TOP時計関係

熱膨張による誤差 時計のゼンマイについて

明日以降はグアムの写真や韓国でのことを書こうと思っているのですが・・・。

今日も時計ネタです(笑)

熱膨張があることにより、時計に誤差が出ることは昨日のブログでも書きましたが、基本的に時計に誤差が生まれる原因として以下の3点が挙げられるそうです。

1、熱膨張
2、姿勢差
3、ゼンマイのトルク変動

姿勢差に関しては、時計業界では知らない人はいない「アブラアン・ルイ・ブレゲ」により、トゥールビヨンという機構が開発され、姿勢差の誤差を克服しました。
ブレゲ




しかし、問題なのは、このトゥールビヨンの機構は複雑すぎるために、普通の時計師では作成不可能。

作ることが出来たとしてもスイス製のムーブメントの場合は1000万円近い値段になってしまいます。

これが「ブレゲ」のトゥールビヨンです。

ブレゲ トゥールビヨン



なんと定価は10,815,000円

高いけど、欲しい!!!
ケド無理(笑)




そして、こちらが破格値でトゥールビヨンを組み入れたビーバレル社のモデルです。
トゥールビヨン ビーバレル 




価格は199,500円

え!
と聞き返してしまいそうです(笑)


まあ、ここではトゥールビヨンは置いておいて・・・。


熱膨張により誤差がうまれるのは、理解が出来ると思います。
昔の鋼ヒゲゼンマイだと、温度1度の上昇によって24時間で10秒以上も遅れたそうです。

これでは、実際のところ使い物になりません。

そこで、発明されたのがインバー金属とエリンバー金属!

温度が変化しても伸縮や弾性変化がしにくい合金です。

この金属を発見したのはスイスの・チャールズ・エドワード・ギオーム博士ですが、「ニッケル鋼の異常線の発見 」ということで1920年にノーベル物理学賞を受賞したんです。

確かに、それほど重要な発見だったんですね~。

でも、ギオームのお陰で、温度変化を受けにくい時計が開発されることとなりました。


最近では、エリンバーの改良版であるステンレススティール合金製のヒゲゼンマイを載せている時計がほとんどだそうです。
これはスイス製の場合ですかね?
それとも中国製もステンレススティール合金製のヒゲゼンマイなのかな?

私の持っている中国製時計は、オールステンレススティールと書いてあるから、たぶん・・・。






このエントリーをはてなブックマークに追加



時計関係 | 2008.03.25 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

12/07   マウントアダプターの世界が奥深い。MFレンズがAFレンズのように使えるアダプターがあるとは・・・
12/05   マルチレンズカメラとシングルレンズカメラは共存共栄で発展!? ユーザーが意識せず使える時代へ
11/28   最近話題のコンピュテーショナル・フォトグラフィーが気になる
11/26   Nikon Z6のISO感度別テストデータ 驚きの高感度ノイズ耐性!
11/20   アサヒカメラでは「写真好きのための法律&マナー SEASON 2」の連載が行われています
11/15   7.67MBのJPEGデータが988KBに!新画像フォーマット「Webp」の実力とphotoshopでの扱い方
11/14   ブログの記事が一瞬にして消えた(T_T) 国際宇宙ステーションから満天の星空を撮影するのが難しいという記事を書いていたのに・・・
11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<海外旅行inグアム Vol.01 ~ウェスティンホテル~ | ホームへ | 機械式時計 熱膨張による誤差>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |