デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。




これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)
あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。
ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。


一応、簡単に正しいホワイトバランスのおさらいをしますが、グレーボードを使って(これも安いものではなく、マクベスのような個体差が無い高級品を使うことが良いとされていますが)被写体の位置にあわせて正しくプリセットをするか、グレーを写しこんで、あとで現像ソフト上にてグレーポイントをチェックして正しい色を出す。

まあ、簡単に書けばこんな感じだと思います。

しかし、実際はどうでしょうか?
私の仕事では、こんなことやってられないことが結構多いです。
そもそも、被写体の場所まで行けないことって無いですか?
スタジオならともかく、会見場だったり、劇場だったり、議会だったり、ホールだったり、室内競技場だったり。

被写体の場所まで行ける場合もあるでしょうが、行けない場合だって多々あります。


ホワイトバランスってデジタルカメラの設定で非常に重要な部分です。
私の場合ですが、基本的にはジャケットの内ポケットにグレーカードを入れてありますが、たまにジャケットを着替えたときなんかには、グレーカードを入れ替え忘れ、グレーカードが撮影現場で無い場合だってあります(笑) 特に夏はジャケット着ませんし・・・。

そんな時に役に立つのが

「白い紙」

それも、何か書いてある書類の紙だって構いません。
書類でも裏が白ければ良いんですが、両面印刷の紙しか無い時だってあります(~_~;)
それだって構いません。
元が白ければ良いんです。

だって、ホワイトバランスを取る時って、ピンとはあわせませんよね。
字が印刷してある紙だって、ピントをウンとずらせば白っぽくなります(笑)

こんなものでも結構ホワイトが取れるものです。(取らないよりはベターです)

ただし、白い紙をオーバーに撮ってしまうとエラーになるか正しいホワイトは取れませんので、若干アンダーで撮影してみてください。
(注意点としては、白い紙であっても、その紙に蛍光加工がしてあったりする場合には正確に取れない場合もあります。)



で、問題は白い紙は手元にあったとしても、被写体の場所まで行くことが必要になります。
しかし、先ほど書いたように被写体の場所まで行けないことも多々あります。


そんな時にどうすれば良いか。


カメラ関係 | 2013.09.02 [EDIT]

ワカサギ氷上穴釣りが解禁された!放射性セシウムの影響も(赤城大沼・榛名湖) 



-------------------------追記ここから-------------------------


すいません。以前書いた記事の再投稿ですが解禁されたので追記しました。

本日28日のニュースで
「赤城山山頂のワカサギ釣り解禁へ…釣ったら回収」との報道がありました。

赤城山山頂のワカサギ釣り解禁へ…釣ったら回収

読売新聞 2月27日(月)23時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00001124-yom-soci

 群馬県は27日、前橋市の赤城山頂にある大沼のワカサギ釣りの自粛要請を3月1日に解除すると発表した。

 放射性セシウム濃度が検査で3回連続、国の暫定規制値(1キロ・グラムあたり500ベクレル)を下回ったため。沼は結氷しており、穴釣りが可能という。

 ただし、26日に採取したワカサギの検査では、4月から一般食品で適用される新規制値(同100ベクレル)を上回る480ベクレルが検出されているため、赤城大沼漁業協同組合の監視員が釣った魚をすべて回収する。

同沼では規制値超えのワカサギが見つかり、昨年9月1日から解禁を見送っていた。4月からは禁漁のため、1か月間限定の解禁となる。



以前問い合わせした時には、釣れるワカサギから放射性セシウムが検出され
僅かながら基準値を超えているとの回答でした。

今後定期的に検査をして
放射性セシウムの基準値が下がれば解禁すると話されていましたから
ついに解禁になったということですね。


でも食品に対しての新規制値は超えているとの事。
そのために釣ってもリリースしなくてはいけないとなると
どの程度の釣り客が来るのか・・・。

解禁されたといっても手放しで喜べる状況ではないんですね。
残念です。

来年は写真のように盛り上がりを見せて欲しい!


