デジタル@備忘録


アメリカ大統領の公式肖像写真で使われた初めてのデジタルカメラは何か? EXIF情報から判明 

オバマ氏の肖像写真が今月の13日に撮影されたようですが、サイトにUPされた肖像写真にEXIF情報が付いているということで、盛り上がっているとのこと。



なぜ盛り上がっているかというと、大統領の公式肖像写真をデジカメで撮影したのはこれが初めてだとか。

さっそく私もサイトへ訪れ、オバマ氏のExifを見てみました(~_~;)



オバマ大統領.jpg


たしかに、サイトに張られている写真にはEXIF情報が付いていました。



オバマ EXIF001.jpg



オバマ EXIF002.jpg



見ての通り、撮影したカメラは、キヤノンのEOS 5D MARKⅡとのこと。
ソフトはフォトショップCS3(Mac)でした。


撮影したPete Souza氏はオバマ氏の写真集も出しているようです。
Pete Souza氏のサイトはこちら↓
https://www.petesouza.com/portfolio.html?loopTrack=1&folio=Image%20Galleries

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 2

There are no comments yet.

yutakarlson  

■オバマ次期大統領 「日本を追い越せ」 代替エネルギー倍増で世界をリードする姿勢-黄昏EUの二の舞にならないように・・・・?!

こんにちは。オバマ次期大統領の正式肖像、私もブログに掲載しました。やはり、他のものと比較するとずいぶん良く撮影されていると思います。デジタル撮影は今回が初めてだということですが、時代の流れを感じます。オバマ政権、環境問題にずいぶん力を入れるようです。いずれにせよ、正しい方向性で環境問題に取り組んで、実効性のある政治を行っていただきたいです。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

2009/01/18 (Sun) 11:51

Orca  

yutakarlsonさま

コメントありがとうございます。
ブログ拝見いたしました。

環境問題、エネルギー問題は今世紀の最大の問題のひとつでしょうね。

私のブログでは環境問題等、難しい話は書かないようにしているのですが、ここはコメント欄ということで。少しだけ私の主観を。


私は代替エネルギーの前に石炭の使い方を考えたほうが良いと思います。
原油の問題が多く取り上げられていますが、世界的な眼で見れば石炭が主のエネルギー源であることは否めません。

しかし、石炭の発電効率を考えたときに、あまりに力を入れていない国が多すぎるように思います。

石炭は埋蔵量で言えば、原油などよりも遥かに頼れる資源です。しかしエネルギー効率の悪さや環境問題の観点から近年悪者のように扱われることもありますが、日本のJパワーのように素晴らしいエネルギー効率を実現させた発電所もあります。

世界的に代替エネルギーを求める前に、発展途上国でも可能な石炭の発電を見直すことが必要かと思います。

代替エネルギーはその上での話ではないかと。


また、オバマ氏は、使用する車の車種や新しく使用するヘリコプターの大量購入など環境を考えているとは思えない行動も見えていますよね。

今後、どのような対策を行うかはわかりませんが、現時点では環境に関して配慮しているようには見えない気が致します。

2009/01/20 (Tue) 00:13

Leave a reply