MENU

写ルンです!まだまだ健在だった!!! 使い捨てカメラの自販機を発見。

2011年の夏休みは八景島シーパラダイスに行って来たのですが、そこで大発見!
あの伝説的な大ヒット商品「写ルンです 」を含めた使い捨てカメラの自販機を久々に発見しました。

未だにご健在だったとは!
(2021年現在でもメーカーから写ルンです シンプルエースが販売されています!)

薬局でのワゴンセールで見かけることはあっても首都圏近郊の観光地で見かけることは無いだろうと思っていた矢先の発見でした。

ここで販売されていたのは
・富士フィルムの写ルンです Night & Day 夜景モードで明るくキレイ
・コダックのスナップキッズ フラッシュ
の二種類でした。

調べてみたら、当時は現役商品なんですね~~~。
薬局のワゴンセールだなんて発言してゴメンナサイOrz

2003年に発売された富士フィルムの写ルンです Night & Dayは使い捨てカメラなのに非常に画期的な作りで驚きましたよね。
その当時の資料が残っていたので添付しますが↓

今まで可変絞りでなかった写ルンですがF14とF6.2という2つの絞りを搭載して、さらにフラッシュの強さも2段階、シャッタースピードもスローシャッターの1/45秒を搭載するなどして世間を騒がせました。

バネで蹴飛ばすだけの簡易なシャッターだけに、1/120秒と1/45秒の切り替えは簡単なようで難しかったようです。

絞りも当時の使い捨てカメラとしては最も明るい、

F6.2! 片面非球面のプラスチックレンズの2枚構成で絞りはレンズの中間に配置したのだとか。

さらに明るくF5.6のレンズを使っている機種もあったそうです。レンズは同じく2枚構成。
デジカメは半年ごとに新しい商品が次から次へと発売されるのに、写ルンですは発売から何年経過しても、ほとんど変化せず発売を続けているんですね。
反対に感動してしまいます。

完成された完璧な使い捨てカメラだったわけですから。

2021年現在は
・写ルンです シンプルエース
mainvisual_01.jpg
この1種類のみが販売されているとのこと。
まだまだニーズがあるんですね。
現役で活躍している使い捨てカメラの紹介でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Nickname : Orca   
Gender : man 
My job : Photographer,Drone Pilot

CERTIFICATION
アドビ認定Photoshopエキスパート(ACE)
JUIDA無人航空機操縦士
第二級陸上特殊無線技士

写真やドローン関連を中心に気になる情報を備忘録として書いております。
d.bibouroku@gmail.com

コメント

コメント一覧 (4件)

  • SECRET: 1
    PASS: eeb78de88c86b51dc55d5a3a84833c7a
    こんにちは。
    「使い捨て」って言われますけど、
    回収後、再利用されている部分も多いと
    聞いたことがあります。
    メーカーは「レンズ付きフィルム」って
    称しているようです。
    像面湾曲を補正するのにフィルムを曲げたり、
    さまざまなハイテクが駆使された製品
    なんだそうです。
    いまでも観光地のお土産屋なんかでは
    結構売ってますよ。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    一眼レフを始めてから、ISOや絞りやシャッタースピードについて知りましたが・・・。
    当たり前のことかもしれませんが、写ルンですでも、ちゃんとその設定があることに、今さらながら感動してしまいました(苦笑)
    使い捨てカメラ、侮ることなかれ!ですね~。

  • SECRET: 0
    PASS: 9af45d0c03b7e608d8950ea019cafca6
    鍵コメさま
    こんにちわ!
    コメントありがとうございます(^^)
    確かに、言葉の使い方で全然印象が違いますね。
    使い捨てとレンズ付きフィルムでは・・・^^;
    本当に失礼な言い方をしてしまいましたOrz
    そう言えば、確かにリサイクルの件はCMでもやっていたような。レンズなんかもリサイクルしているんですよね?
    その当時からエコを考えていたなんて富士フィルムってすごいですね~。

  • SECRET: 0
    PASS: 9af45d0c03b7e608d8950ea019cafca6
    tekoさま
    こんばんわ!
    そうなんですよ~。写ルンですがピントを合わせなくても問題ない理由が絞りにあったんですね~。
    私も発売当初はまだまだ未熟でしたので知りませんでしたが、パンフォーカスの原理を使って作られていたとは、おとなになってから知ったことでした。
    でもF5.6の夜景モードではパンフォーカスがどの程度効くのか興味あります(^^)

コメントする

もくじ