-------------------------追記ここまで-------------------------



大寒を過ぎて本格的に寒くなって来ました。
昨日は北海道では-31度を記録したそうです。

1月下旬になってくると
季節の風物詩としてワカサギ釣りを思い浮かべます。
東京から比較的近いところというと
群馬県の赤城大沼や榛名湖でしょうか。


写真は榛名湖のもの。
この時の撮影は非常に寒かった
今では良い思い出のひとつです。


湖面は赤城大沼の方が先に凍ることが多いそうです。
ですので例年
赤城大沼が先に解禁され
1~2週間後に榛名湖が解禁されます。


氷の厚さを調べて
何センチ以上になったら解禁!
そんな感じです。

氷の厚さは1メートル近くになることもあるとか
一度凍った氷は3月末頃まで厚いままですから
その頃まで穴釣りを楽しむことができます。



今年は赤城大沼は既に全面氷結しているようです。
上に乗っても大丈夫な厚さになっているとのこと。

ならワカサギ釣りが解禁だよね!
と思いきや今年は自粛しているとのこと。


なぜ?
その理由は放射能。


釣れるワカサギから放射性セシウムが検出され
僅かながら基準値を超えているとのこと。

今後定期的に検査をして
放射性セシウムの基準値が下がれば解禁するとのこと。

ワカサギ釣りを毎年楽しみにしているファンも多いですから
一日も早く解禁されると良いですね。


榛名湖に関しても自粛していますが
榛名湖に関してはワカサギがまだ釣れていないので
放射性セシウムを調べられない状況のようです。

ワカサギが釣れてから検査
その検査で基準値を下回っていれば解禁されるのではと思います。



photo/写真 | 2012.02.28 [EDIT]

シャボン玉に反射する太陽



しゃぼん玉に太陽の光が反射して
キラキラ光っていますが冬の寒い日です。

東北や北海道へ行くとシャボン玉も凍ってしまうのだとか・・・。
東京ではさすがに凍る前に破れてしまいますね。

もっと寒い日に霜柱とシャボン玉の写真でも撮ろうかな。
でも寒いのは苦手です。

立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続きます。
乾燥注意報も出ていますから風邪にはお気をつけ下さい。

明日は毎日新聞の創刊140周年だそうですが
今日の毎日新聞夕刊の2面に面白い特集記事が。

特集ワイド
「友紀夫という名で出直します!?」と題して鳩山元首相へのインタビュー記事

インタビューの目的として書かれていたのが
「かつては政界引退を表明しながら、あっさり撤回したこともあったが、今回はどこまで本気なのか鳩山氏を直撃した」
とのこと。


笑えます・・・^_^;

最後の質問では
ところでいつから「友紀夫」になるのですか?
と。


気になる方は読んでみてください。
まあ大抵の人は頭にくるだけかも知れませんが^_^;


photo/写真 | 2012.02.20 [EDIT]

本当に新幹線ストップの判断は正しかったのか!? 「撮り鉄」撮影状況の表現を各紙記事で比べてみた。

毎年1回程度は撮り鉄と呼ばれる鉄道マニアの撮影で電車が止まります。
私の記憶に残っているものとしては


・2年ほど前に、お座敷列車「あすか」を撮影するために4~5人が線路の1メートルぐらいの場所に三脚を立てて撮影して電車を止めたこと。
・3年前には報道番組「クローズアップ現代」の取材で、NHKのテレビクルーが線路から2・5メートルに三脚をすえつけて撮影していたため電車が止まったこと。


今回は止まったのが新幹線なだけに話題性も多く、各紙の見出しだけを読んでも、実際線路内に入ったのか入っていないのかも分からない。
なので各紙の報道の抜粋を比べて見ました。



私が読んだ限りでは一番詳しく的確な記事を載せていたのは朝日新聞でした。

誤解を招きそうなのは日経新聞の「鉄道マニアが新幹線止める 名古屋、線路内で写真」という見出し

ここでいう線路というのは、新幹線特例法で指定されている線路の中心線から左右3メートル以内を軌道と定めているので、この軌道内を線路と表現されているのだと思います。

毎日新聞は記事内で現場には脚立があったが、線路内への侵入は確認できなかったという。と報道しています。
一方、日経新聞は見出しで「鉄道マニアが新幹線止める 名古屋、線路内で写真」と報道しているので、線路内に立ち入ったとの話を取材したのかと思ったのですが、記事内を読んでも立ち入ったことは書かれておらず高さ2メートル超のフェンスによじ登っていた。との報道。

ちょっと誤解を生みやすい見出しかも知れません。


最後にまとめは書くとして、各紙の見出しと記事抜粋を御覧ください。


朝日新聞
「撮り鉄」近づきすぎ新幹線ストップ 警察が事情聴く

男性(41)が線路に向けフェンスから身を乗り出しているのを、
巡回中のJR東海の社員が見つけ、同区間の運行を止めた。
(中略)
男性は鉄道写真を撮るマニア(通称・撮り鉄)とみられ、脚立や

一眼レフカメラを持参。フェンスを乗り越えてはいないが、特例法
は線路の中心線から左右3メートル以内を軌道と定め、立ち入りを
禁止。同署は、男性がこのエリアへ入っていなかったか調べている

http://www.asahi.com/travel/news/NGY201202150010.html



毎日新聞
東海道新幹線:線路付近に男性 運転一時見合わせ

愛知県警中村署員が線路沿いのフェンス(高さ約2メートル)わき
にいた男性(41)を確保した。同署によると、男性は新幹線の写
真撮影をしていた。現場には脚立があったが、線路内への侵入は確
認できなかったという。

http://mainichi.jp/flash/news/20120215k0000e040163000c.html



読売新聞
線路際に脚立で撮影する男性、新幹線ストップ

同署によると男性は40歳代で、線路際で脚立に上り、フェンス越
しに新幹線を撮影していたという。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120215-OYT1T00353.htm



日本経済新聞
鉄道マニアが新幹線止める 名古屋、線路内で写真

愛知県警中村署の警察官が現場に駆けつけたところ、カメラを持っ
た男性(41)が高さ2メートル超のフェンスによじ登っていた。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E3E7E2E39E8DE3E7E2E0E0E2E3E09191E2E2E2E2



産経新聞
「撮り鉄」が新幹線止める フェンスに密着し撮影 危険と判断し
運転見合わせ

東海道新幹線線路脇の土手で、男性(41)がフェンスに密着し、
身を乗り出して新幹線の写真を撮っているのを、近くを巡回警備中
のJR東海社員が発見した。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120215/crm12021513180008-n1.htm



共同通信
東海道新幹線に遅れ 線路に立ち入りと連絡

愛知県警などによると、男性は新幹線の外壁近くから列車を撮影し
ようとしていたとみられ、駆け付けた中村署員が事情を聴いている
。線路内には入っていないと説明しており、同署が経緯を調べてい
る。

http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012021501001033.html



時事通信
「撮り鉄」新幹線止める=13本遅れ、乗客1万人に影響-名古屋

男性は脚立を使って線路脇の盛り土に上り、カメラを持った腕を伸
ばして高さ約2メートルのフェンス越しに撮影していたという。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012021500467



スポーツニッポン
鉄道ファン 新幹線止める 線路脇の土手で写真撮影

東海道新幹線線路脇の土手で、男性(41)がフェンスに密着し、
身を乗り出して新幹線の写真を撮っているのを、近くを巡回警備中
のJR東海社員が発見した。同社は、線路との距離が近く危険と判
断し、

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/15/kiji/K20120215002638920.html


各紙の報道を比べると見えてくるものがあります。それは




シャボン玉兄弟に写る世界




シャボン玉の森で見つけたシャボン玉の三兄弟!
一昔前にだんご3兄弟ってのがありましたね~~(^^


シャボン玉三兄弟はマニアックすぎますね^^;

この兄弟は木の枝に絡みながらくっついていました。
よく見ると私のカメラと手が写っています(笑)

どこだか分かりますか?
カメラはキヤノンのS95というコンパクトカメラ。

向かって左側の兄弟シャボン玉を注意して見てみてください(^^♪
あ、分かりました???


シャボン玉 | 2012.02.15 [EDIT]

トルコキキョウの花言葉は「永遠の愛」 



---------------------------------------------------
追記
話題の元記事を読みました感想は下の方に書きました。花の無料写真素材も公開しています。こちらもどうぞ

切花・アレンジメントフラワーの無料写真素材/フリー画像素材
花の無料写真素材を公開しています。どうぞお使い下さい。



---------------------------------------------------

トルコキキョウの花言葉がTwitterで凄い話題になっていました。
頂いたコメントやTwitterの返信で2ちゃんねるのまとめブログの影響とのこと。
まだ私は読んでいないのですが泣ける内容で永遠の愛という花言葉がポイントだそうです。

最初はTwitterで話題にあがるってことはテレビか何か?
と思っていたんですが^^;
まとめブログの影響力って凄いんですねー。

ところでトルコキキョウの花言葉を調べると

よい語らい/優美/希望/変わらぬ美/清々しい美しさ/変わらぬ美/優雅/永遠の愛
色々出てきます。

基本的には愛や美に関するものが多いようですね。
それを見てそう言えばトルコキキョウの花を昔撮影したなぁ~と。

話題になっているトルコキキョウって八重のトルコキキョウかな?
それとも一重?

この写真のトルコキキョウは一重のものです。
自分で花屋にて購入。550円也。
もしも話題になっているものと違ったらゴメンナサイm(_ _)m



追記
話題になっているブログを拝見しました。
そして読みました。とても感動的な内容ですね。
自分を題材にした小説は多数。
今回話題になった話も書いている方の経験をまとめたもの。
短編小説を読んでいるようでした。

もちろん事実そのままではないでしょうし
装飾している部分も多数あるのでしょうが短編小説として読めば面白いです。


最近短編小説家が減ったと聞きます。
短編小説は書く技量が問われやすい形態ですからね。
短編小説が減った代わりに今回のように自伝的な短編物語がとても新鮮に人々の心に響くのかも知れません。


2ちゃんねるという場でリアルタイムに書かれている物語は
書くという作業自体にも物語性が加わります
新しい時代の創作表現活動その発表の形態として2ちゃんねるという場が使われているんですね。


2ちゃんねるというと悪いイメージや問題になることが多いですが
今回の件で表現の場という新しい土俵になる可能性も含んでいることを感じました。


電車男が話題になったときには
私は2ちゃんという物自体良く理解していませんでしたので・・・。




日記 | 2012.01.19 [EDIT]

D3って粘りがあるなぁ~と。

先日撮影したイチョウの写真。JPGです。
空を飛ばないようにアンダーに撮影したカット。



イチョウの木はもちろんアンダーになってます。
だけど、トーンカーブだけで驚くほどおきてきます。




マスク処理した訳ではないのですが、ここまで粘りがあるんですね~。改めて感動。
ただ、ハイライト部分の雲は無理が出てきてます。
ここはマスク処理してあげないとダメですね。


これだけレンジ幅があるから一枚のRAW画像でHDRが作れちゃうんですね。納得。
最近めっきりRAWで撮影することって無くなりました。

ほとんど、いや全部JPG 撮影です。だって困らないんだもん(~_~;)
それだけJPGでも良くなってきた?ってことですかね?
それとも、自分のこだわりが無くなって来たってことかな・・・。


ポートレート撮影!プロの肖像写真家に学ぶ

ポートレート写真というと芸能人や政財界の大物などのイメージがありますが、昨今ではブログにポートレートを載せる方も増えてきています。

ブログをビジネスを含めた自己アピールの場として活用している方が増えてきているからだと思います。
自分を高くアピールしたい方にとっては、ブログにUPする肖像写真は大きな要素です。

そこで、一流の肖像写真家の写真やブログからポートレートについて初心に帰って学んでみようと思います。
プロフォトグラファーであっても一流の方の写真を見れば学ぶことは多いはず。
まず、




写真関係全般 | 2010.11.08 [EDIT]

花の撮影(トルコキキョウ)黒バックと白バックどちらがお好み? 逆光だといい感じ。

久しぶりにスタジオで花を撮影しました。
今回撮影したのはトルコ桔梗。一重のやつです。

八重の方が有名ですかね?
自分で花屋にて購入。550円也。


黒バックと白バックの二種類を撮影しました。全然印象が違いますね~~。
トルコキキョウと言うと、結婚式とかで使用されるイメージが強いので白バックの方が似合うのかな?





上の黒の背景よりも下の白の背景がお好みの人が多いかもなぁ。
でも私は個人的には黒背景の方が好き。
ただ単に黒バックだと単調すぎるので、少し逆光からの光が入るようにアクセントを入れてみました。

白バックの背景にも何かアクセントを入れようと思ったのですが、よい案が浮かばす・・・。そのまま(~_~;)
どんなアクセントを入れたら面白いですかね?




下の写真は、違うアクセントを入れた黒バックです。
アクセントが・・・




ペンライト(LEDライト)の軌跡

特に意味は無いのですが、たまたま図書館で借りた科学写真に関する本に載っていたので真似して撮影(~_~;)

本格的に撮影したものはライト・グラフティーなどと呼ばれて認知されていますよね。

街の景色の中で様々な色のライトを使いながら芸術的な作品をWEBでも良く見かけます。





コレはただ単に糸にライトを垂らして回しただけ。
ただ、この手法でもライトの重さや、糸の長さや素材の違いによって色々と軌跡が変わってくるようです。

また、1本の糸ではなく2本や3本の糸を使ってYの字のように吊るしても面白い軌跡が撮れるとか。








| ホームへ | 次ページ