TOPカメラ関係

デジカメの撮影方法・テクニック一覧

今まで作成してきたデジカメの撮影テクニックに関する記事をピックアップしてみました。
気になる記事があれば読んでみてください。

その場の雰囲気を出したい時はストロボの設定をOFFに!

今回のテーマはストロボを使わない方が良い時もあるよ!てな感じです。ストロボを使って撮影したのが下の写真です。同じ場面でストロボをOFFにして撮影するとどうなるでしょうか?


露出補正の基本 カメラの「+補正」と「-補正」を使ってみよう

カメラに付いている露出補正という機能を使って撮影してみましょう。通常は(+/-)プラスマイナスの記号が付いていると思いますよ。それを使ってプラス側に設定したりマイナス側に設定したりして明るさを変えてみましょう。


ズームレンズを使って遠くのものを撮影してみよう

ズームの比率にもよりますが、ワイド側とズームしたテレ側では随分と写る部分が違うものです。せっかく持っているズームレンズ。全てを使いきりましょう!ということで


花を望遠レンズと広角レンズで撮影してみる

広角レンズで撮影すると手前のものが大きく写ります。ツツジの花の大きさは同じはずなのに、遠くにある花は小さく、一番手前のツツジの花はとても大きく写っています。これが広角レンズで対象物に近づいた時の特徴です。


露出の測光方式はどれを選べばいいのか!

デジタル一眼を使い始めると、露出の問題で悩んだりしますよね。カメラはPモードでもSモードでも、はたまたAモードでも自動で露出を決めてくれますよね。でも逆光などの時には自分の想像した写真にならなかったりします。それはカメラの測光方式で解決することが出来るんです。例えば下の3枚の写真。


何をメインにするかで適正露出は変わってくる

カメラ雑誌なんかを読んでいると「適正露出」って言葉が結構出てくるものです。でも一体適正露出って何なんだ~~と疑問に思っている人も多いはず。誤解を恐れずに凄い暴論を言ってしまうと、自分が良い!と思う出来上がりになる露出が適正露出なんです。


シャッタースピードを遅くして水の流れを表現してみよう!

よく質問される項目です。人間の目にはシャッタースピードという概念はありませんからわかりにくいですよね。そして想像しにくいのかも知れません。カメラにはシャッタースピード優先モードという機能が付いていたりします。そのモードを使ってシャッタースピードを変化させて撮影してみましょう。


絞りの違いでボケ味が変わる! 被写界深度とは?

プロの写真を見るとモデルの後ろがボケてて綺麗な写真だなぁ~と思う人もいるはず。最新型のカメラだと、「ぼかす」「くっきり」とかの設定が付いていたりしますが、それも絞りの設定を違う言葉で表現しているわけです。


広角レンズと望遠レンズの被写界深度(ボケ具合)の違い

広角レンズの特徴はピントが手前から奥まで合いやすいことが挙げられます。また反対に望遠レンズの特徴はピントの範囲が広角レンズよりも狭いことが挙げられます。ボケの具合のことを被写界深度と言いますが、同じ被写体を同じような範囲で撮影した場合に、その被写界深度の違いが分かりやすくなりますの作例を見てください。


ボケ味・被写界深度を決める5つのポイント

レンズの絞りを開ければプロみたいにボケ味のある写真が撮れると聞いたけど、全然撮影できない。な~んて声もよく聞きます。その原因は、ボケ味というか被写界深度は以下の5つの事項が複合的に絡んで決定されるんです。


ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!? 

写真撮影に慣れてくると、挑戦したいのがストロボを使った撮影だと思います。でも、ストロボって瞬間の光だから使うのが難しくて挫折している人も多いですよね。でも、ストロボの基本を押さえておけば難しいことはありません。数回に渡ってストロボの基本的な考え方をご紹介します


偏光(PL)フィルターの使い方・その1 ガラスの反射を抑える!

偏光(PL)フィルターというフィルターを知っていますか?写真用品店に行くと必ず目にする有名なフィルターのひとつです。偏光(PL)フィルターのPLは「polarizing light」(ポラライジングライト)の略で、通常はPLフィルターと略して呼ばれています。


ホワイトバランスのプリセットに挑戦してみよう! 特に室内!

デジタルカメラを使うようになってから、逃げられない問題になったのがホワイトバランスです。ホワイトバランスについて、いままで基本的なことも書いていないのに突然プリセットの話まで持ちだして恐縮ですが、今度しっかりとホワイトバランスに関しては解説しようと思っていますので、とりあえずは解説よりも実践を先に始めたいと思います。


ピントを合わせる位置を変化させるだけで全然写真の意味が違ってきます

カメラを使っていて絶対にカメラ任せにしないもの。それはピント!と、昔は書けたのですが、最近ではピントを画面のどの場所に合わせるかも自動で行なってくれるモードがあります。


植物(葉)を撮影するときには逆光での撮影にチャレンジ!

撮影仲間が出来てくると、こんな言葉を聞くかも知れません。「花は逆光で撮影すると綺麗だよ!」そう植物は逆光で撮影すると透き通るような表情を見せてくれます。花だけでなく、葉も逆光で撮影すると葉脈が透き通って見えて普段目にしているものとは一味違った表情が撮影できますよ。


色の仕上がり設定の特徴を知っておこう!

デジタルカメラで撮影した時、出来上がった写真の色を左右するのは
1、ホワイトバランス
2、仕上がり設定
この2つが大きな要素です。で、今回取り上げるのは「仕上がり設定」の方です。


望遠レンズの圧縮効果を使いこなそう!

さてここでは望遠レンズの特徴である「圧縮効果」について書きたいと思います。下の写真は何の変哲もない歩道を広角レンズで撮影したものです。
広角レンズでの撮影(圧縮効果なし)


同じ絞り(F値)で撮影してもレンズが違うと被写界深度は違います

同じF値で撮影したのに何故かレンズによって写りが違う!撮影を続けていくとそんな疑問も湧いてきます。その理由のひとつに、同じ絞りであってもレンズによってボケ味が違います。











カメラ関係 | 2012.06.08 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

08/16   激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付
08/12   Nikon D850は8月15日発表という噂が出ていますね。詳細スペックも流れているので・・・
08/07   iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる
07/30   肩こりががヒドく久々にお世話になったパイオネックス(円皮鍼) 劇的に痛みが引きました
07/12   【リンク】AdobenoのLightroomは遅い?パフォーマンス向上に向け動き出す
07/07   【リンク】ニコンの牛田社長インタビューやREDがスマートフォンを発表など
06/19   【リンク】美術館が撮影OKになると大混乱になる?ルーブルのモナリザの前が凄い、など。
06/12   すごい便利で高性能の無料のスキャンアプリ「Adobe Scan」 OCR認識率も抜群です
06/07   富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 
06/06   料理撮影テクニック10 湯気の撮影は濡れ綿球!アイスクリームはマッシュドポテトで!
05/29   新宿、銀座、大阪のニコンプラザは日曜定休日に。美術館の撮影OKが増えている?など
05/24   無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<クリエイティブ・コモンズがlivedoorニュースでも採用などなど | ホームへ | 共同通信の裏焼き騒動は他人ごとじゃないなぁ>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |