TOPカメラ関係

開放F値が0.33! 歴史上最も明るい伝説のレンズ? Carl Zeiss「Super-Q-Gigantar 40mm F0.33」

カール・ツァイスの幻の開放値F0.33レンズって御存知ですか?
私は知りませんでした・・・^^; ここで初めてレンズの存在をしりました。


1966年のフォトキナでカール・ツァイスの技術力をアピールするために作られたと言われる幻のレンズが「Super-Q-Gigantar 40mm F0.33」というもの。

実際に売り出されることは無く、実際に撮影可能なレンズなのかも詳細は不明ですが歴史上最も明るいレンズだと言われているそうです。




このレンズが付いているカメラはコンタレックスで、レンズの後ろ側を見るとブルズアイ用の穴も見受けられますので、コンタレックスだけに装着できるまさに幻のレンズといった感じ。 絞り羽根が付いているようにも見えませんね。




このレンズに関しては長らく詳細がわからなかったらしいのですが、昨年開かれたWestLicht Photographica Auctionで出品され話題になったのだとか。


昨年のオークションでは開始価格が€6,000(約77万円)。推定落札価格が€16,000(約206万円)だったそうですが、実際には€60,000(約770万円)近くで落札されたとの情報も。

実際に使えるカメラも限定されており、本当に撮影可能なのかも微妙なレンズとしては恐ろしい高値ですね。
今のカメラに装着できる仕様だったら更に高値になったかも・・・。


レンズ名称に付いている「Q」は

「quatsch」(ナンセンス)の略だとのことですから、こんなレンズを作るなんてナンセンス?もしくはレンズの開放値の限界を追い求めるなんてナンセンスなことだ!的な意味が込められている自虐的なレンズなのかもしれません。


それって今の高画素化の流れの時代にも一致するような・・・^^;





これから数年後には迎えるであろう高画素競争の末に、もう終止符を打ちたいなんて考えたら、メーカーは恐ろしく高画素なカメラを作って、「Q」の名称をつけたらどうかな~~~。なんて^^;





このエントリーをはてなブックマークに追加



カメラ関係 | 2013.08.07 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<寒冷地撮影では必須のアイテムとなるか!? マイナス40℃の低温下でも使える「カドニカ GTシリーズ」 | ホームへ | ペッツバールレンズが資金集めで1億円超え!!! まだまだサポーターが増えそうです。 >>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |