デジタル@備忘録



フォトショップの加工で普通の写真も「ゆるカワ」写真になるか実験

先日アップした「ゆるカワ写真に挑戦してみよう」という記事での反響が多数あったので、実験してみます。
「ゆるカワ」写真の定義がそもそも無いので難しいところですが・・・^^;

ゆるくてカワイイ写真に見えるのか?という広義的な感じでチャレンジしてみようと思います。

使ったソフトはもちろんPhotoshop。
コマンドとしては下のキャプチャー画面の通りです。
とても簡易的なレタッチですのであくまで一例としてお読み頂ければと思います。

一応文字で書き起こしておくと以下の6種類の色調補正を使用

・トーンカーブ
・特定色域の選択
・レンズフィルタ
・色相彩度
・レベル補正
・明るさコントラスト

この補正を使って修正した写真が以下。

補正前

補正後


どうでしょう?
ゆるカワとして認められるレベルでしょうか^^;
どんな写真も!という訳にはいかなそうですが、何となくゆるくてカワイイ写真になるような・・・。

もしも認めてくださる方がいらっしゃれば、どのような処理をしたのか具体的な方法を以下からどうぞ。

写真によって以下の色調補正の値は違って良いと思いますし、違うのが当たり前だと思います。
一応参考までに私が上の画像に施した加工の一例を紹介します。
これは上のキノコの写真で使った処理になります。

・明るさ・コントラスト

まずコントラストを-50にしてコントラストを弱めます。
数値はお好みで。

・レベル補正

レベル補正でも真ん中のスライダーを1.50にしてコントラストを弱めてあげました。
こちらもお好みで。

・色相彩度

明度を+15にして明度を高めました。
こうすると何となく柔らかい紗が入ったような写真になる気が個人的にはします。

・レンズフィルタ

レンズフィルタを使って写真全体にイエローを足しました。適用量は20%です。
全体的に青みよりも黄色っぽい方が優しく柔らかいイメージが強くなります。

・特定色域の選択

これはちょっと難しいというか印刷的には反則技的なところがあるのですが
カラーのレッド系でシアンを抜いてあげるとくすみが取れます。またグリーン系でマゼンタを抜くとグリーンのくすみが取れます。同じようにブルー系のイエローを抜くとブルーのくすみが取れます。
この処理は本当にお好みで^^;

・トーンカーブ

最後に今までの処理を行った上でコントラストや明るさを最終的に調整してあげました。




こんな感じの解説はいかがでしょうか?
ゆるカワ写真にするための自分なりの簡単なおてがる処理をご紹介してみました(^^♪

関連記事
Orca
Posted byOrca

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply