TOPニコンのデジカメ関連製品全般

GPS機能の無いデジカメでもジオタグの埋め込みが可能。デジタルカメラとiPhoneを「Nikon ViewNX 2」を使って連携させてみる。

最近はコンパクトデジカメにGPS機能が付いていたりしますよね。

写真データにGPSのジオタグデータが入っていると結構便利なシーンが沢山あります。
海外などで初めて訪問する場所や、国内でも後で撮影場所をハッキリとさせておきたい場合など、GPS機能があると便利です。

ではGPSの機能が付いていないコンパクトデジカメや一眼レフカメラでは諦めるしか無いのでしょうか?


いえいえ、GPSデータは後から付加することが可能です。ですのでGPSのログが残せてGPSログを書き出すことが出来さえすれば写真データにGPSのジオタグをつけることが可能です。
Nikonの一眼レフカメラであればGP-1を付ければ自動的にジオタグを埋め込むことが可能ですが、今回はコンパクトカメラでもジオタグを簡単に埋め込む方法をご紹介します。


必要なものは「iPhone」とGPSアプリです。


私のオススメアプリは「GPS-Trk 2


GPSのアプリは電池の減りがメチャクチャ激しいのですが、その中でも「GPS-Trk 2」は比較的電池の減りが少ないアプリの一つです。また他のアプリと比べて遊びの要素が少ない分だけアプリが洗練されていてサクサク動きます。



基本の画面ですが、他のアプリと比べると遊びの要素がまったくありません。しかしながらログを取るのが目的ならば問題ありません。
というよりも、ベースの画面はシンプルである方がベターだと私は思います。
他のアプリよりもサクサク動きます。




ログを計測した後は、各ポイントごとに情報として見ることも可能ですし、地図に軌跡を表示させることも出来ます。





ポイント間隔をメートル単位や秒単位で設定することも可能。
GPSデータを書き出すときには
・各ポイントごとのリンク
・KML形式
・KMZ形式
・GPX形式
の方法でログを書き出すことが可能です。




地図表示では、記録された各ポイントの時間なども表示することが可能で、どの場所を何時に通ったのかが一目でわかります。




設定画面とは別に、各ポイント表示の時と地図表示の時には、メニューがそれぞれ用意され、詳しいGPSデータなどを表示することや、ログデータをメールに送ることも可能です。

このログを使って画像データにGPS情報を埋め込みたいと思います。
ちなみに、他の機器でもGPSのログデータを書き出すことさえ出来れば画像データに埋め込むことは可能です。

では、具体的な埋め込み方法を以下で紹介します。

今回使ったソフトはNikonの画像サムネイルソフト「Nikon ViewNX 2」です。




バージョンが2になってからは機能がより一層充実して重くなった感があるソフトですが・・・(~_~;)
こういう面倒な作業などはクリック一つで出来るようになり非常に素晴らしいサムネイルソフトです。


画像を「Nikon ViewNX 2」で開いたら、「編集」→「Log Matching」をクリック。



すると、以下のようなウィンドウが出てきますので、アプリから書き出したGPS情報(GPX形式)を選ぶと自動的に近時の画像データにGPS情報を埋め込んでくれます。
この一括作業は非常に素晴らしいですね。

また、もしもカメラの時計がiPhoneの時計と若干ズレている場合には微調整が可能です。
ただ、基本はカメラの時計もiPhoneの時計も時報に合わせておくことが大前提ですのでお忘れなく。



「Nikon ViewNX 2」ではGPS情報が埋め込まれると地球のようなマークが付きます。


「Nikon ViewNX 2」でマップを開くと、どのポイントで写真が撮影されたかも地図上で確認できますのでとても便利ですよ。




もしも、自分のデジカメにGPS機能が無くて困っているiPhoneユーザーは試してみてくださいね。







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<惑星? シャボン玉の撮影です。 | ホームへ | デジタルフォト&デザインセミナー 2011 登録開始です!>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |