MENU

インクジェットで出力したプリントの保護について (耐光性、耐オゾンガス性、耐湿性、耐水性を高めるために)

勝負プリントを出力した後の保存に関して、皆さんはどのようにされているでしょうか?
私はプリントの保存に関しては素人同然なので、皆さんに対して発信できる様な立場ではないのですが、私の知っている範囲で自分の備忘録の為に書こうと思います。
あくまでも、そんなものなのかな?程度にお読み頂ければ幸いです。
プリントの変色などの劣化は長年の悩みであり、いまだ完全な解決がされていない問題の一つだと思います。
で、プリントを劣化させる原因として挙げられるのは、
・日光をはじめとした光
・オゾンガス
・湿気
・水
おおよそ上記が挙げられるのではと。
その中でも、厄介なのがオゾンガスだといわれています。
劣化の原因で一番強烈とも言われるオゾンですが、どのようなものなのか・・・
調べると、
空気中に存在するオゾンガスは強烈な酸化作用を持っているそうで、この酸化作用によって、印刷された画像を変退色させる現象を起こすとのことです。
また、オゾンガスの他にも、酸化性ガスとしては、NOx、SOx等があるそうですが、これらの酸化性ガスの中でもオゾンガスがインクジェット出力プリントに対する変退色現象をより促進させる主原因物質と言われています。
要するに、プリント劣化はオゾン対策が必要だと言うことですね。
この厄介なオゾンは高電圧の電化製品の近くで発生するものらしく、私たちの身の回りに当たり前のようにあるそうです。
最近ではオゾン発生器なんてものも売ってますしね(笑)
で、現在はどのプリントメーカー(インクメーカー)も、インクジェットプリントに対しての耐光性、耐オゾンガス性、耐湿性、耐水性の向上を日々研究しているようです。
もちろんインクだけでなく用紙にも問題がありますから相互関係で劣化が決定されるので、用紙に対する研究も同時平行で行われています。
ただ、全てをメーカーの開発に頼るだけでなく、自分自身でも対策は出来ないのか?ということでプリント保護剤なんてものが発売されています。
有名なものとしては
ライソン・プリントガードがあると思います。
printguard.jpg
【ご注意】吹き付けた後は写真のトーンが若干沈みます。プリントガード使用を前提とする場合、この点も考慮してプリントする必要があります。
との注意書きがあります。
以前、保護剤と言えば絵画美術の世界のもので木炭や鉛筆、コンテなどの保護剤がメインでしたが、最近ではインクジェットプリントの劣化を嫌う人が多くなった関係で、インクジェットプリント用保護剤というのがライソンのプリントガード以外にも結構出てきたようです。
絵画の世界で良く使われているものとしては、
フィクサチーフというのがあるそうです。
フィクサチーフ.jpg
このスプレーは合成樹脂をアルコールに溶かしたものとのことですが、これは変色の危険が少なく、インクジェットプリントにもオススメとの話も聞きます。私は使ったことはありませんが、オゾンに対しての防御能力は結構あるそうです。
また、最近量販店などでも良く見るのが
ウォータープルーフスプレー
ウォータープルーフスプレー.jpg
でしょうか。こちらは比較的安価で手に入れやすいかもしれませんね。効果のほどなどは試していないのでわかりませんが。
で、これらのスプレーを使う際に気をつけなくはいけないのは
1、換気を必ずする
2、使用前に缶を良く振る
3、30センチほど離して、ムラがないように均一に吹き付ける(試し吹きをしてから本番に入る)
・この際には缶は平行にして傾かないようにするのが良いとか。
4、使用後は逆さにして空吹きをする(目詰まり防止のため)
このようなことを美術学校では習うそうです。
平行にして傾けずに吹き付ける!っていうのは難しい(笑)
ということで、私も勝負プリントが出来たら、面倒がらずにたまにはやろうかなぁ~と思ったりしている昨今です。
メーカーの○○年保障なんていうプリントも劣悪環境だったら数年したら変色してしまいますからね。
一番は保存に気をつけることでしょうか。
私の場合は、そんなに手をかけてまで保存したい!と思える写真を撮影出来るようになることのほうが先ですが(笑)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer,Drone Pilot

CERTIFICATION
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)
JUIDA無人航空機操縦士
第二級陸上特殊無線技士

写真やドローン関連を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメント一覧 (2件)

  • SECRET: 0
    PASS: caf13ceac281cb18678378ac68d30b14
    私もまだ調査途中ですが、ウォータープルーフスプレーには耐ガス性はないとのことです。耐UV性のようです。
    また溶剤はアルコールですから、染料インクは十分に乾いてから用いる必要があるかも。
    耐ガス性はタブローという保護ニスが有効なのですが、インクジェットとの相性や危険性については不明です。私もこれからやってみる予定ですが。

  • SECRET: 0
    PASS: 9af45d0c03b7e608d8950ea019cafca6
    >dojou7さま
    補足説明ありがとうございます。
    タブローという言葉自体初めて聞きました(~_~;)
    ニスにも様々な種類があるんですね~。
    タブローですか。あとで検索してみます。
    そして、タブローニスの人柱!
    ありがとうございます(^^♪
    結果たのしみにしておりますm(__)m

コメントする

もくじ