デジタル@備忘録


立てば芍薬座れば牡丹 「ぼたんの花」は美しさの象徴

「立てば芍薬座れば牡丹」と美人の座り姿の形容言葉に使われる牡丹の花。
王者の風格を持つ巨大な花としても有名です。

ちなにみ、「立てば芍薬座れば牡丹」という言葉は症状に応じた生薬の用い方をたとえているという説もあるそうです。
でもこの説にも色々あるようで例えば・・・

芍薬、牡丹、百合は婦人病の生薬として使われているので「立てば芍薬」とはイライラと気のたつ症状にはシャクヤクが有効という説もあれば芍薬は、立っていられる元気な女性向で牡丹は、座っているのがやっとの病弱な女性向など、例えが色いろあるそうな。

実際のところは良くわかりませんね^_^; まあ美しい花だということは真実です。

牡丹の花005




関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply