TOP写真の画像補正

知ってました? JPEG画像でもLightroomを使うとここまでレタッチ出来るってこと!

デジタルカメラの画質をRAWにして撮影している方って結構多いんだと思います。

RAWデータって凄いですよね。
現像する前のデータですから画像をレタッチする時には劣化が少なくて調整しやすくて飛んでいると思っていたハイライト部分も実は残っていたりして・・・。

でもね~。

全部が全部RAWで撮影するのはデータ量の問題から敬遠しがち。
結局のところ私はほぼJPEGで撮影していたりします。

雑誌や知り合いなどからRAWデータの良さを聞いて、特に意識せずに修正するときに便利だから楽だからという点から特に考えもせずにRAWで撮影している人っていますか?

撮影するときには画質は絶対にRAWだよ!!!
な~んて方もいたりして。

そんな方にほんの少しだけ疑問を投げかけてみます。

本当にRAWデータでなくちゃダメ?RAWで撮影しなくても良いんじゃない????って^^;
魔法のツール「Lightroom」があればJPEG画像でも驚くほどの画像処理が可能です。


データサイズが大きくなって現像しなくちゃいけないRAWで撮影しなくてもJPEGの画像も結構楽しめますよってことを今回はお伝えしてみようと思います。



今回のエントリーを書くにあたって使った写真は上野動物園で撮影したシロクマくん。
水の中にいる動物ということでホワイトバランスやコントラストの調整がカメラ任せでは難しい被写体。

ガラス越しに撮影していることもあってコントラストは低くホワイトバランスもカメラが迷っているのか適切では無さそうです。

Nikon D700で撮影した下のJPEG写真をLightroomを使って補正していこうと思います。




以下に順を追って工程を載せていきます。


右がソース画像 
Nikon D700で撮影


餌を加えた瞬間のシロクマ写真。
シャッターチャンス的には良かったものの、全体的に水色に色カブリしてシロクマもコントラスト不足になっている。

この色カブリとコントラスト不足を限界まで無くす方向でレタッチを開始。

1,最初に露光量などの明るさの調整から開始。
露光量を下げると共に、ハイライト、シャドウ、白レベルは最大値の-100に設定。





2,次に色温度と色かぶり補正。ここでも色かぶり補正の値は最大値に近い+89。色温度も+40に。





3,続いて明瞭度と彩度の調整。右の小さな画像では分かりにくいですが明瞭度の調整でかなりコントラストがハッキリして来ました。







4,さらにコントラストを付けるためにトーンカーブでデフォルトで設定してあるコントラスト(強く)のポイントカーブを使用。







5,全体的な処理は上記で終了し、ここからはブラシを使ってポイントごとに修正。シロクマ以外の部分をマスキングして色温度などを調整し透き通る水っぽく調整。







6,シロクマの頭部の色かぶりが激しいので、頭部のみをマスキングして彩度を調整。





7,最後にシロクマをマスキングして露光量やコントラストなどの値を調整してハッキリと浮き出る処理をして終了。





完成した写真がこちら。
いかがでしょうか?Lightroomを使えばRAWからではなくJPEGの画像でもこれだけ処理することが可能です。


下の元画像と比べれば一目瞭然!



Lightroomを使うとJPEGだってここまで修正出来るんですよ~というお話でした。

※RAWデータの特徴を知った上であえてRAWデータで撮影している方向けの話ではありません。
今後、現像ソフトの性能が向上していくことなどを考慮してRAWデータで撮影している方や、RAW現像ソフトの機能を最大限に使いたい方もいらっしゃると思います。 そういった玄人な方々はそのままRAWデータで撮影して下さい^^;

ただ、いつもRAWから現像している人も、JPEG画像がここまで処理に耐えられるんだ~と少しは参考になったならば嬉しく思います。





ちなみに、露出アンダーと露出オーバーの写真ではどうなのか。
下の写真はNikon D600で撮影したもの。

左側がJpegのソース画像です。右側がLightroomで補正させたもの。
露出アンダーの写真に関してはかなり粘りがあってJPEG画像でも救えることがわかります。






【おことわり】
JPEG画像の場合は使っているカメラのカメラ内現像に依存する部分が大きく機種によって違いが出ますので、すべてのJPEG画像が今回の画像のようにレタッチできるとは限りません。ご自身の使っているカメラで生成されるJPEG画像の特性を知ることが大事だと思います。






【関連するタグ】

【最新記事一覧】

02/24   【無料】ついに出た!花火撮影専用のカメラアプリ「大仙花火カメラ」誰でも簡単に綺麗に撮影が可能!
02/20   壊れたiPhoneからデータを取り出すことも可能な復旧ソフトが期間限定無料ダウンロード公開中
02/08   図書館やビデオレンタルで借りたDVDの紛失/破損による弁償は著作権補償処理のため高額請求されますのでご注意を!
02/02   不正レビューを大量削除!Amazonのカスタマーレビューランキングが復活更新しました! 
01/26   ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?
01/21   800万円の掛布団を販売する西川グループで聞いた羽毛布団の正しい使い方。
01/18   知らなきゃ損する!? Google翻訳アプリの自動OCR翻訳機能が凄すぎる!撮影するだけでOK
01/08   ヨーグルトについてのグダグタ個人メモ
01/08   新年あけましておめでとうございます!私にとって本年は腸元気の幕開けの年です。
12/27   Windows7で画像回転すると画像劣化するがロスレス回転ではしない?データ増加は?
12/18   スタジオアリスで初撮影 1年後の写真データダウンロードサービスが嬉しい
12/09   「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<マップカメラが強気! 1000万円の"Canon 男気Lレンズコンプリートセット"など多数をセール価格で販売中! | ホームへ | 残念。日経の連載記事で紹介されていたiPhoneアプリ「KitCam」は既にAppStoreから削除されていました。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |