デジタル@備忘録


色彩感覚テスト「FM 100 Hue Test」と無料の簡易カラーIQテストの紹介

2021年現在は、以下で紹介している「FM 100 Hue Test」(ファンズワース・マンセル 100 ヒューテスト)が消えてしまい、変わりに簡易カラーIQ(色彩感覚)テストが出来るようになっています。


残念ですが、「FM 100 Hue Test」を行いたい場合は購入出来るようになっています。

https://www.pantone-store.jp/color_evaluation/100hue_test.html


また、簡易的でも良いからWEBでカラーIQ(色彩感覚)テストを行いたい方は以下から行うことが可能です。

「エックスライト社のカラーIQ(色彩感覚)テスト」

https://www.xrite.com/ja-jp/hue-test?PageID=77


--------------


色差識別カラーテスト「FM 100 Hue Test」(Online Color Challenge)のご紹介

(現在以下で紹介するサイトは無くなってしまいました。WEBで公開されていたFM 100 Hue Testの備忘録として残しております)


色の違いを判断するテストですが、ΔEのことを存知の方なら、ご存知のテストかな。
テストの存在は知っていたのですが、どういったテストかと言うと、下のような画面が出てきまして、自分でバラバラになっている色のパーツをグラデーションになるように並び替えるものです。

下のは既に並び替えたもの。




並び替えた後に、テストボタンを押すと結果が以下のように出ます。



あなたはパーフェクトですよ。ということらしい。
なんだか嬉しい♪





色差についてはコニカミノルタのページなどが分かりやすいかも知れません。

コニカミノルタサイト
微妙な色の違い(色差)を伝えることも、色彩計は得意です。
人の目の色識別域


色差に関しては色相、彩度の位置によって変化してくるので、その変化を研究してマッピング技術に応用しているそうです。

色の数値ごとに、どの程度の色差であれば人間の視覚能力では判別できないかを調べる研究を大学教授などはされているそうですが、その研究結果を読むほどマニアではないので読んでません(~_~;)

ですが、年齢によって全体的な色差の許容範囲が広く(認識出来なくなる)なるようですね。

モスキート音とも少し似てるのかな?

関連記事
Orca
Posted byOrca


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply