TOP写真関係全般

キャノンEOS 6Dを使ってペルセウス座流星群をタイムラプス撮影した動画が凄い綺麗です

ロサンゼルス在住のKai Gradert氏がアメリカ・カリフォルニア州のジョシュア・ツリー国立公園で撮影したペルセウス座流星群のタイムラプス動画が話題になっていました。



動画は以下。


撮影に使ったのは
EOS 6D
14mmと16mmのレンズ2本

気になるISO感度は2500~4000の間で設定。
撮影時間は4時間~6時間程度で、その間のシャッターは25秒~30秒程度で切っていたそうです。14mmほどの超広角レンズであれば30秒ほど露光しても星は点として写りますからね。

処理した枚数は書かれていませんが、4時間も撮影したとなると、インターバルの時間が30秒ほどあったとしても1時間あたり3600枚程度は切ったでしょうから、そうと仮定した場合は14400枚は処理しないと行けませんね。

違う違う^^;
勘違いしてました。シャッターが30秒だとしたら1分間に最大2枚ですよね。ということは60分で120枚。120枚×4時間で480枚でした。なんという違い。ゴメンナサイ。
インターバルを入れるとしたら半分の240枚ですから、より現実的な数字になりました。


撮影したRAWデータはLightRoomで現像したと書かれていますが、480枚程度なら一括処理ならば出来そうです。1枚1枚丁寧に仕上げるとなると・・・。


いずれにせよ、本当に努力と根気と体力と、そしてマシンパワーが必要なタイムラプス動画ですね。
素晴らしい!







写真関係全般 | 2013.08.22 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!
07/30   ニコンのデジカメについているFnファンクションボタンやPvプレビューボタン(カスタムボタン)機能の割り当てについて
07/28   夜景写真の撮り方は? トワイライトとマジックアワーとは?時間帯が重要
06/26   ブログエディタのOpen Live Writerを日本語化する方法(パッチが公開されていました)
06/21   Open Live Writerでテスト投稿

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<Twitterで盛り上がりを見せている米軍の写真たち「#日本で学生が冷蔵庫に入ったと炎上してるその頃米軍では」 | ホームへ | 最近のデジカメって水深計まで付いていて何メートル潜ったところで撮影したのかログで記録してくれるらしいです。>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |