TOP未分類/写真・カメラ関係含む

Nikon D4sのサブセレクターは進化していて非常に使いやすくなっています

2年前にD4が発売になった時、操作系として驚いたのがマルチセレクターの上部に配置されたサブセレクターボタン。
キヤノンのようにダイヤルをグルグルしてフォーカスポイントを動かすのとは違い、Nikonの場合はマルチセレクターと呼ばれる十字キーでフォーカスポイントを動かしていました。


そこへ2年前に登場したのがサブセレクターボタンです。マルチセレクターと比べてフォーカスポイントを動かすのにとても便利で初めて使った時は驚いたんですが、使っていくうちに、もう少し何とかならないかなぁ~と欲が出てくる場面も多々ありました。

動きも少し固く感じるのと、ロックを掛けるために押すもののかなり強くないと認識してくれなかったり、押してるつもりでもいつの間にかロックが解除されていたり・・・。これは慣れもあるのかもしれませんが。


ですが、そんな私の欲を知ってか知らずか、D4sではサブセレクターが新しい形状に進化しています。
こんな感じ。


とにかく動きが滑らかで軽いです!
D4のサブセレクターは多少力を必要としますが、新型サブセレクターは軽い軽い!クイクイ簡単に押せてストレスを感じません。

こういった細かい点の変化は写りが良くなったとか、そういった部分以上に人によっては好感度が高いでしょうから操作系は重要です。さすがはユーザーの声を十分に聞いて登場しただけありますね。

昨日書いた、s液晶モニターのカラーカスタマイズについてもそうですが、今回はD4を使い込んだ方々からよ~~く意見を聞いて改良した感じがよく感じられる素晴らしいボディだと思います。


---------------------------------------------------------------
追記:キヤノンはダイヤル以外にもマルチコントローラーでも測距点の選択が可能だとのこと。
ご指摘ありがとうございます。
---------------------------------------------------------------







【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Nikon D4sにも搭載されたスポットホワイトバランスは非常に使い勝手の良い機能 | ホームへ | ソチオリンピックっで実戦投入されたNikon D4s >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |