TOPデジカメの撮影方法・テクニックを紹介

金網越しや模様のある窓越しでの撮影方法

金網越しでの撮影ですが、動物園などでお困りの方も多いようです。
どうしても金網が写ってしまって綺麗に撮影できない。

こんな話をよく聞きます。

ちょうどよいシチュエーションがあったので解説しようと思います。


下の写真は渋谷駅構内から外を撮影したもの。
ガラスに水玉模様がびっしりと全面に施されています。



普通に撮影すれば下の写真のように水玉が写ります。
で、このガラス越しで水玉模様が写らないように外の景色を写せるのか?


これは金網以上に難易度が高そうなシチュエーションですが結果的には成功しました。





金網越しでも同じ方法で金網が写らなくなります。

では解決方法。


レンズを密着させる


まず、レンズをガラスに密着させます。
金網だとしても同じです。金網の隙間にレンズを入れて撮影します。

金網の隙間が大きくてレンズの銅鏡が全部入るようであれば何も問題ないですよね。
でも金網の隙間が小さい場合には・・・。

レンズを密着させても水玉模様が写ってしまいました。先ほどよりはマシですが、それでも写り込んでいる事実は変わりません。
金網の場合も隙間が小さい場合には同じく写ると思います。



レンズ密着させた状態でズームする


では、レンズを密着させた状態で少しズームしてみましょう。
今回は写真の左上に数字が書いてあると思いますが、その数字はレンズの焦点距離を表しています。
上の写真では焦点距離が27mmと広角側で撮影しています。

下の写真では同じ状況でズームさせて65mmで撮影して見ました。
するとどうでしょうか???

見事に水玉模様が消えています。




レンズを密着させると、それだけで問題が解消する場合もあるのですが、それでも写ってしまう場合には、ズームをしてみましょう。
ほとんどの場合は解決するはずですよ!

あと、絞りを調整できるカメラの場合には絞りを開放値にすることによって写らなくなることもあります。
絞り値も関係してきますので、もしも絞りを調整できるカメラの場合はなるべく絞りを開けて撮影して下さいね。




レンズを金網/ガラスに密着させる
それでもダメな場合はポイント2へ

レンズを密着させた状態でズームする


絞りが調整できる場合は絞りを開ける







【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<クリエイターの為のSNS apollo(アポロ)が一般公開 | ホームへ | 「Z340」ポラロイドの風格が戻った!デジタルポラロイドカメラが発売>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |