TOP日記

写真家の言葉 「ロベール・ドアノー」



Orca

本日はあの有名な「ロベール・ドアノー」の言葉を!




写真家の言葉

「ロベール・ドアノー」

最高の写真、いつまでも心に残る写真は、カメラに捉えられる以前にまず心の中に思い浮かべられたものなのだ。

出典:『写真術』ポール・ヒル/トーマス・クーパー著





ロベール・ドアノーと言えば代表作はコレ!

検索君




パリ市庁舎前のキス(1950年)



この代表作"市庁舎前のキス"のオリジナル作品が2005年に、約2千2百万円で落札されて話題になりました。

この価格は落札予想価格の10倍だったとか。スイス人の方が落札されたそうです。

検索君




オークションプチ情報

作品を出品したのは、なんと被写体になった女性。
彼女は元女優で現在75歳のフランソワ・ボネ氏。



1950年にドアノーに撮影されたあと、ドアノーからプレゼントされたという非常に貴重なヴィンレージものです。そのため、落札価格が関係者の予想を大きく上回ったんでしょうね。



昔、この写真について調べたことがあったのですが、写真は演出されたものだとドアノーも認めています。

ただ演出というとウソか!と思われるかもしれませんが、2人がここでキスをしていたのは事実。


ドアノーが街中で観察しているときに彼と彼女はキスをして、それを見ていたドアノーが2人にもう一度キスをしてくれと頼んだのだとか。

こんなにキスが格好良いのは、2人が役者のタマゴだったから。
色々偶然が重なって、この名作が出来上がったのですね。





ドアノーはたまたま2人のキスに出会ったわけでなく、ずーっと、何かが起きるのを待っていたのだと思います。

ドアノーは、撮影する場所を決めるとその場所から長時間動くことなく、何か偶然の奇跡の瞬間を待つのが彼の撮影スタイルだったからです。それは彼の以下の言葉からも分かります。


写真家の言葉

「ロベール・ドアノー」

私は、なにか確信があって撮影に臨むわけではない。心の中が驚きで満たされる瞬間をじっと待つのだ。

あるいは、奇跡のようなものを待つ。すると、奇跡は必ず起るのだ。

ただ、そのためにはじっと待たねばならない。3時間も同じ場所にじっとしていれば、いろんなことが起る。

あらゆるものが動く町で、じっと立っている男は、いくらもたたないうちに注意を惹くようになる。

人々がやってきは、ごくつまらないことを聞いていく。
ネジ回しを貸してくれと言われるかと思えば、パリ郊外のポルト・ド・クリニャンクールへはどう行ったらいいだろうかと尋ねられる。

そしてついにはスパイに間違われる。
嘘ではない。
じっと立っている男と言うのは、現代では非常に珍しい存在なのだ。

出典:『写真術』ポール・ヒル/トーマス・クーパー著



彼が、市庁舎前で何時間も奇跡を待っている姿が目に浮かびます。

スパイに間違われるまで立って一人前だと言われているようで、まだまだ修行が足りないなぁ~と(~_~;)


今の現代においても、風景撮影や動物撮影以外で、街中で何時間もカメラを持って立っていたら通報されそう。

しかし、決定的瞬間を撮るためには必要な努力なのかもしれません。それをドアノーは教えてくれています。





このエントリーをはてなブックマークに追加



日記 | 2009.08.08 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<サンスターストロボ「DRS-6」無線でストロボを発光させます。 | ホームへ | 清々しい空! ちょっとスナップ写真を>>
こんばんは。

何ヶ月か前に京都で展覧会があった時に、この方とその作品を知りました。

写真を見たときから、「現代とは違うから」とかいうことが言い訳にならない何かは感じていたんですが、

>あらゆるものが動く町で、じっと立っている男は、いくらもたたないうちに注意を惹くようになる。
>そしてついにはスパイに間違われる。

こんな言葉が残っていたとは。

人間が好きなのか、あるいは、様々な人がいるということにひるまない人だったんだろうなということを強く感じました。
それだけはせめて見習いたいです。
2009/08/09 00:45 | maple #U7XwPOG2 | [edit]
mapleさん

こんばんわ(^^♪


> 写真を見たときから、「現代とは違うから」とかいうことが言い訳にならない何かは感じていたんですが、

代表作になりうる理由があったのでしょうね。
最初に書いた、ドアノーの言葉どおり、彼はこのシーンが既に頭の中にあって、それが起きる瞬間をまっていたのかも。


> 人間が好きなのか、あるいは、様々な人がいるということにひるまない人だったんだろうなということを強く感じました。
> それだけはせめて見習いたいです。

時代が違っても、やはり自分なりの努力はいつの時代も必要なのだと思います。
時代が違えば同じ写真は撮影できないかもしれませんが、人々に印象付けられる写真はいつの時代も努力の上に成り立っていることが多いのでしょうね。



2009/08/09 23:09 | ☆Orca☆ #VjrOQt26 | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |