TOPデジカメ最新情報など

「写真を選ぶ力は、写真を見た数に比例する」 写真作品を作るために必要なファクター

ここ数日間、風邪でダウンしていたためか、ちょっと情報に乗り遅れているかも知れませんが・・・。
ニコン主催で今年の7月29日に行われたフロントセッション「第2回 写真作品を作るために必要なファクター」の対談内容がニコンのホームページで公開されていました。

赤々舎代表の姫野希美氏と、写真雑誌「PHaTPHOTO」編集長の速水惟広氏の対談です。ホームページでは対談の中枢部分だけ抜き出した形になっていますが、それでも非常に勉強になる内容です。カメラマンとして日々の仕事におわれていると、忘れがちな重要なキーポイントを思い出させてくれます。

たとえば
「何を撮るか」ではなく、「何について伝えるか」
とかね。さらっと一読出来るのでオススメです。


第2回 写真作品を作るために必要なファクター レポートページ | Nikon FrontSession
赤々舎代表の姫野希美さんと、写真雑誌「PHaT PHOTO」編集長の速水惟広さんを迎えて行われた第2回対談。赤々舎の写真集はどのように編まれたか、その写真はどのように撮られたかなど、具体的なエピソード ...
良い感じの対談ですね。一部分を引用すると・・・→写真家の方とよく、「写真を選ぶ力は、写真を見た数に比例する」という話をします。 たくさん見れば見るほど、写真のセレクトの基準が増えると思うんです。 いつも同じ写真ばかり見ていると、どうしても同じ傾向の写真ばかりを選んでしまうということが往々にしてあって、写真を見る量はすごく大事ですよね。


山形豪・自然写真撮影紀:アフリカで感じた、ニコン「D4」の問題と不満 - ITmedia デジカメプラス
 ひさびさのアフリカ長期滞在に備えて導入したニコン「D4」。前回(山形豪・自然写真撮影紀:ニコン「D4」でアフリカの野生動物を撮る)は連写速度やフォーカストラッキングの性能などについて話したが、今回は ...
やっぱり電池の持ちが悪くなったのは不評。でも法律の改正があったから仕方がないのも事実。


趣味の銀塩カメラの世界とは? | キャリア | マイナビニュース
趣味の銀塩カメラの世界とはどのようなものでしょうか。 銀塩カメラを愛するホビイストの1人、河野真太郎さんにお話を伺いました。 ...
銀塩が既に骨董扱いされてます^^; こういう日が来るとは思いましたが・・・。 こういう考え方もあるのでしょうが、まだまだフィルムは実用品ですぜ。


GmailなどWebメールを一元管理できるサービス AOLが発表  :日本経済新聞
 米AOLは米国時間の2012年10月18日、複数の異なるWebメールサービスを一元管理できるWebサービス「Alto」を発表した。同社の「AOL Mail」のほか、米Googleの「Gmail」、米 ...
これ結構便利そうです。でも私はほぼ全てGmailにしているので、今のところ使う予定はありません。


ロモジャパン、レンズ交換可能な中盤120フィルム対応カメラの予約を開始 | クリエイティブ | マイナビニュース
ロモジャパンは、12月中旬発売予定の蛇腹機構のついたフィルムカメラ「Belair X 6-12」について、オンラインショップ限定で事前予約を開始した。事前予約の特典として、定価の30%オフの価格で購入 ...
ロモ好きにはたまらない製品かも。でも120フィルムだと初心者には少し敷居が高いですね。装填の仕方とか35mmフィルムとは少し違いますから。






【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<無料のデジカメ撮影テクニック集! 写真のガイドブックを買う前にまずコレを読むべし! 写真部応援マガジン「Top Eye」 | ホームへ | 写真の神様といわれる木村伊兵衛氏でさえ鏡に向かってカメラの構え方を研究していた!?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |