デジタル@備忘録


Nikon D5000のISO3200画像 高感度ノイズはこんな感じです。

ニコンの新型デジタルカメラnikon D5000ですが、高感度はISO3200までの設定が可能になっています。

ニコンの公式サイトの画像サンプルにISO3200の画像がUPされていないようですので、参考までにISO3200で撮影した画像をUPしてみます。

撮影条件などによって、ノイズの出方は変化してきますので、この画像だけで判断は出来ないと思いますが、一例として見て頂ければと思います。


下の写真がD5000で撮影したもので、赤い枠内を拡大したものを、下部にUP致しました。
サーバーの関係上、画像サイズの大きい元データがUP出来ませんので、この拡大画像でご確認頂ければと思います。
D5000 高感度ノイズ ISO3200
ファイル情報
画質モード:Jpeg Fine (8-bit)

カメラ情報
モデル名: Nikon D5000
焦点距離: 18mm
フォーカスモード:AF-A
手ブレ補正:ON

露出
絞り値:F/5.6
シャッタースピード:1/40秒
露出モード:マニュアル
露出補正: 0段
測光モード:マルチパターン測光
ISO感度設定:ISO 3200

画像設定
ホワイトバランス:オート, 0, 0
長秒時ノイズ低減:しない
ピクチャーコントロール: [SD] スタンダード
クイック調整:0
輪郭強調: 3
色の濃さ(彩度):0
色合い(色相):0




上部画像の拡大部↓
D5000 高感度ノイズ ISO3200 拡大部

この画像だけで判断することは出来ませんが、ノイズに関してはかなり優秀のようですね。
おそらくD300と同レベルの高感度ノイズ処理が行われているのでは?と感じます。

D3やD700には及ばないものの、D40やD60からはかなりの進歩が見られます。
この価格帯でD300と同レベルの高感度のノイズ処理がされているのであれば、素晴らしいことでは?

長時間露光時のノイズチェックなどもしていないので、今回は完全なノイズチェックとは遠いエントリーではありますが、機会があれば、また今度時間がある時に個人的な検証を行ってみようかと思います。



先日UPした「塗り絵」編集機能ですが、この画像のように、輪郭がハッキリしているものは「塗り絵」編集を使うと、非常に塗り絵の下地に適した画像が生成されるようです。
ISO3200 D5000 塗り絵変換


こういった画像であれば、比較的簡単に塗り絵が出来そうなので、子供用にはピッタリかも(^^♪
関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply