MENU

SB-800・ニコンのスピードライトの個体差はどのぐらい?

SB-800(ニコンのストロボ)の個体差(経年劣化)を調べてみました。
(巷では来月あたりにニコンの新機種と同時にスピードライトが発売になると騒がれていますので、今のうちに最新機種として最前線で頑張ってくれているSB-800にスポットをあてたいと思います)
計測環境は以下のとおり。
○スピードライト
・SB-800
設定
  照射角50ミリ
○露出計
・ミノルタ フラッシュメーターⅣ
設定
  ISO100
  シャッタースピード 1/250
○計測距離
・スピードライトと露出計の距離は1メートル
計測A・SB-800(ほぼ新品)
1/1 F22-7
1/2 F16-7
1/4 F11-8
1/8 F8.0-8
1/16 F5.6-7
1/32 F4.0-7
1/64 F2.8-6
1/128 F2.0-6

計測B・SB-800(1年ほど使用)
1/1 F22-6
1/2 F16-6
1/4 F11-7
1/8 F8.0-8
1/16 F5.6-6
1/32 F4.0-7
1/64 F2.8-6
1/128 F2.0-5

計測C・SB-800(発売当初に購入後ほぼ毎日使用)
1/1 F22-4
1/2 F16-6
1/4 F11-7
1/8 F8.0-6
1/16 F5.6-7
1/32 F4.0-5
1/64 F2.8-6
1/128 F2.0-5

こうして実際に計測してみて、思ったのは、やはり同じスピードライトでも3台に多少のバラつきはある。
しかし、このバラつきが個体差なのか、それとも経年劣化によるものなのかは、新品時に測っていないので何とも言えませんが、発売当初からほぼ毎日使用しているスピードライトとほぼ新品の物との差が、コンマ3程度とは素晴らしい。
これほど小さい中に納まっているにも関わらず、これだけの精度を出したのは、私の中では結構驚きでした。
計測する前は、もう少し差が出るのでは?と思ったのですが、予想以上の結果に、ニコンのスピードライトに対しての信頼はあがりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer,Drone Pilot

CERTIFICATION
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)
JUIDA無人航空機操縦士
第二級陸上特殊無線技士

写真やドローン関連を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメントする

もくじ