無いと思いますが、絞りこまないことを前提にしてイメージサークルの比較的大きなDXレンズをFX機で使うのもありかなぁ~と。
でも一眼レフ用のニッコールレンズってイメージサークルが表示されていないんですよね^_^;

4×5用のレンズならばアオルことを前提に考えてるからイメージサークル表記が前提になっていますけど、一眼レフの場合はアオリは無いですから・・・。
いちいち調べないとダメなのかな。

とりあえずNikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G AFSDX35 1.8GはF5.6程度までの絞りなら周辺光量不足を前提にすれば使えそうですね。






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<花の無料写真素材/フリー画像素材 | ホームへ | シャボン玉に反射する太陽>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |