TOP写真関係全般

5秒で自動切り抜き!? 画像加工の自動システム「zenfotomatic」

ほぼ自動で画像の切り抜き出来るシステムが話題になっているようです。
日経新聞でも取り上げられていましたからご存知の方も多いでしょうが紹介しておきます。

「zenfotomatic」というサイトで主に通販サイト向けに作られたシステムのようです。
ざっくり言うとサイトへ白バックなど単色背景で撮影した画像をアップロードしてクリックすると自動で白抜き画像に切り抜かれるというシステム。


上記のようにアップロードした写真が1枚5~10秒程度で切り抜かれ通販サイトで使いやすいように自動トリミングも可能です。
撮影の段階で気をつける点はありそうですが、サイトの説明ではそれほど厳密なライティングでなくとも背景が単色であれば切り抜き可能だそうです。




もちろんシステムは無料ではなく有料なのですが、手作業での外注をお願いしていたとしたら割安感があります。
価格の一覧表は以下のとおり。




5000枚分のチケットを買えば1枚あたりの単価が10円と安くなります。
どの程度使えるサイトなのか。そのクオリティの判断は個々人で違うとは思いますが、無料でトライアルも出来るようですから、気になる方はどうぞ。


ただ撮影の段階である程度気をつけて入ればLightroomを使ってバッチ処理してトリミングだけは個別の大きさもあるでしょうから手作業で・・・ということも可能だと思うんですが。このトリミング作業が面倒ならば、このシステムに10円払って自動でやってもらうというのもあり?

背景が単色である必要があるので大きなものだと少し手間がかかるかも。
いずれにしても100枚程度だったら手作業でもいいけど数千枚単位の仕事ならば良いシステムのような気がします。


【ZenFotomatic Japan】
http://www.zenfotomatic.jp/






写真関係全般 | 2014.05.26 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/02   チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表
11/28   ライティング大全とも言える100種類以上の照明機材比較資料が無料公開
11/17   NikonのD5600は何がD5500と変わったのか。Snap Bridgeやフレームアドバンスバーが追加!
11/16   BBC製作「Planet Earth II」の鳥肌動画の撮影風景が360度全天周動画で公開中!
10/31   自作の錯覚画像 作成するのも楽しいですね。え?同じ色?まさかソッチに?
10/24   今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト
10/15   無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!
10/13   え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!
10/12   ラジオの時代再到来!無料で過去の番組が聴けちゃうRadikoのタイムフリー聴取がついに開始!
10/05   Adobe公式のPhotoshop&Illustratorショートカット早見表
09/28   Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 
09/24   洗濯機が臭い!最後の最終兵器はミョウバン水洗浄!酸素系漂白剤や塩素系クリーナーよりも強力消臭してくれます。

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<35mmフィルムを中判カメラで使っちゃう方法。3Dプリンターで便利な写真用品を製作 | ホームへ | PhotoshopがタブレットPCでも使えるようになることが発表 "Surface Pro 3"から対応か? >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |