Nikon D850でのフィルムデジタイズアダプター ES-2の使い方レビュー 

先月発売されたフィルムデジタイズアダプター「ES-2」が手に入ったので使い方をざっと書いていきたいと思います。
ES-2はネガフィルムやポジフィルムをデジタルデータに手軽に変換できる製品。特にニコンのデジタル一眼レフカメラD850を使用することで本領発揮します。ネガフィルムもカメラ内でポジ変換してくれます!


このES-2は発売されてから非常に話題になって使っている人が既に多いのかな?と思ったのですがネット上ではまだあまり使い方含めて情報が出ていなかったので簡単にレビュー書いておきます。

というのも話題性はあるものの、D850での使い方の詳細がちょっと分かりにくい。ES-2本体の取扱説明書にもD850のフィルムデジタイズ機能の説明は一切書いてありません。D850の取説P51~P52に少し書かれているのですがES-2がまだ発売される前なので若干説明が足りない部分があるように感じます。

非常に素晴らしい製品だけにもったいない。
ES-2キットに入っているものは白い拡散板の付いたES-2本体とレンズアダプター2つ。そしてストリップフィルムホルダーとスライドマウントホルダーの5つになります。


上の写真はキット5点に加えD850本体とマクロ60mm f/2.8G EDレンズの7点になります。

キットそれぞれは以下の説明になります。
ES-2の説明書にレンズ名や説明文字を付加させたものになります。



ES-2で使用推奨しているレンズは以下の三本になります。

  • AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED (62mm用アダプターAを使用して装着)
  • AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D (62mm用アダプターBを使用して装着)
  • AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G (本体に直接装着)


もちろん上記レンズ以外でもマクロレンズであればシグマやタムロンのレンズでも最短撮影距離をクリアしていれば使用可能だと思いますがフィルターサイズが違うと装着できません。もしもお持ちのマクロレンズのフィルターサイズが62mmもしくは52mmでない場合、ステップアップリングやステップダウンリングを使って使用することになりますね。


実際に装着すると以下のような感じになります。





AIを使用した無料の画像拡大ソフトが本当に凄い!想像以上の写真に!

10月21日に公開され世界中で話題になっている画像拡大ソフト(Webアプリケーション)Let's Enhanceをご紹介します。

Let's Enhanceはニューラルネットワークを使用して画像拡大をするWebソフトです。


通常のソフトで行われている画像拡大と手法が異なり、最初にポートレートや風景、食品など画像種類やタイプを認識。その上でネットワークを使用し画像タイプごとに自然な画像拡大を実現。

使い方はサイトへアクセスしてPC内にある画像をドラッグ&ドロップするだけ。本当に簡単です。ダウンロードするにはFacebookアカウントなどを使用してログインする必要はあります。



Let's Enhanceに画像をアップロードすると即座に処理が開始され約2分程で画像処理が完了します。ただ世界的に取り上げらたこともあり混み合っている時には10分程度処理に時間がかかることもあります。

詳細は以下で。





Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・

ここ最近はニコンD850の話題がネットを見ていると多いですね。
そろそろ発表かなぁ~と思っていたらnikonrumors.comで8月16日に発表の可能性が高いという記事が出てきていました。水曜日ですね。

つい先日にはD850の詳細スペックの噂が出ていました。
詳しくは以下へ

Nikon D850 | Nikon Rumors

ニコンD850の詳細スペック - デジカメinfo


詳細スペックをみると色々と盛り込んでますね~。
タッチパネルも強化されているようですし、外部ソフトが必要ながらも深度合成なども楽になっているようです。Photoshopが使いこなせる方には必要ないかもしれませんが・・・。

RAWのサイズでL、M、Sの設定が出来ることや、静音撮影モードの連射機能なども気になります。
遅くとも今月中には発表されそうですね。



人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!これ凄いです。

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。
画像レタッチ?いやレタッチでも画像補正でもなく無から有を作り出す補完技術技術です。
畳み込みニューラルネットワークという技術を使っているようで、知り合いのプログラマーに畳み込みニューラルネットワークとはなんぞや?と聞いてみたのですが、聞いてもよく分かりませんでした^^;

とにかくディープラーニングの世界では囲碁や将棋だけでなく画像に関しての技術も凄いことになっています。

早稲田大学の飯塚里志助教の研究チームが開発した画像補完技術「Globally and Locally Consistent Image Completion」をご紹介します。


以下のキャプチャー画像を御覧ください。
元画像の中心部分を削除してデータ入力。画像は削除された部分を見事に補完して出力されています。
もちろん予測の補完データですので元画像と同じになる訳ではないのですが、違和感を感じさせない出力データになっています。




以下の数年前の補完技術と比べると一目瞭然です。
下の画像の左上が一部分を削除した入力画像。
2009年、2012年、2014年、2016年時点での画像補完ソフトでは違和感のある出力画像になっていることがわかります。
対して右下の新技術による出力画像は今までの技術とはまったくレベルが違うことが良くわかります。


一見簡単そうに見える木の欠如部分でも現状の技術はレベル差を感じます。
橋の欠如部分の補完に関しては圧倒的なレベル差です。



飯塚里志さんがTwitter上で動画をアップしてくれていますので、そちらを見ると更に凄さが分かります。




動画を見ると分かりますが、この技術を使うと人の顔まで予測反映させることが可能。
飯塚さんが非常に面白い実験をしてくれています。以下のTwitterです。





写真関係全般 | 2017.05.17 [EDIT]

ビックカメラが「Adobe Creative Cloud 5周年記念キャンペーン!」最大40%OFFなど

Macお宝鑑定団 blogで知ったのですがPhotoshop CCなどのクリエイティブクラウド商品の割引キャンペーンを行っているようです。私はフォトグラフィープランと古いIllustratorで満足しているので買う気はないですが^^;

海外で撮影する時には十分気をつけて!という実際の経験を元にしたコラムも面白かったです。ケニアでスマフォで写真撮影したら大変になった話。結構怖いですね~。オリンピックで水中にカメラを仕掛けていたらマシンガンを突きつけられたというスポーツカメラマンのあいだでは有名な話もありますが、これは一般的な場所でも充分に気をつけて!という話しです。

あと、GoogleフォトやAmazonフォトなどクラウドに写真をUPしておくことが日常化してきていますが、まだクラウドにアップしていない人にクラウドに写真をUPするとこんな便利な機能もありますよという記事もありましたので貼り付けておきました。

実際私もGoogleフォトにスマートフォンで撮影した写真は全てUPしていますが写真を探すのには本当に助かります。Googleの写真解析アルゴリズムの恩恵を日常的に受けています。Googleフォトありがたいですね~。


Snapchat、写真を「フォトショップ」するマジック消しゴムを公開 | TechCrunch Japan

ビックカメラ、12ヶ月版のAdobe Creative Cloud、Illustrator CC、Photoshop CCを最大約40%オフで販売する「Adobe Creative Cloud 5周年記念キャンペーン!」を実施 | プロモーション | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

【注意喚起コラム】ケニアの高級ショッピングモールで写真を撮ってはいけない / 下手したら銃殺される

思い出写真をカンタンに掘り出せる! "写真クラウド"3選

"詐欺写真"を見分けるアプリ「Truepic」 開発元が175万ドル調達

Apple、iPhoneの少し高度な撮影テクニック動画4本を追加公開!

パノラマ写真をInstagramに投稿する方法。トリミングせず全体を綺麗に見せる - エキサイトニュース





10月1日から施行!モデルの写真をレタッチしたら絶対に明記しなくちゃいけない法律

何度か紹介した話ですが、ついに今年の10月1日から法律が施行されるとのフランスの官報がUPされましたので改めてご紹介してみます。

海外通信メディア等でも流れているので既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、フランスで出版やネット上での公開またはポスターやカタログなどで使用する写真において、その写真をレタッチ(画像修正)を行った場合はその旨明記しなければならない法律が10月1日から施行されます。

以前ブログで紹介した時には法律の内容だけでいつから施工されるのか明確では無かったのですが今月5日のフランスの官報にて10月1日からとの話が出ています。


2017年10月1日以降はモデルに施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記しなくてはならないわけです。違反したら罰金取るよ!という罰則規定がついたものになります。強制力がありますね。


Photoshopなどのレタッチソフトが普及し一般化する中で、多くの写真はレタッチされたものです。しかしそれによって若者の健康被害等に繋がる可能性があるとして、この法律が作られたようです。

日本でもうわさ話程度で一部で話題になっていたのですが実際にそんなものが本当に法案になっているのか調べる必要があると思ったので詳細について調べてみました。

フランスの国民議会では若者の健康に関する話題が活発なようで今回の法律もその一環。

フランス語は出来ないのですが、国民議会の法律検索から今回話題になっているレタッチ明記の法律を見つけました。これがその文章です。
フランス語の翻訳は専門の方にお願いしました。



Code de la santé publique - Article L2133-2

上のキャプチャー画像はフランスの議会ページの法文の一部です。

以前、この法律案が提出された際にAFPでも記事を配信していたのですが、内容に関してはその時の記事概要が残っていたので抜粋してご紹介します。

法律を提出したのは国会議員50人。いわゆる議員立法というやつですね。

広告やファッション写真などに使われているデジタル加工した人物写真には " Photographie retouchée "と明記することを義務付ける法案です。つまりこの写真はレタッチしてありますと明記するということ。

これに違反した場合は3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が課されます。


法律の翻訳は以下になります。

Article L2133-2
Créé par LOI n°2016-41 du 26 janvier 2016 - art. 19
Les photographies à usage commercial de mannequins, définis à l'article L. 7123-2 du code du travail, dont l'apparence corporelle a été modifiée par un logiciel de traitement d'image afin d'affiner ou d'épaissir la silhouette du mannequin doivent être accompagnées de la mention : " Photographie retouchée ".
モデル(労働法7123-2条の定義に従う)を商業利用する写真家は、実際より痩せて見えるように画像修正ソフトでモデルの外見をレタッチした場合、「レタッチ写真」と明記しなければならない。

Les modalités d'application et de contrôle permettant la mise en œuvre du premier alinéa du présent article sont déterminées par décret en Conseil d'Etat, pris après consultation de l'autorité de régulation professionnelle de la publicité et de l'Institut national de prévention et d'éducation pour la santé.
前項の施行に関する細則は、関連機関(広告規制機関、保健衛生教育機関)の助言に基づき国務院が発する政令において定める。

Le présent article entre en vigueur à la date de publication du décret mentionné au deuxième alinéa, et au plus tard le 1er janvier 2017.
本規定は、2017年1月1日、あるいは前条に定める政令(施行細則)が2017年1月1日より早く定められた場合はその制定日に発効する。

Le non-respect du présent article est puni de 37 500 € d'amende, le montant de cette amende pouvant être porté à 30 % des dépenses consacrées à la publicité.
本規定に違反した場合、広告費用の30%を上限とし、最高37,500ユーロの罰金が科される。




基本的には2017年10月1日から施行されるということですので現時点では " Photographie retouchée "と明記されたグラビア雑誌などは無いのでは?と思います。

そもそも、この法律が提出された理由はレタッチした写真は、実際にはあり得ないスタイルだったりする場合が多いのにそれが現実のものであるかのように錯覚させてしまうことが良くないというもの。「法案の目的は、ゆがめられた真実を正し、国民の健康を向上させるとともに消費者を保護することにある」というだそうです。

拒食症などがフランスで問題視されていることなどが背景にあるのだと思います。
最近の調査ではフランスで最高4万人が拒食症を患っていると推定されていて、うち10人に9人は女性や少女だといいます。(うち90%は12~20歳)

今回話題にしたレタッチ明記の法案と同時に痩せすぎモデルの雇用を禁止する法律も制定されています。この法律はフランス国内で働くモデルは政府が定めたBMIや健康状態をクリアしたことを証明した健康証明書を提示しなければならないことになっています。この基準に満たさないモデルを起用した会社は6カ月の禁固刑及び7万5000ユーロ(約990万円)の罰金が科せられる可能性があるとのことでレタッチ明記を違反したときよりも罰金が高いですね。それだけフランスでは拒食症が深刻なのでしょう。


レタッチといえば最近では日本でも芸能人である藤原紀香さんのレタッチ失敗写真が話題になりました。



AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを純正レンズの80-400と200-400と比較レビュー

昨年ニコンから発売された200-500 F5.6レンズが非常に優秀だという話を聞き、80-400や200-400といった似たレンズと比較してみました。
あくまで個人的な簡易テストですので1つの参考情報として捉えて頂ければと思います。


撮影に使用したカメラはNikon D5。
比較した焦点距離は全て400mmで統一しています。
200-500レンズも最大値の500mmではなく他のレンズと比べるために400mmにて撮影しています。

比較したレンズ3本
・AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR 希望小売価格:18万9000円
・AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 希望小売価格:34万5600円
・AF-S VR Zoom-Nikkor 200-400mm f/4G IF-ED 希望小売価格:105万8400円


結論から言ってしまえば、よくこの価格でこれだけ解像力のあるレンズを作れたなぁという感想。
もちろん桁が違う価格の200-400よりも良いわけでありません。
ただF11まで絞れば驚くほど良い描写をします。

反対に5.6の開放で撮影するのはもったいないレンズですね。F11まで絞った時に一気にレンズの良さが出るような感じです。F5.6とF8では急激な変化はないもののF11まで絞った瞬間に一気に描写が良くなります。これは驚きでした。
基本的にF11まで絞れば描写は他のレンズでも周辺部含め上がるものですが、その描写の上がり度が200-500は他の2本のレンズと比べて大きいように思います。


80-400はF11まで絞ってもここまで解像力は高くなりません。F5.6で撮影した際には80-400の方が良い描写をしますが絞った時に200-500まで描写が上がりませんので日中の晴れた日に撮影できるのであればF11まで絞って200-500で勝負したいなぁと感じました。

それではテスト画像をご覧ください。

架線が集中的に見える場所をテスト画像として使用しました。
200-500 5-6



以下のキャプチャー画像は上の画像をPhotoshopで100%表示したものの比較になります。
クリックで拡大します。


s001_20170426164717021.jpg

以下のキャプチャー画像は上の画像をPhotoshopで100%表示したものの比較になります。
クリックで拡大します。


拡大して注目してもらいたいのが縦に引かれている架線部分。
非常に細かくてレンズのテストには最適です。上から80-400、200-500、200-400になっています。


比べると200-400の描写が格段に良いことが分かります。これは開放値も違いますしレンズの作りも違い価格も桁が違いますので納得できます。

ただ驚くことにF11まで絞った時に200-500の描写が一気に変化します。
以下の画像がF11まで絞った時の3本のレンズ比較になります。
クリックで拡大します。
s002_201704261647183c9.jpg


そしてこちらが拡大部。
同じく上から80-400、200-500、200-400になっています。
説明はいらないぐらい描写が変化しているのは200-500レンズです。


細かく見ていくと200-400のF4レンズのほうがもちろん良いのですが、価格帯の全く違う安価なレンズが100万円以上のレンズにここまで迫る描写をするのは驚きですね。


次に別の画像でテストしてみます。



愛娘を使った危険なPhotoshop加工画像が心臓に悪い!/ スマートフォンカメラ比較など

Taking advantage of the quiet bank holiday roads to give Hannah her first driving lesson.

Stephen Crowleyさん(@steecrowley)がシェアした投稿 -




Stephen Crowley氏が愛娘のハンナちゃんを使って加工した写真が理由も含めて話題になっています。
Photoshopの技術に長けている父親のStephen Crowley氏は高速道路を1歳の娘が運転するように見せかけた写真をreddit.comに投稿したこところ大反響!
もともとreddit.comはネタ投稿サイトなので信じる人はいませんでしたが、こんな画像を知らない人が見たら肝を冷やします・・・^^;

Instagramにも同一写真が投稿されていたので貼っておきます。
詳しくはpetapixel.comへ。
この愛娘のハンナちゃんは血球貪食性リンパ組織球症(HLH)に罹患していて6ヶ月間ものあいだ病院で治療をしていたそうです。造血幹細胞移植が上手くいって今は元気とのこと。
生まれてから最初の1年間のほとんどを治療に費やしてしまったので、その分を取り戻すかのようにハンナちゃんの写真を撮影しているのだとか。
父親はこの写真が話題になり骨髄ドナー登録者が増えてくれることを望んでいます。
骨髄ドナー登録者の2700万人のうち3人だけが娘のためにマッチしていたそうで、もっと多くの人に骨髄ドナーをと啓蒙も兼ねての写真投稿。父親の想いが相まって写真が話題になっていたのでご紹介しました。


他にはアップル「iPhone 7 Plus」VS ソニーモバイル「Xperia XZ」VS ファーウェイ・ジャパン「HUAWEI Mate 9」の3端末の画像対決記事やニコンの今後を危惧する記事など気になったものをリンクしています。

