TOPカメラ関係

レンズの拭き方 【デジタルカメラのメンテナンス】

デジタルカメラのレンズの拭き方について。

初心者の方からよく聞かれることがあるので、まとめてみましたが、もしも追加する部分があったりしたら今後修正しようと思います。


一番最初はブロアー作業

まずはブロアーでレンズ面のホコリやゴミをしっかりと落としてあげます。
ホコリやゴミが残った状態でレンズメンテナンスをすると、その異物が原因でレンズ(コーティング)に傷がつくことがありますので最初のブロアー作業がとても重要です。

レンズ専用のクリーニングペーパー

レンズ専用のクリーニングペーパーを用意します。
同じように柔らかいからと言ってティッシュやキムワイプなどは止めましょう。

またレンズのクリーニングペーパーは商品によっては表裏があります。ザラザラしている方が裏です。なめらかな面でレンズを拭きます。

手の油が付かないようにレンズを拭く部分は手を触れないようにするのがポイントです。

汚れがヒドイ時はクリーニング液を使用

レンズを拭く時にはペーパーで軽く拭いてあげるぐらいで十分なのですが、特に汚れがヒドイ時にはクリーニング液を使うこともあります。

オススメなのがOLYMPUS HYPER CLEAN EE-3310という商品。
写真用品店などに行くと「HCL LENS クリーナー」などの名前で売られています。

中身はエタノールに似た揮発性の高いアルコール溶液です。
エタノールに何か混ぜてあるのだと思いますが詳細は書かれていません。

業務用ですと数リットルの缶売りのようで、カメラメーカーも使用している信頼あるレンズクリーニング液です。


堀内カラー 商品情報 クリーニング用品 レンズクリーナー
・オリンパスEEクリーナー(3310)使用、洗浄力が強いのが特長です ...
堀内カラーのホームページ



一度使ったペーパーは捨てる!

このクリーナーをレンズペーパーに染み込ませてレンズの中心から円を描くように少しずつ外側に向かって動かしていきます。
3~4周してレンズの縁まで来たらペーパーを徐々に持ち上げてレンズから離します。

一度で綺麗にならない時は、もう一度同じ作業をします。その時に大事なのは、一度使ったクリーニングペーパーは捨てて新しいペーパーを使用するということ。

クリーニング液を付けてない部分が残っているから!と勿体ぶってはいけません。クリーニング液が付いていない部分は、手の油が付いた部分です。
手の油をレンズに擦りつけるようなことは止めましょう。

一度使ったペーパーは捨てる。これが大事だったりします。



でも、レンズペーパー高いじゃん!という人は

ニコンのクリーニングキットのシルボン紙セットがお得です。
一束500枚

おそらく1枚1円ぐらいで購入できるはずです。最低単位は2束1000枚からだったような・・・

ただし、このペーパーは表裏がありますので、裏の部分を使わないように気をつけて下さいね。

Googleで検索すれば売っているサイトはすぐに見つかると思います。

他にもお徳用のレンズペーパーを用意しているメーカーもありますから、安めの商品を探してみてください。



ちなみに、レンズクリーニング液には界面活性剤が入っている商品もありますが、個人的にはオススメしません。
拭き残しが無いように綺麗に拭くのが大変な上に、それほど綺麗にならないような・・・。



レンズの拭き方についてはニコンが公式に解説しているページがあります。
最後にリンクを貼りましたが「レンズナレッジ」のレンズのお手入れページです。

とても詳細に書かれていますので、是非一度じっくりと読んで正しいレンズのお手入れを覚えておくと良いと思います。

レンズナレッジ – レンズのお手入れ | ニコンイメージング
ニコンの公式レンズケア解説ページ「レンズのお手入れ」






カメラ関係 | 2012.09.24 [EDIT]

【関連するタグ】

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<空飛ぶカメラ「AR.Drone」の写真コンテストなど | ホームへ | コイにガン付けられた。 本当に登ってきそうな鯉のぼり!?>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |