TOP時計関係

熱膨張による誤差 時計のゼンマイについて

明日以降はグアムの写真や韓国でのことを書こうと思っているのですが・・・。

今日も時計ネタです(笑)

熱膨張があることにより、時計に誤差が出ることは昨日のブログでも書きましたが、基本的に時計に誤差が生まれる原因として以下の3点が挙げられるそうです。

1、熱膨張
2、姿勢差
3、ゼンマイのトルク変動

姿勢差に関しては、時計業界では知らない人はいない「アブラアン・ルイ・ブレゲ」により、トゥールビヨンという機構が開発され、姿勢差の誤差を克服しました。
ブレゲ




しかし、問題なのは、このトゥールビヨンの機構は複雑すぎるために、普通の時計師では作成不可能。

作ることが出来たとしてもスイス製のムーブメントの場合は1000万円近い値段になってしまいます。

これが「ブレゲ」のトゥールビヨンです。

ブレゲ トゥールビヨン



なんと定価は10,815,000円

高いけど、欲しい!!!
ケド無理(笑)




そして、こちらが破格値でトゥールビヨンを組み入れたビーバレル社のモデルです。
トゥールビヨン ビーバレル 




価格は199,500円

え!
と聞き返してしまいそうです(笑)


まあ、ここではトゥールビヨンは置いておいて・・・。


熱膨張により誤差がうまれるのは、理解が出来ると思います。
昔の鋼ヒゲゼンマイだと、温度1度の上昇によって24時間で10秒以上も遅れたそうです。

これでは、実際のところ使い物になりません。

そこで、発明されたのがインバー金属とエリンバー金属!

温度が変化しても伸縮や弾性変化がしにくい合金です。

この金属を発見したのはスイスの・チャールズ・エドワード・ギオーム博士ですが、「ニッケル鋼の異常線の発見 」ということで1920年にノーベル物理学賞を受賞したんです。

確かに、それほど重要な発見だったんですね~。

でも、ギオームのお陰で、温度変化を受けにくい時計が開発されることとなりました。


最近では、エリンバーの改良版であるステンレススティール合金製のヒゲゼンマイを載せている時計がほとんどだそうです。
これはスイス製の場合ですかね?
それとも中国製もステンレススティール合金製のヒゲゼンマイなのかな?

私の持っている中国製時計は、オールステンレススティールと書いてあるから、たぶん・・・。








時計関係 | 2008.03.25 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

10/18   二足歩行ロボットが階段駆け上がったりバク転とか出来るわけない。ゴメンナサイ、間違ってました。
10/17   技術不足や勘違い、破格プライスから生まれたオモシロ写真
10/07   知っておきたい写真修復師・村林孝夫氏 白黒写真の変色や退色などの経年劣化を見事に修復
10/07   重いカメラ機材も新開発バックパックで楽に運搬可能に?米軍もテスト中なのだとか。
09/22   腰痛持ちの私が実際に使って本当に良かったマットレス。 寝付きの悪さも良くなりました。
09/16   ニコン ミラーレス一眼「Z7」を使った感想。ハイライトには強くバッテリーの持ちは想像より良い!
09/13   イマイチだったPhotoshopの「コンテンツに応じた塗りつぶし」がアップデート予定 ほぼ完璧に!?
09/13   ハリケーンとか台風の中に飛び込める飛行機が撮影したハリケーン内部動画
09/04   Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット
08/27   フラットヘッドスキャナーのカラープロファイル作成方法 i1版(EPSON GT-X980)
08/24   ニコンのフルサイズミラーレス機 Z7とZ6の登場で一眼レフ機の時代は確実に終わった。
08/13   雲の量や何の雲があるかも分かる凄い天気予報「SCW」を活用してみよう!天文観測や撮影でも大活躍!

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<海外旅行inグアム Vol.01 ~ウェスティンホテル~ | ホームへ | 機械式時計 熱膨張による誤差>>
  • 【】
【// :】
| ホームへ |