興味あるものがあればリンク先へどうぞ。


Dad Photoshops Baby Into Dangerous Situations to Freak Our Relatives

カメラ最強のスマホがわかった! iPhone vs Xperia vs Mate 9

ニコン、東芝の二の舞いの兆候...復活の富士フイルムと真逆、主力カメラも瀕死寸前 - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

ピクスタ---出張撮影マッチングサービス「fotowa」北関東でもサービス展開を開始 | マネーボイス

カメラマン募集!空き時間に働ける出張撮影サービスfotowaへの登録はこちら - 自然でオシャレな出張撮影ならfotowa



2017年ピューリッツァー賞発表 今年の受賞カメラマンは?/Nikon D7500の発表は明日?

今年の特集報道部門でピューリッツァー賞を受賞したのはアメリカのミシガン州デトロイトの写真家E. Jason Wambsgans氏。
英文にはなりますが特集記事が多くのサイトで紹介されていますので、その中から1つ紹介させて頂きます。

また皆さんお待ちかね?のNikonD7500の発表は明日もしくは明後日という情報も。リンク先の情報によればD7500ボディ量販店価格は159,300円前後だとか。スペック含め新しいカメラは何かと気になります。

驚いた記事はInstagramに投稿すると1投稿で平均30万円稼ぐカップルがいるのだとか・・・。記事の写真を見るとたしかにクオリティ高いですねー。Instagramでマネタイズ出来るんですね。それも驚きでした。

ニッチな商品としては8mmをデジタル化するガジェットが。フィルムスキャナーの応用品みたいですけど、かなりニッチな商品です。気にはなりますがソースの8mmを持っていないので買うことは無いですね~。8mm持ってる世代の人はこういうガジェットチェックしないだろうし、誰が買うのかな・・・。



La storia delle foto di E. Jason Wambsgans, che hanno vinto il Pulitzer - Il Post



【マジ羨ましい】旅行写真を1回投稿したら「最大100万円」! 稼ぎながら世界を旅する美男美女カップルのインスタ画像がゴージャスすぎる~!!


ニコン D7500 は、明日か明後日発表の模様 他の主要製品発表はなし デジカメライフ


900gまで装備できる「3軸電動カメラスタビライザーPro」でヌメッとした動画を撮ろう!


8mmフィルムをデジタルにしましょう、もう2017年だし ホームレスの写真を商業写真家が撮る理由


【連載】若き写真家の肖像 -Yusaku Aoki-



CP+のトークショーやアドビセッションがWEBで公開。 男子必見?ふともも写真展情報など

今年も大盛況だったCP+ですが、参加できなかった方に朗報です。
キヤノンの公式ページにてCP+写真家トークショーがUPされました。行きたかったけど行けなかった方々やもう一度聞きたいあの話!なんて思っている方は是非チェックしてみて下さい。

アドビブースにて行われたセッションで行われたジュリアン・コスト氏にる講演に関してもShuffle by COMMERCIAL PHOTOにて文字起こししてくれています。これもじっくり読みたいですね。


auからは個人で手軽使えるNASの「Qua Station」が4月7日に発売するとのこと。1TBの容量です。
NASですから外出先からアップロードすることもダウンロードすることももちろん可能。写真や動画をどこでも保存・視聴可能です。クラウドサービスが信用できない方や自分で手軽にデータをバックアップしておきたい方にも良いかもしれませんね。

一般的なNASとの違いはパケット通信量節約のために外出先など外からのアクセスの場合は自動で1枚あたり300KB程度にリサイズしてくれるらしいです。もちろんソースデータを見ることも可能だそうですが、気がきいていますね。

その他にも色々と気になる写真関係記事がありましたのでご紹介しておきます。

CP+2017 写真家トークショー
キヤノンマーケティングジャパン / Canon Marketing Japan20 本の動画


  



写したままから、感じたままへ- LightroomとPhotoshopでクリエイティブな写真表現 | CP+ 2017 アドビセッション | Shuffle by COMMERCIAL PHOTO NEWSポストセブン|日本の写真技術 誰が、いつ、どのように広めたのか│ auの「Qua Station」が4月7日発売決定、1TB(1000GB)の写真や動画をどこでも保存・視聴可能に どれがおすすめ? スマホの写真をプリントする方法まとめ【コンビニ・ネットプリント・家電量販店】 以下へ続きます。



| ホームへ | 次ページ