アクセスランキング


TOP未分類/写真・カメラ関係含む

逆光下での撮影でニコンのナノクリスタルコートの絶大効果を実感 14-24mm f/2.8Gの超広角ズームレンズ!



高画質・耐久性・信頼性の三拍子がそろったプロのための超広角レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」を使って逆光での撮影をテストしてみました。
見た目通り非常に大きく重たいレンズなのでちょっとしたスナップなどでは使いにくいレンズではありますが、イザという時のレンズとして期待以上に素晴らしい写りを提供してくれるレンズです。


天体撮影などの分野でも星景撮影用レンズとして重宝している方も多いのではと思います。
そんなニコンの代表的な超広角ズームレンズ「14-24mm f/2.8G」を使って逆光下で桜を撮影してみました。
このレンズはナノクリスタルコートがされているズームレンズということで多くのカメラマンから信頼されているレンズの一本です。


「ナノクリスタルコート」はニコンが誇るレンズコート技術で、従来のコーティングが『密』であるのに対し、ナノクリスタルコートは粒子と粒子の間に均一な隙間を空けた「雷おこし」のような『粗』な構造とのこと。ニコンホームページに書かれている文言から引用しているだけですけど・・・^_^;

この粗い構造によって光が透過しやすい状況を作り出しているそうです。例えて言うならば、水はけが悪い道路が今までのコート技術で、水が浸透しやすい最新のアスファルト道路がナノクリスタルコート。



  • AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • 焦点距離14-24mm
  • レンズ構成 11群14枚
    (EDレンズ2枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコート1面)
  • 質量(重さ)約1000g
  • 希望小売価格 ¥285,600(税抜 ¥272,000)


この最新技術のナノクリスタルコートが施されていて、なおかつ14ミリから24ミリまでの超広角レンズ!
極めつけは全ズーム域でF2.8を維持するF値固定の高級レンズです。


巷ではF2.8固定のズームレンズでナノクリスタルコートが施されているものを"ナノクリ大三元レンズ"なんて言われているようですが・・・。
そんな特別なレンズに施されているナノクリスタルコートは従来のコーティングよりもゴースト、フレアが発生しにくいことで有名です。


で、実際にはどの程度素晴らしいレンズなの?ってのを個人的にテストしたのが今回のエントリー内容です。


とりあえず、順光下で撮影した写真を1枚
非常にクリアな素晴らしい描写です。さすがニコンを代表するレンズ!

クリックで拡大します。

  • 機種 : NIKON D4
  • ISO感度 : 400
  • シャッタースピード : 1/250秒
  • レンズ絞り値 : F20.0
  • 開放F値 : F2.8
  • レンズの焦点距離 : 20.0(mm)
  • 使用レンズ : AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED



では、次に逆光下で撮影して見たいと思いますが、通常のレンズコーティングではほぼ確実にゴーストとフレアが発生する状況下で撮影を試みました。
真逆光よりも、若干斜めから光が入射する逆光下だとゴーストやフレアが発生します。


このページを訪問する方でゴーストやフレアを経験したことの無い方は少ないと思いますが、念のためニコンの一口解説を引用しておこうと思います。

  • ゴースト:撮影時の強い光がレンズやカメラ本体内部で反射を繰り返すことによって画像に生ずる放射状、リング状、円形の光。典型的なゴーストは絞りの形をしている。
  • フレア:ゴーストと同様に撮影時の強い光がレンズやカメラ本体内部で乱反射することで画像のコントラストを下げ、部分的に白っぽくなったり、色がにじむ現象をいう。

    ※ニコンホームページより引用



このゴーストとフレアが「ナノクリスタルコート」を施すことによって発生しにくいんですね。
従来のコートよりも垂直に入射する光の反射をより低く抑えることを可能にし、従来のコーティングでは難しかったレンズ斜めから入射する光に起因するゴースト、フレアに対してもかなりの改善がみられるのですが、それが実感できる写真がこれ。


斜めから入射する光の典型例のひとつです。
画面内に太陽が入っていて、その太陽から一本の光の帯が出ていますが、通常のレンズコーティングでは全く歯がたたない状況を耐えぬいています。
これはナノクリが効いている証拠なのでしょうね。

レンズ光学にはほとんど無知に近い私でも、このレンズの凄さは撮影していて十分に体感出来ます。


クリックで拡大します。

  • 機種 : NIKON D4
  • ISO感度 : 400
  • シャッタースピード : 1/250秒
  • レンズ絞り値 : F20.0
  • 開放F値 : F2.8
  • レンズの焦点距離 : 14.0(mm)
  • 使用レンズ : AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED



このフレーミングから太陽がギリギリ画面を外れる程度までカメラを動かして撮影したのが下の写真。
この写真も実際には強烈に斜めから太陽の光が入り込んでいるんです。


クリックで拡大します。

  • 機種 : NIKON D4
  • ISO感度 : 400
  • シャッタースピード : 1/250秒
  • レンズ絞り値 : F20.0
  • 開放F値 : F2.8
  • レンズの焦点距離 : 14.0(mm)
  • 使用レンズ : AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED


強烈な逆光下で撮影したとは思えないほどフレアやゴーストが抑えられています。
よく見るとフレアが写っていますが、この程度ならば許される範囲というか今までのコーティングならば考えられないほどクリアな画像です。
恐るべしレンズです。


最後にナノクリスタルの真骨頂といえる垂直に入射する光の下で撮影した写真を載せておきます。
太陽に向かってレンズを構えて撮影した写真です。

画面中央のやや右上に太陽が見えています。
レンズへ太陽の光がほぼ垂直に入るようにして撮影してみましたが、当然発生するであろうフレアが・・・。
ゴーストもフレアも気にならない素晴らしいレンズです。


クリックで拡大します。

  • 機種 : NIKON D4
  • ISO感度 : 400
  • シャッタースピード : 1/250秒
  • レンズ絞り値 : F20.0
  • 開放F値 : F2.8
  • レンズの焦点距離 : 17.0(mm)
  • 使用レンズ : AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED






【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)



<<グーグルストリートビューで作成したHyperlapse動画(タイムラプス)が驚きです。簡易ながらも自分で作成可能です。 | ホームへ | 強風や突風が吹いている時の長時間露光撮影は体を張って三脚を押さえ込む!?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |