TOPパソコン全般

世界初!4枚同時読み込みが可能なLexarのハブ型カードリーダーが発売 高速USB 3.0対応でCF・SD・XQDの組み合わせが自由

レキサーから非常に触手が動きそうな新型のハブ型カードリーダが発表されました。
9月16日から発売開始らしいのですが、もちろんUSB 3.0対応で、なんと4枚同時読み可能らしいです。


今回のカードリーダーの新システムは「Lexar Professional Workflow Reader Solution」と名付けられていて、今までと違うところは、ハブとなる本体があり中に組み込むカードリーダーはCF/SD/XQDの三種類からユーザーが選んで使うというもの。

本体のハブは$79.99 (Professional Workflow HR1 Hub)
CF/SDカード用のリーダーが$29.99 
XQDカード用のリーダーが$44.99 


本体のハブにはカードリーダーが含まれていないので、本体プラスそれぞれのカードリーダーを購入する必要があります。
それなりのお値段がしますが、自分で好きなようにカスタマイズ出来るのは魅力ですね。

どうじに読み込めるというのも非常に嬉しいところ。



上の画像のように、CFカード用2つにSDカード用2つというパターンもありですし、D4を使っている人ならCF用2つにXQD用を2つという組み合わせも良さそうです。


最後に紹介動画を貼っておきますが、



動画内ではしっかりと同時読み込みしている動作が映っています。

ひとつ欲しいなぁ~。
既に「B&H」では商品がアップされています。日本へ送る場合が本体価格と同じぐらいかかってしまうのが悩みどころ。
日本でも早めに手に入る用になると良いですね。


ただ、安いとは言えない商品ですから使うのは一部のプロカメラマンだけ。日本では扱ってくれないかも。その場合には何人かで共同購入して送料を分担するのが現実的かもしれません。そこまでして欲しいかと言われれば・・・。



レキサー公式サイト
「Lexar® Professional Workflow Reader Solution」
http://www.lexar.com/workflow

プレスリリース
http://www.lexar.com/about/newsroom/press-releases/lexar-introduces-world-s-first-professional-workflow-reader-solution-t





このエントリーをはてなブックマークに追加



パソコン全般 | 2013.09.12 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

01/09   【動画有】Nikon Z6/Z7に瞳AFが搭載決定!NIKKOR Z 14-30mmの価格は14万円前後か
01/05   あけましておめでとうございます。 2019年はToF方式の3Dカメラが台頭か!?3Dデータ化でアパレル業界に新風?
12/26   Adobe Photoshopのフォトグラファー向け フォトプランは来年値上げするのか?
12/20   写真の自動切り抜きソフトの真打ち登場か?無料Webソフト「remove.bg」の紹介
12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<世界的なプリンターの仕事は神業ですね。Photoshopで作業する上でも参考になります。 | ホームへ | デジカメ備え付けのストロボをパワーアップさせるポップアップフラッシュブースター>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |