TOPカメラ関係

Nikonの新型ストロボSB-900の温度計(過熱防止機能)について

過熱防止の文字が「加熱」となっておりました(~_~;)申し訳ありませんでしたm(__)m正しくは「過熱防止」です。ニコンの新型ストロボSB-900ですが、背面モニタを見ると、見慣れないマークが付いています。 SB-900_03.jpg 上の写真の赤丸印の場所に付いているのは、温度計です。 SB-900は内部の温度上昇に対して動作制限を出来るようになっています。 ニコンの取扱説明書には加熱過熱防止機能として書かれていますが、この機能をONにすると、ストロボ内の温度がある点に到達した時点で全ての機能が使えなくなります。 フル発光を続ける実験を前回致しましたが、この際にも、この加熱過熱防止機能が作動しました。 温度が上昇しはじめると、背面モニターの温度計表示が下のように変化します。 SB-900_02.jpg 一枚目の写真と比べると一目瞭然ですが、温度計表示に変化します。 そして、ある一定温度をこえると・・・シャットダウン! SB-900_01.jpg 電源をオンにしても、温度が下がるまで使用できなくなります。 前回、100回続けてフル発光させた時にも、この加熱過熱防止機能が作動したのですが、フル発光を62回続けたところでシャットダウンしました。(測定場所の温度は27度) 一切の機能が使えなくなりますが、約2分ほどすると、背面モニターがスタンバイモード表示に変化し、使用することが可能になりました。 しかし、たった2分ほどで温度が完全に下がっているわけではなく、シャットダウンが解除されてから、すぐに続けて12回ほどフル発光をした時点で、再度シャットダウン。 また、2分ほどの休息後使用可能になりました。 完全に温度を下げるためには外気温などの状況にもよるでしょうが、数十分はかかると思われます。




カメラ関係 | 2008.12.24 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/18   知らなきゃ損する!? Google翻訳アプリの自動OCR翻訳機能が凄すぎる!撮影するだけでOK
01/08   ヨーグルトについてのグダグタ個人メモ
01/08   新年あけましておめでとうございます!私にとって本年は腸元気の幕開けの年です。
12/27   Windows7で画像回転すると画像劣化するがロスレス回転ではしない?データ増加は?
12/18   スタジオアリスで初撮影 1年後の写真データダウンロードサービスが嬉しい
12/09   「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?
12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<小さな勘違い。大きな違い。 | ホームへ | NikonのSD-9(パワーアシストパック)の実力は!?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |