TOPカメラ関係

開放F値が0.33! 歴史上最も明るい伝説のレンズ? Carl Zeiss「Super-Q-Gigantar 40mm F0.33」

カール・ツァイスの幻の開放値F0.33レンズって御存知ですか?
私は知りませんでした・・・^^; ここで初めてレンズの存在をしりました。


1966年のフォトキナでカール・ツァイスの技術力をアピールするために作られたと言われる幻のレンズが「Super-Q-Gigantar 40mm F0.33」というもの。

実際に売り出されることは無く、実際に撮影可能なレンズなのかも詳細は不明ですが歴史上最も明るいレンズだと言われているそうです。




このレンズが付いているカメラはコンタレックスで、レンズの後ろ側を見るとブルズアイ用の穴も見受けられますので、コンタレックスだけに装着できるまさに幻のレンズといった感じ。 絞り羽根が付いているようにも見えませんね。




このレンズに関しては長らく詳細がわからなかったらしいのですが、昨年開かれたWestLicht Photographica Auctionで出品され話題になったのだとか。


昨年のオークションでは開始価格が€6,000(約77万円)。推定落札価格が€16,000(約206万円)だったそうですが、実際には€60,000(約770万円)近くで落札されたとの情報も。

実際に使えるカメラも限定されており、本当に撮影可能なのかも微妙なレンズとしては恐ろしい高値ですね。
今のカメラに装着できる仕様だったら更に高値になったかも・・・。


レンズ名称に付いている「Q」は

「quatsch」(ナンセンス)の略だとのことですから、こんなレンズを作るなんてナンセンス?もしくはレンズの開放値の限界を追い求めるなんてナンセンスなことだ!的な意味が込められている自虐的なレンズなのかもしれません。


それって今の高画素化の流れの時代にも一致するような・・・^^;





これから数年後には迎えるであろう高画素競争の末に、もう終止符を打ちたいなんて考えたら、メーカーは恐ろしく高画素なカメラを作って、「Q」の名称をつけたらどうかな~~~。なんて^^;







カメラ関係 | 2013.08.07 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<寒冷地撮影では必須のアイテムとなるか!? マイナス40℃の低温下でも使える「カドニカ GTシリーズ」 | ホームへ | ペッツバールレンズが資金集めで1億円超え!!! まだまだサポーターが増えそうです。 >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |