TOPPhotoshop全般

劇的に写真のノイズを除去する方法。コンポジット合成によるノイズ除去。フォトショップでも可能です。

いや~、久しぶりに面白い技見つけちゃったなぁ~という感じです。

まあ、普通の方法では無いのである程度覚悟して(笑)読んで頂ければと思います。

コンポジット合成って言葉は天体写真を撮影する人達の間では良く知られている言葉ですが、これがノイズの除去に応用できるとは思いませんでした。


もったいぶらずに、早く話を進めろ!という声が聞こえてきそうなので、どのような写真へと変貌を遂げるかを・・・。

ノイズ除去前の写真がこちら。


ISO6400から、さらにHi2の設定をしたので、
ISO25600相当のISO感度になっています。

無理やりノイズが出るように撮影しました。
さてさて、この写真をある方法で加工すると以下のような写真に大変身。




どうでしょうか?
マジ驚きです。

では、種明かしを。

この写真、実は20枚の写真を合成させてノイズ部分だけ除去させたんです。

もとの写真は、20枚ともにノイズだらけ!

しかし、ある方法で合成させるとノイズが除去されて合成されます。
これを、巷ではコンポジット合成によるノイズ除去と言うとか言わないとか(笑)


私は、上の写真をフォトショップの機能でノイズ除去させましたが、結構手間がかかるのとある程度の知識が必要なので(難しくは無いですが)専用のソフトを使うことも出来ます。

専用ソフトがどのような方法で除去しているのか、大体想像がついたので、フォトショップで似たような処理を行いました。

処理後の画像の違いはほとんどありませんが、専用ソフトの方が圧倒的に早いです(~_~;)

フォトショップで処理するのは面倒かも。アクション作っちゃえば楽かな?まだ試していませんが。
フォトショップの場合はこんな感じでレイヤーが重なりますから・・・。

私の独自で考えた処理方法ですと、元画像プラス2枚のレイヤー出来るので、今回の写真は全部で22枚のレイヤーで完成しております。


あまり、もったいぶっていると閉じられそうなので(~_~;)
専用ソフトのご紹介を。

今回、このフォトショップでのノイズ除去方法を思いついたのは


ブログ「Photo blog of PEC」さんの以下のエントリーを読んだから。
・驚異のISO12800
http://tspec.exblog.jp/12139153/


ちなみに、リンク集のところに「おらひ日記帳」が・・・。
yukinyaaさん、どこにでもコネクションあるんですね~。
スゴイです。




PECさんが使われていたソフトが
Photoacuteというソフト。
http://www.photoacute.com/


このソフトはノイズ除去以外にも色々と出来るようですが、まだそれほど試していません。
無料で試用版としても使用可能です。ウォーターマークは入りますが処理は同じですから気になった方は試してみてください。


上の元画像をこのソフトで処理すると、以下のような感じになります。
左側が元画像の中の1枚。右が処理後の画像です。

フォトショップで処理するよりも圧倒的に早い!!!

20枚もの写真を合成するわけですから、フォトショップでは写真の位置を整列(手持ちで撮影したときには位置がズレるのでそれを位置調整する)が必要ですが、このソフトは、それも同時に行ってくれます。

まあ、$119しますので、フォトショップでの処理よりも楽でなくちゃ(^^♪
ただ、このソフトはレンズ等に縛りがあるようで、違うレンズで撮影したものだと処理するときに画像が多少湾曲したりしてしまいます。

ただ似たようなレンズを選択すれば一応処理できます。

では、フォトショップでの処理とPhotoacuteでの処理を比べてみようと思います。

こちらがPhotoacuteでの処理↓


そして、下の写真がフォトショップでの処理です。


まあ、完全に同じとまでは行かないかも知れませんが、ほとんど専用ソフトと同等の処理がフォトショップでも行えることが分かります。


で、このフォトショップでの処理後の写真をノイズ除去ソフトであるNeatImageでさらに処理をすると、元画像からは考えられない綺麗な画像へ大変身します。


上の写真はクリックすると拡大します。


写真に説明書きを書いておいたので見て頂ければ分かると思いますが、素晴らしい変化ですね。

まあ、ウラ技的な部分がかなりある方法ですが・・・(~_~;)

天体写真は合成することが当たり前の世界ですから、こういった合成によるノイズ除去も抵抗無く存在するのでしょうね。


あくまでも、この方法は写真の合成です。
同じ写真を数枚~数十枚撮影して良いとこ取り(^^♪

使用するときには、やっぱり「合成処理しています」とか書かなくちゃダメかなぁ。


ただ、PECさんも仰っているように、手持ちでしか撮影できない場所で、どうしてもスローシャッターになってしまう場合などは、ノイズが出ることを承知でISO感度を上げて、高速シャッターで何枚も同じ写真を撮影。

結果としては、ノイズレスの写真が手持ちで撮影できる!

ってな具合に活用出来ますね。

デジタルになってから、撮影の手法など完全に頭を切り替えなくてはいけないかもしれませんね。

ただ、この手法はカメラ本体にも簡単に装着出来そうですね。
今はコンパクトデジカメでも1秒に10コマ撮影とかありますから、明るさの暗い場所では、自動的に10枚~20枚の写真を撮影して、合成処理してノイズレスの画像を生成させることは簡単のような気がしますね。


おっと、フォトショップでどういう処理をしたのか書くのを忘れていました。

種明かしすると専用ソフトのPhotoacuteが売れなくなるかな(~_~;)
フォトショップの場合はレンズに縛りも無いですし・・・。


先ほどの写真をもう一度使いますが↓


同じように撮影した写真を(ここでは20枚ですが)レイヤーで重ねます。
LightRoomからでしたら、複数枚の写真をレイヤーで開くことも簡単ですよね。

もちろん、開いた写真を一枚ずつ重ねていっても同じです。

で、開いたレイヤーを全て選択して、レイヤーの整理を行って、位置を調整して合わせます。

これで準備はOK。

まず、レイヤーを重ねたときの描画を「カラー比較(明)」で全て統一します。

そして、全て統一させた画像を一度すべて結合させて、あらたな一枚のレイヤーを作成します。
これで、レイヤーは21枚になりました。


次に、レイヤーを重ねたときの描画を「カラー比較(暗)」で全て統一します。
そうしたら、その20枚のレイヤーを、またあらたな一枚のレイヤーを作成します。

これで、レイヤーは22枚になりました。

統一させた2枚のレイヤー以外は、もう意味を持たないので捨てても構いませんが、そのままでもOK。

「カラー比較(暗)」と「カラー比較(明)」の2枚のレイヤーが出来上がりましたが、上のレイヤーの透明度を50%にして完成です。


フォトショップ初心者の方はチンプンカンプンかもしれませんが、使い込んでいる方はお分かりになったかと思います。

もしも、意味分からん!

ってな人が多ければ、もう少し詳しく解説します。要望があればですけど・・・(~_~;)







このエントリーをはてなブックマークに追加





Photoshop全般 | 2010.03.05 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日
10/31   写真関連ニュース  宅撮りやスタジオ撮影、おひとりさまから合わせまで解説している「コスジェニック レッスン」など 2018年10月31日
10/30   今日の写真関連ニュース 人物撮影のコツをプロカメラマンが伝授!/「EOS R」を実際に使ってみた記事など 2018年10月30日
10/29   今日の写真関連ニュース 掛け軸ならぬ「フォト軸」で有名なデイモン・ベイ氏の写真展が開催中など 2018年10月29日
10/28   今日の写真関連ニュース 無断転載に立ち向かい裁判で90万円勝ち取った夜景写真家の岩崎さんなど 2018年10月28日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Nikon D3sのISO感度102800で撮影したものをコンポジット合成。ここまでノイズ除去出来ました。フォトショップも大健闘。 | ホームへ | デジタルハリウッド無料講座を受講してみた。 PhotoshopCS4「フォトショップを使いこなすための講座」が期間限定無料公開。>>
こんばんは、ご紹介ありがとうございます。
Photoacuteを使うときのレンズの種類ですが対応レンズではないものを使う場合、「Correct image geometry」をoffにしておけばOKだと思います。私は通常一番上のAuto-crop outputのみONにチェックを入れてます。
それとコンパクトカメラの件ですが、最近のSonyのCybershotにはこの方法によるノイズ除去機能がカメラに内蔵されてます。
2010/03/05 22:52 | PEC #bxyGH7xE | [edit]
PECさん

こちらこそ、素晴らしい情報ありがとうございました。
コンポジットというと、天体写真という固定概念があって、試しておりませんでしたが、こんな結果になるとは驚きです。

フォトショップでも処理できることが分かったので、今後、さらに処理をカスタマイズして行こうかと思っています。

既にコンパクトカメラで実装されていたんですね。
私の先輩でソニーのコンパクトを持っている方がいて、夜景のノイズが少ないと言っていたのはは、その技術だったのかもしれません(^_^;)

レンズが対応している時の対応など勉強になりました!
ありがとうございます。

ちなみに、専用ソフトで処理できる枚数の上限ってあるのでしょうか?



> こんばんは、ご紹介ありがとうございます。
> Photoacuteを使うときのレンズの種類ですが対応レンズではないものを使う場合、「Correct image geometry」をoffにしておけばOKだと思います。私は通常一番上のAuto-crop outputのみONにチェックを入れてます。
> それとコンパクトカメラの件ですが、最近のSonyのCybershotにはこの方法によるノイズ除去機能がカメラに内蔵されてます。
2010/03/06 16:41 | ☆Orca☆ #- | [edit]
たまたま検索で辿り着きました。
凄い!これこそコンデジ使いの私がずっと求めていたことです。
しかもかなり最近の記事ですね。Orcaさんがこの記事を書くのが遅ければ諦めていたでしょう。貧乏性なので。

勢いでさらに調べるとRegiStax5というフリーソフトがありました。
これも素晴らしい。試してみたので写真アップしてみます。
http://picasaweb.google.co.jp/ralitphoto/RegiStax5?feat=directlink
ブラウザ上で等倍表示出来ないようなので、もしよかったらダウンロードしてみて下さい。
元画像はこれでもISO100です。大センサーサイズのカメラが欲しいです。
2010/03/13 16:43 | ralit #eoVsTAQA | [edit]
ralitさん

お役に立てたようで良かったです。

また、新しい情報をありがとうございます。
45枚コンポジットの写真が増えていますね♪

私もフリーソフトを今度試してみようと思います。
コンデジはノイズが出やすいですから、限定的な使い方になってしまうかもしれませんが、面白い写真も撮れそうな気がしますよね。

ISO400の45枚は縮小画面でも差が一目瞭然。
でも45枚を毎回やろうとすれば大変ですね。

これから先、コンデジはどんな風に進化するのか!楽しみです。

2010/03/15 14:14 | ☆Orca☆ #- | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |