TOP写真関係全般

世界一のカメラ収集家! アンティークカメラ4425台の所有台数はギネス記録です。

世界で一番アンティークカメラを所有しているのはインドのムンバイを拠点とするフォトジャーナリストのDilish Parekh氏だそうです。
なんと、その台数が4425台!
ギネスが認める世界一のアンティークカメラコレクションとのこと。




もともと彼は2634台のギネス記録を持っていたが、このたびの発表で一気に2000台近く記録を伸ばしたそうです。
発表したのは8月19日のWorld Photography Day(世界写真の日)。

8月19日は1839年の8月19日にタゲールがタゲレオタイプのカメラをフランス学術院で公式に公表したことから、World Photography Dayとなっています。


Dilish Parekh氏がカメラを収集し始めたきっかけは、父から600台のカメラを譲り受けたことから始まるのだとか。
その600台を手に入れてからは収集癖が加速し、収集することへの脅迫観念が現在の4425台というとてつもない数になったそうです。

彼のコレクションの中で最も貴重なカメラが

1934年に作られたLeica 250 Reporterというカメラ。このカメラは1/1000秒のシャッターが切れ、なおかつ10メートル(33フィート)のフィルムを装填出来るとのこと。カメラ収集家では無いので詳しいことは分かりませんが、非常に画期的なカメラだったのでしょうね。




ライカIIIをベースにしたカメラだとのこと。


生産台数が950台とも1000台とも言われ非常に貴重で希少なカメラであることは確かです。
(一説によれば製造番号130001から生産され、たった244台だけが生産された。との話もあり、実際の製造台数に関しては良くわからいです。)

Wikipediaで「Leica 250 Reporter」と検索すると若干の情報が出てきます。

ちなみに250と名称に付いているのは、10メートルのフィルムで撮影できるカットが250カットであるから付けられたようです。

それにしても4400台ものアンティークカメラとは凄い数です。

情報元はThink You've Got GAS La Vida Leica!







写真関係全般 | 2013.08.29 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<プロカメラマンが教える! 写真が上達するために必要な100項目 | ホームへ | LightRoom5に新しく搭載した強力な歪み補正機能「Uprightテクノロジー」って使い方が簡単な上に凄い!>>
メンテナンスとかしてなさそう…f^_^;)
2013/08/29 16:02 | #- | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |